蛇娘と白髪魔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

蛇娘と白髪魔』(へびむすめとはくはつま)は、楳図かずお原作、大映製作の日本の怪奇映画1968年12月14日に劇場公開された。上映時間は82分。モノクロ、大映スコープ。並映は大映京都作品の『妖怪大戦争』。

あらすじ[編集]

孤児院「めぐみ園」で育った少女小百合に、実は資産家の娘という素性が明らかとなる。小百合は赤ん坊の時に取り違えられてしまい、孤児扱いとなっていたのだ。小百合にとって本当の家での新しい生活が始まる。しかしその豪邸には、小百合と取り違えられて令嬢として育てられた「タマミ」という醜い少女がいた。

概要[編集]

1960年代、楳図かずおが「週刊少女フレンド」(講談社)に連載していた少女向け恐怖漫画作品『赤んぼう少女』、『うろこの顔』、『ミイラ先生』をベースに、その集大成として映画化された。

大映東京撮影所は『ガメラシリーズ』に次ぐ新路線第一弾として本作を制作。大映京都撮影所の『妖怪大戦争』(黒田義之監督)と二本立て公開された。実現しなかったが、次回予定作は「猫目小僧」だった[1]

登場キャラクター[編集]

小百合
主人公。タマミと取り違えられ、孤児として育てられていた。
人形
両親の見つかった小百合に、「めぐみ園」職員の林達也が贈ったもの。小百合の夢の中で人間の少女となって現れる。
蛇娘 タマミ
小百合と取り違えられ、南条家で育った少女。小学六年生のときに毒蛇に噛まれ、以来自らを蛇と思いこんでいる。口が耳元まで裂け、牙を生やした異様な顔をしており、普段はマスクで顔を隠している。
白髪魔
長い白髪に鬼面の妖婆。正体は南条家の婆や、鬼頭しげ。南条家の財産を狙ってタマミをそそのかし、小百合を亡き者にすべく暗躍する。楳図かずお作品の『紅グモ』から採ったキャラクター。

スタッフ[編集]

キャスト[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 石井博士ほか 『日本特撮・幻想映画全集』 勁文社、1997年、197頁。ISBN 4766927060

漫画化[編集]

楳図かずおによって同名の『蛇娘と白髪魔』として、オリジナル漫画が「ティーン・ルック」(主婦と生活社)で連載された。

参考文献[編集]

  • 『ガメラ画報』(竹書房)

外部リンク[編集]