オケ老人!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
オケ老人!
監督 細川徹
脚本 細川徹
原作 荒木源
製作 永井拓郎
製作総指揮 小西啓介
佐藤正樹
出演者
黒島結菜
坂口健太郎
笹野高史
音楽 渡邊崇
撮影 芦澤明子
編集 木村悦子
製作会社 「オケ老人!」製作委員会
配給 日本の旗 ファントム・フィルム
公開 日本の旗 2016年11月11日
上映時間 119分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
興行収入 3億円[1]
テンプレートを表示

オケ老人!』(オケろうじん!)は、2016年制作の日本映画

誤って老人ばかりのアマチュアオーケストラに入団し、その指揮者を務めるハメになった女性教師の奮闘を描いたコメディ映画荒木源原作の同名小説の映画化。

の初主演映画[2][3]。杏は撮影に入る半年以上前から人生初のバイオリンを練習、通常なら2~3年かかる基本的なボウイング(弓の扱い)など演奏の基礎をわずか1ヶ月で習得した[4]

興行通信社調査による11月12~13日の国内映画ランキング(全国週末興行成績)第9位[5]、「ぴあ」調査による2016年11月11日・12日のぴあ映画初日満足度ランキング第3位を記録した[6]

あらすじ[編集]

梅が岡高校に赴任してきた数学教師の小山千鶴は着任早々、地元の文化会館にアマチュアオーケストラのコンサートを聴きに行く。学生時代にオーケストラでバイオリンを弾いていた彼女は演奏に感銘を受け、入団を決意する。

後日、千鶴が楽団の拠点に行ってみると、そこのメンバーは老人ばかりであった。実はこの町にはアマチュアオーケストラが2つ存在しており、彼女が聞いたコンサートはエリート集団の「梅が岡フィルハーモニー」のものだったのだが、誤って老人ばかりの素人オーケストラ「梅が岡交響楽団」の拠点に行ってしまったのだ。

若者の入団を喜ぶ老人たちを前に、勘違いだと言い出せなくなった千鶴はそのまま楽団に入団することになり、ついにはなりゆきから、心臓の調子が良くない野々村に代わり、指揮者をつとめるハメになってしまう。

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]