スクールメイツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

スクールメイツSchool Mates)は、俳優タレントを育成する「有限会社東京音楽学院[1]」の選抜メンバーで構成された芸能グループである。NHKで使用した別名としてヤングメイツ がある。

概要[編集]

1962年渡辺プロダクション渡辺美佐(現・名誉会長)が欧米研修から帰国した時に「本格的なジャズ・ポップスの合唱団をつくり後継者を育てたい」と提案。その翌年1963年、東京音楽学院が発足した。その中から優秀な生徒を集めて1964年に結成されたのが「スクールメイツ」である。 名付け親は岡元義亮で、初代リーダーは岡田光弘が務めた。

講師として作曲家の宮川泰東海林修森岡賢一郎服部克久、振付師の西条満土居甫ら錚々たる面々が名を連ね、充実したレッスン環境が整えられていた。

当初は地方からの入学希望者も多く、1960年代後半~1970年にかけて全国各地(名古屋市大阪市福岡市広島市など)に系列地方校が誕生し、そこから今日の芸能界を支える多くのスターを輩出。1968年には既にNHK紅白歌合戦のバックダンサーとしても活動していた[2]

同時期のジャニーズ事務所と、渡辺プロダクションの若手タレントやスクールメイツが共にレギュラー出演していた『プラチナゴールデンショー』では、毎回番組の終わりに「あなたもフォーリーブスと共演しませんか?」と、各系列校の生徒を募集する字幕を流していたこともあり、入学者数はうなぎ上りとなり、最盛期には約400名にまで膨れ上がった。 なお、そのフォーリーブスのメンバーである青山孝は、ジャニーズ事務所に移る前はスクールメイツに在籍し、「若いってすばらしい」のレコーディングメンバーでもあった(フォーリーブスが1974年に発表したアルバム『若者』にも、スクールメイツのナンバーである「恋のランナー」が収録されている)。また、西条満やスクールメイツとの関わりはフォーリーブス再結成後も続いている[3]

1970年には大阪万博のオープニングイベントにも参加。そこで渡辺美佐プロデュースにより「女子メンバーがテニスルックでポンポンを持って踊るスタイル」が確立した。

1977年からスタートしたフジテレビ系のバラエティ番組『ドリフ大爆笑』では、オープニングのバックダンスも担当。同番組は歴史が長いこともあり、1983年度のオープニングで出演したスクールメイツメンバーの娘が、2003年度の新オープニングに「現役のスクールメイツメンバー」として出演。親子二代に渡りザ・ドリフターズとの共演を果たしている[4]

2001年、渡辺プロダクションの再編成を受けて(有)東京音楽学院は独立。

2016年現在、同学院の選抜メンバーグループとしての「スクールメイツ」は健在である。

担当振付・講師陣[編集]

主なスクールメイツ出身タレント[編集]

主な出演番組[編集]

2010年以降の主な出演番組[編集]

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

全曲モンキーズのナンバーを日本語でカバーしたアルバム。2002年、ウルトラ・ヴァイヴよりCD発売(槇みちる+フォー・メイツ「若いってすばらしい」のシングル両面をボーナス・トラックとして収録。フォー・メイツはスクールメイツから選抜された男声コーラス・グループ)。
  • エキスポ・メイツ・ショー (1970年、キングレコード)
日本万国博の水上ステージで開催されたショーのサウンド・トラック・アルバム。下記のベストCDに内包され全曲CD化。
  • ベスト・オブ・スクールメイツ~若いってすばらしい(2002年、ウルトラ・ヴァイヴ)
上記のシングル全曲、「エキスポ・メイツ・ショー」全曲、『セイ!ヤング』(文化放送ほか)のテーマ(「夜明けが来る前に」)、「愛するハーモニー」のコカ・コーラCMバージョン、ほか未発表音源も収めた初のベストCD。ブックレットには貴重な写真を掲載したほか詳細な解説、年表つき。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 東京都荒川区に本校を置く東京音楽学院とは別法人である。
  2. ^ 第19回NHK紅白歌合戦でのザ・ピーナッツの「ガラスの城」歌唱時にこの衣装でバックダンサーとしてスクールメイツが踊っていた。NHKに保存されている同番組の映像で確認できる
  3. ^ フォーリーブス残り公演 ター坊も“参加” - スポニチANNEX
  4. ^ お笑い芸能ニュース ドリフ結成40周年でリニューアル

参考文献[編集]

  • 『抱えきれない夢~渡辺プロ40年史~』 - 「渡辺プロ・グループ四十年史」編纂委員会
  • 『ベスト・オブ・スクールメイツ~若いってすばらしい』ライナーノーツ

外部リンク[編集]