岸洋子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
岸 洋子
生誕 1935年3月27日
出身地 日本の旗 日本
死没 (1992-12-11) 1992年12月11日(57歳没)
学歴 東京藝術大学大学院声楽専攻科修了
ジャンル シャンソン
カンツォーネ
職業 歌手
活動期間 1962年 - 1992年
エディット・ピアフ

岸 洋子(きし ようこ、本名;小山 洋子(こやま ようこ)、1935年3月27日 - 1992年12月11日)は、日本シャンソン歌手、カンツォーネ歌手。所属レコード会社はキングレコード[1]山形県酒田市出身。

人物[編集]

オペラ歌手を目指していたが、心臓神経症のため断念する。病床で聴いたエディット・ピアフのアルバムに感動してシャンソンに転向した。

日本のシャンソン界において、越路吹雪とは人気を分け、「魅せる越路、聴かせる岸」と評価されていた。

夜明けのうた」「恋心」「希望」など、ヒットを連発する中、1970年9月下旬に膠原病を発症する[2]。後遺症と闘いながらも歌手活動を続けていたが、1992年12月11日、57歳で死去した。

略歴[編集]

  • 山形県立酒田東高等学校卒業。俳優・成田三樹夫とは中学・高校の同級生だった。
  • 1958年東京藝術大学大学院声楽専攻科修了、二期会研究生となる。
  • 1961年:シャンソン歌手としてキングレコードと契約。
  • 1962年:『たわむれないで』でレコード・デビュー。
  • 1964年:『夜明けのうた』で第6回日本レコード大賞歌唱賞を受賞。
  • 1969年芸術祭優秀賞を受賞。
  • 1970年:9月末、故郷・酒田市のイベント会場で倒れ、緊急入院。膠原病と診断され、闘病生活を余儀なくされる。同年暮れ、「希望」で第12回日本レコード大賞歌唱賞を受賞するも、入院中のため授賞式には出席できず、電話対応となった。さらに『第21回NHK紅白歌合戦』への出場も辞退した。
  • 1971年:膠原病を一時克服、退院して再起する。「希望」が同年3月開幕の「第43回選抜高校野球大会」の入場行進曲に採用される。
  • 1983年:自叙伝『さくらんぼの楽譜』を出版。
  • 1984年:歌手生活25周年記念リサイタルを開く。芸術祭優秀賞を受賞。
    • 25周年のための歌は「アンデスの風になりたい」(作曲・小島常男 作詞・とべあきよ)。この曲はサンリオ出版『月刊詩とメルヘン』(現在は廃刊)に出ていた詩に、小島常男が曲をつけレイニーブルーというフォークバンドが歌っていたのを、岸が偶然耳にして25周年記念の歌としたもの。
  • 1992年11月19日、自宅玄関で転倒し肋骨を骨折損傷。同時に膠原病の後遺症悪化による腎臓病治療のため再入院。入院中も年末のディナーショーの準備を行い、当初同年12月12日に退院が決まっていた。しかし退院2日前の12月10日に意識不明の重体となり、翌12月11日敗血症のため57歳で急死。

代表曲[編集]

NHK紅白歌合戦[編集]

年度/放送回 曲目 出演順 対戦相手 備考
1964年(昭和39年)/第15回 夜明けのうた 08/25 立川澄人
1965年(昭和40年)/第16回 2 恋心 13/25 アイ・ジョージ
1966年(昭和41年)/第17回 3 想い出のソレンツァーラ 08/25 立川澄人(2)
1967年(昭和42年)/第18回 4 わかっているの 11/23 フランク永井
1968年(昭和43年)/第19回 5 今宵あなたが聞く歌は 17/23 春日八郎
1969年(昭和44年)/第20回 6 夜明けのうた(2回目) 10/23 坂本九
1971年(昭和46年)/第22回 7 希望 05/25 西郷輝彦

(注意点)

  • 対戦相手の歌手名の( )内の数字は、その歌手との対戦回数、備考のトリ等の次にある( )はトリ等を務めた回数を表す。
  • 曲名の後の(○回目)は、紅白で披露された回数を表す。
  • 出演順は「(出演順) / (出場者数)」で表す。

脚注[編集]

[ヘルプ]