岸洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岸 洋子
生誕 1935年3月27日
出身地 日本の旗 日本
死没 (1992-12-11) 1992年12月11日(満57歳没)
学歴 東京藝術大学大学院声楽専攻科修了
ジャンル シャンソン
カンツォーネ
職業 歌手
担当楽器
活動期間 1962年 - 1992年
エディット・ピアフ

岸 洋子(きし ようこ、1935年3月27日 - 1992年12月11日)は、日本シャンソン歌手カンツォーネ歌手。本名:小山 洋子(こやま ようこ)。所属レコード会社はキングレコード[1]

人物[編集]

山形県酒田市出身。オペラ歌手を目指していたが心臓神経症のため、断念。病床で聴いたエディット・ピアフのアルバムに感動しシャンソンに転向。同じく日本のシャンソン歌手だった越路吹雪が“魅せる歌手”と呼ばれることに対して、岸は“聴かせる歌手”と呼ばれていた。

夜明けのうた』『恋心』『希望』などヒット曲を連発する中、1970年9月下旬に膠原病を発症[2]。その後も膠原病の後遺症と闘いながら歌手活動を続けていたが、1992年12月11日57歳で死亡した。

略歴[編集]

代表曲[編集]

NHK紅白歌合戦[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1964年(昭和39年)/第15回 夜明けのうた 08/25 立川澄人
1965年(昭和40年)/第16回 2 恋心 13/25 アイ・ジョージ
1966年(昭和41年)/第17回 3 想い出のソレンツァーラ 08/25 立川澄人(2)
1967年(昭和42年)/第18回 4 わかっているの 11/23 フランク永井
1968年(昭和43年)/第19回 5 今宵あなたが聞く歌は 17/23 春日八郎
1969年(昭和44年)/第20回 6 夜明けのうた(2回目) 10/23 坂本九
1971年(昭和46年)/第22回 7 希望 05/25 西郷輝彦

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の( )内の数字は、その歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある( )はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は、紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順) / (出場者数)」で表す。

脚注[編集]

[ヘルプ]