アニメちゃん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
アニメちゃん
監督 湯浅憲明
脚本 平野靖士
平野美枝
製作 円谷皐
出演者 山田恭子
出門英
大杉久美子
製作会社 円谷プロダクション
配給 松竹
公開 日本の旗 1984年7月14日
上映時間 47分
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

アニメちゃん』は、1984年に公開された、日本のコメディ映画および劇中に登場する主人公の名前。円谷プロダクション製作。『ウルトラマン物語』と同時上映された。アニメ作品ではなく実写作品である。

円谷プロの三大怪獣、カネゴンピグモンブースカが主演である[1]

ブースカの声は『快獣ブースカ』と同じ高橋和枝が演じた[1]。ブースカ復活の意図もあり、またテレビシリーズも企画されたが、実現していない。

同時上映である『ウルトラマン物語』がウルトラマンや怪獣のみ登場する仮面劇なのに対し、本作は顔出しの俳優が出演する映画となっている。また、二瓶正也など過去のウルトラシリーズの出演俳優もカメオ出演している。

ウルトラマンこそ登場していないが、外伝的な扱いでウルトラシリーズ関連のCDに音源が収録される事がある。

なお、本作はこれまで一度もソフト化されていない[2]

ストーリー[編集]

怪獣が好きな12歳の[3]パソコン少女アニメちゃんが壁に描いた、ブースカ、カネゴン、ピグモンの三大愉快獣が宇宙電波の影響で実体化する。空を飛ぶブースカ、火を吐くピグモン、お金を食べるカネゴンの三匹(ブーカーピーと呼ばれる)はアニメちゃんの家に居候するも、食費がかさんでしまい、本物の怪獣を探していた大金の計らいで愉快な彼らは遊園地でのバイトの職につくのであるが…。

スタッフ[編集]

出演[編集]

三大愉快獣(ブー・カー・ピートリオ)[編集]

アニメの描いた怪獣が宇宙電波の影響で実体化した。

宇宙電波の件はパンフレットなどに掲載される(掲載された物語自体が若干異なる)のみで、作品中では語られない。また、三大愉快獣の呼称も本編では使われていない。
鏡の中の異世界と現実世界を自由に行き来できる。
ブー・カー・ピートリオの元は、ブースカ、ネゴン、グモンの頭文字からである。

各怪獣の詳細はそれぞれの項を参照。

主題歌[編集]

エンディングテーマ「アニメちゃんの天使たち」
作詞 - 谷のぼる / 作曲 - 菊池俊輔 / 歌 - 山田恭子コロムビアゆりかご会

漫画[編集]

てれびくん 1984年6月号 - 連載 作画:田中道明

逸話[編集]

  • 人気怪獣が3体登場している本作であるが、特にブースカの人気が高く、ロケ地においてはブースカ目当てに人だかりができたという[4]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 石井博士ほか『日本特撮・幻想映画全集』勁文社、1997年、291頁。ISBN 4766927060
  2. ^ 劇場予告編のみ『ウルトラマン物語』のビデオソフトにセットで収録されている。この作品のフィルム自体はCS放送テレ朝チャンネル2EXまにあっくす』でのリクエストでネガスキャン、HDリマスター化されるも放送されず、2017年10月の京都みなみ会館でのイベントで上映された。2018年3月10日にテレ朝チャンネル2にて放送される『EXまにあっくす 特濃〜帰ってきたザザーンさん〜』にて幻の円谷プロ作品を特集(12:00 - 18:30)、そのうちの1本として放送される(EXまにあっくす 特濃 ~帰ってきたザザーンさん~ テレ朝チャンネル)。
  3. ^ アニメを演じた山田は、当時24歳である。
  4. ^ 『雑学 懐しのマンガおもしろ意外史』、二見文庫、1992年、逢河信彦 ISBN 4576920111 233頁

外部リンク[編集]