コンテンツにスキップ

ロビン・トロワー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ロビン・トロワー
Robin Trower
1975年のライブ
基本情報
出生名 Robin Leonard Trower
生誕 (1945-03-09) 1945年3月9日(79歳)
出身地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
ジャンル ブルースブルースロックハードロックサイケデリック・ロック
職業 ミュージシャン、ソングライター、バンドリーダー
担当楽器 ギター
活動期間 1962年 -
レーベル クリサリスアトランティック、Mascot、V12
公式サイト www.robintrower.com
著名使用楽器
フェンダー・ストラトキャスター
ジミ・ヘンドリックス

ロビン・トロワーRobin Trower [traʊə(r)][1]1945年3月9日 - )は、イギリスブルースロック・ギタリスト。プロコル・ハルムの初期メンバーとして活動した後、自身のトリオを率いているなどしている。代表的な「ジミヘン・フォロワー」の一人である[2]ジミ・ヘンドリックス的な曲作りと、良く似た粘り気のあるブルージーなサウンドから、「ジミの再来」と評された[3]

来歴

[編集]

生い立ちからプロコル・ハルム

[編集]

少年時代、B.B.キングオーティス・ラッシュらブルース・ギタリストに影響を受けたトロワーは、1963年、ゲイリー・ブルッカーらと4人編成のR&Bバンド、パラマウンツで本格的な音楽活動を始める。ローリング・ストーンズはパラマウンツを「イングランド最高のR&Bバンド」と評し[3]、前座として起用した。その後、パラマウンツは6枚のシングル盤をリリースしつつ、ビートルズの前座や、サンディ・ショークリス・アンドリュースなどのバックバンドを務める。1966年11月、パラマウンツを脱退したトロワーは、ジャムというブルース・トリオを始めるが短命に終わる。

1967年7月、デビュー・シングル「青い影」を大ヒットさせたばかりのプロコル・ハルムが分裂し、リーダー格であった元パラマウンツのゲイリー・ブルッカーの誘いでプロコル・ハルムに加入する。トロワーはプロコル・ハルムで順調にキャリアを重ねるが、1970年、ドイツでジミ・ヘンドリックス・エクスペリエンスと共演した際に、ジミのプレイに感銘を受け[2]、ジミの死後、1971年にリリースされた『ブロークン・バリケーズ』において、「ジミに捧げる歌」として「ソング・フォー・ア・ドリーマー」を発表し[4]、ギターもジミが主に使用したフェンダー・ストラトキャスターに替えるなど[3]、ジミからの影響が強まる。他のメンバーとの音楽性の相違も大きくなり、1971年7月、トロワーはプロコル・ハルムを脱退。元ストーン・ザ・クロウズのベーシスト、ジェイムズ・デュワーらとプロジェクト的バンド、ジュードを始めるが不調に終わる。トロワーとデュワーは、元ジョー・ジャマー・バンドのドラマー、レグ・イサドアを誘い、トロワーは自身のソロ・プロジェクトとしてのバンドを結成することとなる。

ロビン・トロワー・バンド

[編集]

(註:ロビン・トロワー・バンドはトロワーのソロ・プロジェクトの通称であり、アルバム名義は「ロビン・トロワー」である)

1973年2月、トロワーらは最初のライブをウィーンで行い、続いて3月にデビュー・アルバム『過去よりの再帰』をリリース。このアルバムはセールス的にふるわなかった(全米チャート106位)ものの、翌1974年にリリースされたセカンド・アルバム『魂のギター』がアメリカで大ヒットし(全米チャート7位、ゴールド・ディスク獲得)、更に米『ギター・マガジン』誌において、1974年度ベスト・ギター・アルバムに選ばれる[3]など、アメリカで高い人気を得る。トロワーは、このアルバムの成功は、レコーディング・エンジニア、ジェフ・エメリック(ビートルズのレコーディング・エンジニアとして有名)の功績が大きかったと述べている[5]ジェフ・エメリック#ビートルズ以降も参照)

1975年、ドラムを元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのビル・ローダンに替え、『遥かなる大地』をリリース。アメリカでの人気(全米チャート5位、ゴールド・ディスク獲得)のみならず、本国イギリスでもチャートイン[6]。日本での評判も高まり[7]、トロワーのギタリストとしての評価は固まる。以上、3枚のアルバムは、元プロコル・ハルムのマシュー・フィッシャーがプロデュースした。更に1976年、1975年のヨーロッパツアーにおけるストックホルムでのライブ盤『ロビン・トロワー・ライヴ!』により、人気・評価ともに絶頂期をむかえ[4][8]、つづく全米ツアーは史上最大のP.A.システムを使う[9]という大がかりなものとなった。

1976年9月にリリースされた『ロング・ミスティ・デイズ』は、サウンドがポップ寄りに変化し[3]、トロワーにとって唯一とも言えるシングル・ヒット「カレドニア」(全米シングルチャート82位)を出す。その後、元スライ&ザ・ファミリー・ストーンのベース、ラスティ・アレンを加え、ジェイムズ・デュワーはボーカルのみという編成でツアーを行い、1977年1月には初来日する[10]。4人編成となったバンドは、ボビー・ウーマックらソウル・アーティストを手がけていたドン・デイヴィスをプロデューサーに迎え、1977年『白昼の幻想』、1978年『キャラバン・トゥ・ミッドナイト』と、より米国マーケットを狙ったアルバム[7]をリリースする。トロワーは後に「ジミの影響から逃れようとしていた[2]」とも述べている。ラスティ・アレンが脱退し、トリオ編成に戻ったバンドは、1979年、原点回帰的な『地獄脱出』をリリースするがセールスは伸びず[11]、翌1980年5月、トロワーは7年間にわたった、ほぼ同一メンバーによるソロ・プロジェクトを終了する。

ジャック・ブルースとのユニット以降

[編集]
2008年のライブ

1981年、ドラムのビル・ローダンのみ残し、ジャック・ブルースとのトリオを組む。同年、バンド・アンサンブル重視の『B.L.T. (ジャック・ブルース+ビル・ローダン+ロビン・トロワー)』を発表。翌1982年には、ドラムをロビン・トロワー・バンドのオリジナル・メンバー、レグ・イサドアに替え『Truce』をリリースする。ファンクからハードロックまでと多彩であったジャック・ブルースとの共演はアルバム2枚で終了し、再びジェイムズ・デュワーと組み、1983年、『虹色の戦慄』をリリースする。

その後は、アルバム・リリースの場をインディーズ・レーベルにも移し、1994年には自らのレーベル、V12 Records[12]を立ち上げている。1991年のプロコル・ハルム再結成に参加したのち、1990年代のブライアン・フェリーのアルバム2枚[13]に共同プロデューサー及びギタリストとして、続くアルバムにもギタリストとして参加し、フェリーの来日公演にも同行した。近年ではV12 Recordsから散発的にアルバムをリリースしながら、2008年には欧米ツアー行うなど、ソロ初期の曲も含めたライブ活動を続けている。

ディスコグラフィ

[編集]

スタジオ・アルバム

[編集]
  • 『過去よりの再帰』 - Twice Removed from Yesterday (1973年) ※旧邦題『ロビン・トロワー』
  • 『魂のギター』 - Bridge of Sighs (1974年)
  • 『遥かなる大地』 - For Earth Below (1975年)
  • 『ロング・ミスティ・デイズ』 - Long Misty Days (1976年)
  • 『白昼の幻想』 - In City Dreams (1977年)
  • 『キャラバン・トゥ・ミッドナイト』 - Caravan to Midnight (1978年)
  • 『地獄脱出』 - Victims of the Fury (1979年)
  • 『虹色の戦慄』 - Back It Up (1983年)
  • 『ビヨンド・ザ・ミスト』 - Beyond the Mist (1985年) ※スタジオ&ライブ
  • Passion (1986年)
  • Take What You Need (1988年)
  • 『イン・ザ・ライン・オブ・ファイヤー』 - In the Line of Fire (1990年)
  • 『20th・センチュリー・ブルース』 - 20th Century Blues (1994年)
  • Someday Blues (1997年)
  • Go My Way (2000年)
  • Living Out of Time (2004年)
  • Another Days Blues (2005年)
  • What Lies Beneath (2009年)
  • The Playful Heart (2010年)
  • Roots and Branches (2013年)
  • Something's About To Change (2014年)
  • 『ホエア・ユー・アー・ゴーイング・トゥ』 - Where You are Going To (2016年)
  • 『TIME AND EMOTION』 - Time And Emotion (2017年)
  • Coming Closer to the Day (2019年)
  • 『ユナイテッド・ステート・オブ・マインド』 - United State of Mind (2021年) ※with マキシ・プリースト、リヴィングストン・ブラウン
  • No More Worlds to Conquer (2022年)
  • Joyful Sky (2023年) ※with Sari Schorr

ライブ・アルバム

[編集]
  • 『ロビン・トロワー・ライヴ!』 - Robin Trower Live! (1976年)
  • 『ライヴ・イン・コンサート』 - BBC Radio 1 Live in Concert (1992年) ※1975年録音
  • 『キング・ビスケット・ライヴ』 - King Biscuit Flower Hour Presents: Robin Trower in Concert (1996年) ※1977年録音
  • This Was Now '74–'98 (1999年) ※1974年、1998年録音
  • 『リビング・アウト・オブ・タイム / ライブ2005』 - Living Out of Time: Live (2006年)
  • RT@RO.08 (2009年)
  • Robin Trower at The BBC 1973–1975 (2011年) ※1973年-1975年録音
  • State To State: Live Across America 1974–1980 (2013年) ※1974年-1980年録音
  • Rock Goes To College 1980 (2015年) ※1980年録音

プロコル・ハルム

[編集]

ジャック・ブルースとのユニット

[編集]
  • 『B.L.T. (ジャック・ブルース+ビル・ローダン+ロビン・トロワー)』 - B.L.T. (1981年)
  • Truce (1982年)
  • 『セブン・ムーンズ』 - Seven Moons (2008年)
  • 『セヴン・ムーンズ・ライブ』 - Seven Moons Live (2009年) ※ライブ

サウンドトラック

[編集]
  • The Good Humor Man (2005年) ※日本未公開[14]

日本公演

[編集]
1月22日,24日,28日 中野サンプラザ
1月25日 大坂厚生年金会館
1月26日 名古屋市公会堂

脚注

[編集]
  1. ^ Robin Trower - Day Of The Eagle - 3/15/1975 - Winterland (Official)
  2. ^ a b c Chris Welch "Robin Trower-Portfolio"(Chrysalis CP28-1026) ライナーノーツ
  3. ^ a b c d e 伊藤秀世 『ロビン・トロワー・クラシック・コレクション』(東芝EMI) ライナーノーツ
  4. ^ a b 赤岩和美 監修 『ブリティッシュ・ロック大名鑑』 ブロンズ社、1978年
  5. ^ GALLAGHER, MARRIOTT, DERRINGER, TROWER "ROCK CHRONICLES",Dan Muise,2002,ISBN 978-0634029561
  6. ^ Chart Archive Robin Trower-For Earth Below [1]
  7. ^ a b 『ロック貴重盤 1967~1979』、シンコー・ミュージック、1988年、ISBN 4-401-61263-9
  8. ^ Chart Archive Robin Trower-Live [2]
  9. ^ 1976 Chrysalis press release [3]
  10. ^ 1/22,24 中野サンプラザ、1/25 大阪厚生年金会館、1/26 名古屋市公会堂、1/28 中野サンプラザ
  11. ^ Chart Archive Robin Trower-Victims Of The Fury [4]
  12. ^ allmusic.com V12 Records [5]
  13. ^ 『タクシー』(1993年)と『マムーナ』(1994年)
  14. ^ IMDb "The Good Humor Man" Full Cast & Crew [6]

外部リンク

[編集]