左とん平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ひだり とんぺい
左 とん平
本名 肥田木 通弘(ひだき みちひろ)
生年月日 (1937-05-30) 1937年5月30日
没年月日 (2018-02-24) 2018年2月24日(80歳没)
出生地 日本の旗 日本, 東京都北区王子
死没地 日本の旗 日本, 東京都
身長 163cm
血液型 O型
職業 俳優
活動期間 1957年 - 2017年
配偶者 あり
主な作品
テレビドラマ
時間ですよ
非情のライセンス
花吹雪はしご一家
ムー
ムー一族
西遊記II
監察医・室生亜季子』シリーズ
映画
楢山節考

左 とん平(ひだり とんぺい、1937年5月30日 - 2018年2月24日[1])は、日本俳優東京市王子区(現・東京都北区)出身。しまだプロダクション所属。世田谷学園高校卒業。

来歴・人物[編集]

父親は郵政省の役人で、退官後は旅館業飲食店などを手広く経営していた。高校卒業後進学せずぶらぶらしているのを見て、父親より新丸子にあるすし店の経営を任せられる[2]

1957年、高校の同級生の辻しげるらと劇団を結成。後に、三木鶏郎永六輔いずみたくらがいる冗談工房に入団する。この時のマネージャーは、後の作家・野坂昭如[3]だった。1957年にラジオの「トリロー・サンドイッチ」のメンバーになる。その後、テレビに出演。

芸名の由来は、本名の肥田木をもじって「左」を、名付け親の三木鶏郎の行きつけの居酒屋から「とん平」を取った。初めは「三木」を提案されたが、嫌な顔をしたために「左」となった[4]

1960年頃から新宿コマ劇場などに出演。

1970年代に『時間ですよ』などが当たり、一躍人気者となる(コメディリリーフとしての起用が多かった)。

1973年に「ヘイ・ユー! ホワッチャー・ネーム?」(「Hey you! What's your name?」…トニー谷のギャグである「あなたのお名前何てぇの?」の英語版)というギャグが流行語となり、レコード化もされた。

それと前後してTBSテレビの深夜番組『ぎんざナイトナイト』で「とん平のヘイ・ユー! インタビュー」というコーナーが設けられ、銀座を歩く若い女性に「ヘイ・ユー!」の挨拶の後いろいろな質問をしていた。

森光子とは親交があり、「お母さん」「とんとんちゃん」と呼び合う仲だった[5]

2017年6月、急性心筋梗塞で倒れ、長期入院をしていた[6]が、翌2018年2月24日15時、心不全により東京都内の病院で死去。80歳没[1]

音楽的再評価[編集]

1973年の楽曲『とん平のヘイ・ユウ・ブルース』をめぐって、スチャダラパーがデビューアルバム(1990年)でサンプリングしたのをきっかけに、同年代だけではなく若者にも評価が高まった。また、大槻ケンヂはファーストソロアルバム『ONLY YOU』(1995年)の中でもカバーをした(左とん平自身も参加)。同時期クラブシーンでもこの曲のファンキーなサウンドに評価が高まり、同じ1995年にシングルCD、およびアナログシングルで再発。その再ブームに乗って、HMV渋谷店(現在閉店)が左本人を呼んだインストアイベントを開催しようとしたが、わずか数十分のイベントでギャラ100万円を要求されたため、実現しなかった[要出典]。2000年、2006年にもマキシシングルで再発されている(「東京っていい街だな」「とん平の酒びたり人生」「続・東京っていい街だな」との4曲入り)。2004年にはお笑いコンビカンニングによってカバーされた。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

出演[編集]

映画[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

  • ペンタの空(1991年、東宝)
  • さよならニッポン! GOOD-BYE JAPAN(1995年、シネカノン)
  • GONIN2(1996年、松竹) - 野崎
  • 良寛(1997年、日本ヘラルド映画
  • 新サラリーマン専科(1997年、松竹)
  • 大安に仏滅!?(1998年、東映)
  • 安藤組外伝 群狼の系譜(1998年、日本スカイウェイ
  • 安藤組外伝 群狼の系譜2(1998年、日本スカイウェイ)
  • 平成金融道 裁き人(1999年、東映ビデオ

2000年代[編集]

2010年代[編集]

  • 青木ヶ原(2013年、アークエンタテインメント) - トミさん
  • オケ老人!(2016年、ファントム・フィルム) - 及川さん

テレビドラマ[編集]

1960年代[編集]

1970年代[編集]

1980年代[編集]

1990年代[編集]

2000年代[編集]

2010年代[編集]

バラエティ番組[編集]

テレビ人形劇[編集]

舞台[編集]

  • 歳末明治座 る・フェア 年末だよ!みんな集合!!(2013年12月21日 - 24日、明治座) - 藤原秀衡

オリジナルビデオ[編集]

CM[編集]

  • ゼネラル「ミンミン」(エアコン、1976年)
  • ゼネラル「レッド63」(カラーテレビ
  • サンヨー食品(インスタントラーメン「サッポロ一番」「みちのくラーメン」)
  • ヤマダイ(「ニュータッチ」ブランドのインスタントラーメン)
  • 象印マホービン「エアーポット・押すだけ」 - 栗原小巻と共演
  • アルファクラブ武蔵野・アルファクラブグループ「さがみ典礼」
  • セレマ
  • 眞露(CM「王様編」「裸の王様編」の唄を担当)

テアトログラフィ[編集]

  • 夢千代日記
  • 人生は、ガタゴト列車に乗って……
  • いまが女ざかり
  • 虹を渡るぺてん師
  • 佐渡島他吉の生涯
  • 東海林太郎物語・歌こそ我が命
  • 口八丁手八丁
  • TOP-HAT
  • 弥次喜多忠臣蔵道中記
  • 銭形平次
  • 棟方志功物語

脚注[編集]

  1. ^ a b “左とん平さん死去 80歳「時間ですよ」「寺内貫太郎一家」などで名脇役”. スポニチアネックス. (2018年2月25日4時30分). https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/25/kiji/20180224s00041000477000c.html 2018年2月25日閲覧。 
  2. ^ 『徹子の部屋』2013年3月20日放送分
  3. ^ 『ごごラジ!』(NHKラジオ)※2016年8月24日 左とん平ゲストの回の発言より。「野坂さんからは色々と教わり師匠だと思っている」
  4. ^ ごごラジ!』(NHKラジオ)※2016年8月24日 左とん平ゲストの回の発言より。「三木のり平など有名俳優と苗字が被って荷が重いと感じた」
  5. ^ 徹子の部屋
  6. ^ “左とん平、昨年6月に急性心筋梗塞で倒れ長期入院中”. NEWSポストセブン. (2018年1月17日). https://www.news-postseven.com/archives/20180117_644925.html 2018年2月25日閲覧。 

外部リンク[編集]