宇宙少年ソラン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
宇宙少年ソラン
ジャンル SFアニメ
アニメ
原作 福本和也宮腰義勝
脚本 福本和也、豊田有恒辻真先
製作 TBSTCJ
放送局 TBS系列
放送期間 1965年5月4日 - 1967年3月28日
話数 全96話
漫画
原作・原案など TBS(企画)、福本和也(監修)
作画 宮腰義勝
出版社 講談社
掲載誌 週刊少年マガジン別冊少年マガジン
発表期間 1965年20号 - 1966年45号(週刊)
1965年夏休み特大号(別冊)
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画

宇宙少年ソラン』(うちゅうしょうねんソラン)は、1965年5月4日から1967年3月28日までTBS系列局で放送されていたSFアニメである。TBS(東京放送)と日本テレビジョン映画部(TCJ、現・エイケン)の共同製作。本放送時には森永製菓の一社提供で放送。全96話。放送時間は毎週火曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

主要キャラクターであるチャッピーの設定などについて、手塚治虫がアニメ企画『ナンバー7』のキャラクターとしてすでに企画していた物との類似性が見られたため、情報漏洩産業スパイ盗作ではないかと言われる作品である。また、本作のコミカライズ作品が『ナンバー7』の後企画である『W3』連載中の『週刊少年マガジン』(講談社)で連載を開始したため、手塚が『ワンダースリー』の連載をマガジンから『週刊少年サンデー』(小学館)に切り替えるW3事件と呼ばれる騒動を招いた。

ストーリー[編集]

反陽子爆弾の開発者である立花博士は、悪用されることを恐れ妻子とともに地球を脱出したが航行中に事故に遭遇した。せめて子供だけでもと考えた立花博士は子供をカプセルに入れて宇宙空間に漂流させた。地球の15倍の重力を持つソラン星の住人により救助された少年は「ソラン」と名付けられ、サイボーグ化され、生き別れの姉を探しながら、その驚異のパワーで悪と闘う。

宇宙リスのチャッピーを相棒にして地球に帰還したソランは、考古学者古月(ふるづき)博士・ミカ親子の家で暮らしながら、次々に起こる難事件に立ち向かう。超能力を持つ新人類ミューの一団、宇宙の悪魔ゴロナ、超電子頭脳ガイバー、ギャラなどとは、長く困難な戦いを続けた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

「宇宙少年ソラン」
作詞 - 安井かずみいずみたく / 作曲 - いずみたく / 歌 - 上高田少年合唱団
東映ビデオから発売&レンタルされた『エイケンTVアニメ主題歌大全集』(VHSビデオ・LDDVD)には、オープニングとエンディングが収録されているが、双方とも最後は地球を中心にした宇宙空間がノンクレジットで映されている。また、これ以前に発売&レンタルされていた『TVアニメ主題歌大全集・エイケン編』(VHSビデオ)や、『エイケンTVアニメ主題歌大全集』のLD版・DVD版に収録されているボーナストラックには、後に文明堂の一社提供で再放送された際のエンディングフィルムが収録されている。前述の宇宙空間に焼付けでクレジット。

放送局[編集]

参照:おおこしたかのぶほうとうひろし 『昭和ちびっこ広告手帳 : 東京オリンピックからアポロまで』 青幻舎、2009年4月20日、14頁。ISBN 9784861521812

劇場版[編集]

1965年7月24日東映系の『まんが大行進』内で「百万ドルのどくろ」を上映。同時上映は『狼少年ケン・誇り高きゴリラ』『少年忍者風のフジ丸・大猿退治』『宇宙パトロールホッパ』『スーパージェッター』の4本。

コミカライズ[編集]

『週刊少年マガジン』1965年20号から1966年45号、ならびに『別冊少年マガジン』1965年夏休み特大号に掲載。企画 - TBS、監修 - 福本和也、まんが(作画) - 宮腰義勝

備考[編集]

  • ソランはメロンが大好物である。
  • 中盤からはソランの乗用メカが登場。名称を一般公募した結果、スポンサーの森永製菓に因んで「エンゼル号」と名付けられた。

関連項目[編集]

  • チョコボール - 本作のキャラクター商品として発売。当時の商品名は「チョコレートボール」だった。
  • W3事件

外部リンク[編集]

TBS系列 火曜19:00枠
(本番組から森永製菓一社提供枠)
前番組 番組名 次番組
パパとボクとで一人前
(1964年10月27日 - 1965年4月27日)
宇宙少年ソラン
(1965年5月4日 - 1967年3月28日)
冒険ガボテン島
(1967年4月4日 - 1967年12月26日)