宇宙パトロールホッパ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
宇宙パトロールホッパ

パトロール・ホッパ 宇宙っ子ジュン
アニメ
原作 深川鉄次(原案)
脚本 藪下泰次、津平小平、神波史男
山浦弘靖
キャラクターデザイン 森康二
音楽 菊池俊輔
アニメーション制作 東映動画
製作 東映動画
放送局 NET(現・テレビ朝日)系列
放送期間 1965年2月1日 - 1965年11月29日
話数 全44話
漫画
原作・原案など 東映動画
作画 井上英沖 → 後藤みねお
出版社 講談社
掲載誌 ぼくら
発表号 1964年11月号 - 1965年12月号
テンプレート - ノート
プロジェクト アニメ漫画
ポータル アニメ漫画

宇宙パトロールホッパ』(うちゅうパトロールホッパ)は、1965年2月1日から同年11月29日までNET(現・テレビ朝日)系列局で放送されていた東映動画(現・東映アニメーション)製作のテレビアニメである。第32話からは『パトロール・ホッパ 宇宙っ子ジュン』(パトロール・ホッパ うちゅうっこジュン)と題して放送されていた。全44話。放送時間は毎週月曜 19:00 - 19:30 (日本標準時)。

概要[編集]

武装地球人に襲われて重傷を負った少年・ジュンが、ホッパ星の科学力でサイボーグとなり、宇宙パトロール隊の一員となって宇宙や地球の平和を守るために戦う話である。当初はホッパ星を舞台に話が展開していたが、後に地球が舞台の中心となった。

ピーコック劇場』から続く大丸デパート単独提供アニメで、本作から『大丸ピーコック劇場』という冠名称が付いた。月曜19:00枠で東映動画製作アニメが放送されるのは本作が初で、『魔女っ子メグちゃん』が終了するまで10年8か月間にわたって同社製作アニメが続いた(その後も中断期間を経て放送)。なお、本作は本放送の終了後も、1965年12月に同時間帯で穴埋め的に再放送されていた。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

主題歌[編集]

オープニングテーマ[編集]

「宇宙パトロールホッパ」
作詞 - 保波順 / 作曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 上高田少年合唱団
保波順とは、横山賢二と共に本作の企画を担当した原徹のペンネームである。

エンディングテーマ[編集]

「ジュンの歌」(第1話 - 第26話)
作詞 - 保波順 / 作曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 上高田少年合唱団
当初は歌詞の無いインストルメンタル版だったが、後に歌詞有りバージョンに変更された。
「宇宙っ子ジュン」(第27話 - 第44話)
作詞 - 浦川しのぶ / 作曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 上高田少年合唱団
浦川しのぶとは、本作の企画を担当した横山賢二のペンネームである。横山はこの後、『魔法のマコちゃん』の原作名義や『マジンガーZ』などの主題歌・挿入歌での作詞名義などにこの名称を使う。

各話リスト[編集]

話数 放送日 サブタイトル
1 1965年
2月1日
宇宙少年ジュン
2 羽ばたけピーポット
3 プー星人よ幸せに
4 プラス君とマイナス君
5 電気食人アンポタ
6 戦争ロボットの最後
7 気泡人バブル
8 流星塵ストーム
9 怪昆虫パピレオン
10 盗まれたドンキー
11 チビデカ作戦
12 燃える星
13 泣き虫宇宙人
14 チビッコ政府誕生
15 謎のマイクロ電波
16 宇宙船ヨシャーク号
17 大あばれ金属人間
18 死の900万キロ
19 謎の星雲M42
20 ペタンペタン作戦
21 太陽の子ライマン
22 泥棒星人の挑戦
話数 放送日 サブタイトル
23 大竜巻
24 宇宙の誘拐魔
25 宇宙怪人モグラー
26 00ゼロの秘密
27 母さんは地球星
28 怪盗ゴパン
29 宇宙動物アンドロ
30 急げ地球はSOS
31 ムー帝国の影
32 二つの星の物語
この回をもって改題
33 マリンランドの秘密
34 邪魔者はジュン
35 太陽をとりもどせ
36 底抜けギャング・フックとホック
37 叫べ・アイアン
38 小学10年生
39 生きかえった恐竜
40 エラン水を狙え
41 ポンコツ列車作戦
42 おばけ騒動
43 砂漠の大叛乱
44 11月29日 ムー帝国の崩壊

劇場版[編集]

1965年7月24日東映系の『まんが大行進』でTVブローアップ版(何話かは不明)が上映された。同時上映は、『狼少年ケン』『少年忍者風のフジ丸』『スーパージェッター』『宇宙少年ソラン』の4本。

コミカライズ[編集]

本作のコミカライズ版が講談社の月刊誌『ぼくら』に1964年11月号から1965年12月号まで連載されていた。

当初のタイトルは『宇宙パトロールホッパー』で、井上英沖が作画を担当していたが、アニメ開始と同時にタイトルをアニメと同じ『宇宙パトロールホッパ』に改め、作画担当も後藤みねおに交代。さらにジュンのキャラクターも一新された(ホッパ星人はアニメ同様)。

映像ソフト[編集]

  • 1986年3月21日に東映ビデオから発売&レンタルされたビデオソフト『TVヒーロー主題歌全集 4 アニメ編』(ベータマックスVHS)と、1998年に同じく東映ビデオから発売&レンタルされたリニューアル版『東映アニメ主題歌大全集 1』(VHS・LDDVD)に、『宇宙パトロールホッパ』時代と『宇宙っ子ジュン』時代のオープニングとエンディングが収録されている。映像自体はいずれもオリジナル由来であるが、『TVヒーロー主題歌全集』版ではスタッフなどのテロップがニュープリントに差し替わっている。なおLD・DVDは、ボーナストラックに「ジュンの歌」のインストルメンタルバージョンが特別収録されている。
  • 2005年4月20日にウォルト・ディズニー・ジャパンから発売されたDVD-BOX『東映アニメモノクロ傑作選 Vol.2』には、代表回4話が収録されている。
  • 2015年6月26日に、TCエンタテインメントから全話収録のDVD-BOX『想い出のアニメライブラリー 第38集 宇宙パトロールホッパ』が発売された[1]

その他[編集]

本放送当時に朝日ソノラマから発売されたソノシートのジャケット裏には、中央のジュン&パトロール隊員を囲むようにスポンサーの大丸デパートの支店が描かれている。当時ジャケット裏にスポンサーの商品が描かれていたのは、明治製菓提供の『鉄腕アトム』、江崎グリコ提供の『鉄人28号』のような製菓会社提供の作品が主流だったため、珍しいケースとなっている。

脚注[編集]

外部リンク[編集]

NET系列 月曜19:00枠
大丸デパート単独提供『大丸ピーコック劇場』枠)
前番組 番組名 次番組
ピーコック劇場
(1963年11月4日 - 1965年1月25日)
(※短編作中心)
宇宙パトロールホッパ

パトロールホッパ・宇宙っ子ジュン
(1965年2月1日 - 1965年11月29日)

再放送
(1965年12月)
ハッスルパンチ
(1966年1月10日 - 1966年4月25日)
月曜19:30枠から移動