井口昭彦

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

井口 昭彦(いぐち あきひこ、1943年6月29日[1] - )は日本のデザイナー美術監督特殊美術GAM主宰[1]。かつて、本名の高橋昭彦名義で活動していた時期もあった[1]。長男は映画カメラマンの高橋創[2][1]

略歴[編集]

長野県松本市出身。長野県松本深志高等学校卒業後、武蔵野美術大学で美術を学ぶ[1]。同時期の在校生には、のちに円谷プロ作品などで仕事を共にする池谷仙克がいた。舞台美術の世界を志していたが、大学在学中にTBSテレビの美術スタッフを経て、円谷プロで『ウルトラマン』『ウルトラセブン』などの特撮美術スタッフに加わる[1]

ウルトラマン80』などのキャラクター&怪獣デザイナーとして知られる山口修は高校の後輩にあたる。

帰ってきたウルトラマン』からは怪獣デザイナーも兼任し、『ウルトラマンA』では多数の超獣をデザイン[1]。1973年以降、東宝特撮映画にも参加するようになり、メカゴジラ[注釈 1]チタノザウルスなど、現在でも高い人気を誇る怪獣のデザインを手掛けた[1]

主な参加作品[編集]

美術・特殊美術[編集]

キャラクターデザイン[編集]

  • 1968年『マイティジャック
    • クラッチャー(第11話)[3][注釈 2]
    • キャリー・サブ(第11話)[3]
    • スカイマンモス(第13話)[3]
  • 1971年 - 1972年 『帰ってきたウルトラマン
    • マットアロー1号[3]
    • マットアロー2号
    • マットジャイロ
    • MAT海底基地全景
    • 航空機カタパルト
    • 水牛怪獣 オクスター(第30話「呪いの骨神 オクスター」)
    • 光怪獣 プリズ魔(第35話「残酷! 光怪獣プリズ魔」)
    • 暗殺宇宙星人 ナックル星人(第37話「ウルトラマン夕陽に死す」、第38話「ウルトラの星 光る時」)
    • 雪男星人 バルダック星人(第39話「冬の怪奇シリーズ 20世紀の雪男」)
    • 雪女怪獣 スノーゴン(第40話「冬の怪奇シリーズ まぼろしの雪女」)
    • 宇宙忍者 バルタン星人Jr.(第41話「バルタン星人Jr.の復讐」)
    • ロボット怪獣 ビルガモ(第41話「バルタン星人Jr.の復讐」)
    • 宇宙怪人 ストラ星人(第42話「富士に立つ怪獣」)
    • 蜃気楼怪獣 パラゴン(第42話「富士に立つ怪獣」)
    • 発砲怪人 グロテス星人(第43話「魔神 月に咆える」)
    • 魔神怪獣 コダイゴン(第43話「魔神 月に咆える」)
    • 燐光怪獣 グラナダス(第44話「星空に愛をこめて」)
    • 宇宙牛人 ケンタウルス星人(第44話「星空に愛をこめて」)
    • 電磁波怪人 メシエ星雲人(第45話「郷秀樹を暗殺せよ!」)
    • 鼠怪獣 ロボネズ(第45話「郷秀樹を暗殺せよ!」)
    • ブーメラン怪獣 レッドキラー(第46話「この一撃に怒りをこめて」)
    • 宇宙参謀 ズール星人(第46話「この一撃に怒りをこめて」)
    • ひとだま怪獣 フェミゴン(第47話「狙われた女」)
    • なまけ怪獣 ヤメタランス(第48話「地球頂きます!」)
    • 銀河星人 ミステラー星人(第49話「宇宙戦士 その名はMAT」)
    • 原始地底人 キング・ボックル(第50話「地獄からの誘い」)
  • 1972年 『ミラーマン
    • 土星怪獣 アンドロザウルス[注釈 3](第23話「土星怪獣アンドロザウルス襲来!」)
    • カプセル冷凍怪獣コールドン(第24話「カプセル冷凍怪獣コールドンに挑戦せよ!」)
  • 1972年 - 1973年『ウルトラマンA
    • タックファルコン
    • タックアロー
    • タックスペース
    • ミサイル超獣 ベロクロン(第1話「輝け!ウルトラ五兄弟」)
    • 古代超獣 カメレキング(第2話「大超獣を越えてゆけ!」)
    • 一角超獣 バキシム(第3話「燃えろ! 超獣地獄」)
    • 怪魚超獣 ガラン(第4話「3億年超獣出現!」)
    • 変身超獣 ブロッケン(第6話「変身超獣の謎を追え!」)
    • 大蝉超獣 ゼミストラー(第20話「青春の星 ふたりの星」)
    • ウルトラの父
    • 満月超獣 ルナチクス(第28話「さようなら夕子よ、月の妹よ」)
    • 地底超獣 ギタギタンガ(第29話「ウルトラ6番目の弟」)
    • 地底超人 アングラモン(第29話「ウルトラ6番目の弟」)
    • 超獣人間 コオクス(第32話「ウルトラの星に祈りを込めて」)
    • 気球船超獣 バッドバアロン(第33話「あの気球船を撃て!」)
    • 騒音超獣 サウンドギラー(第36話「この超獣10,000ホーン?」)
    • 鈍足超獣 マッハレス(第37話「友情の星よ永遠に」)
    • 雪超獣 スノーギラン(第38話「復活! ウルトラの父」)
    • 火炎超獣 ファイヤーモンス(第39話「セブンの命! エースの命!」)
    • 火炎人 ファイヤー星人(第39話「セブンの命! エースの命!」)
    • 鬼超獣 オニデビル(第44話「節分怪談! 光る豆」)
    • ガス超獣 ガスゲゴン(第45話「大ピンチ! エースを救え!」)
    • 宇宙電気クラゲ ユニバーラゲス(第49話「空飛ぶクラゲ」)
    • 遊牧星人 サイモン星人(第52話「明日のエースは君だ!」)
  • 1973年 『流星人間ゾーン
    • 恐獣 スパイラー
    • 恐獣 ワルギルガー (※流星人間ゾーンについては、その多くをデザインしたと思われるが、本人のサイン入りデザイン画が確認されているのはこの2点である)
  • 1973年 『ウルトラマンタロウ
  • 1974年 『ゴジラ対メカゴジラ
  • 1974年『ノストラダムスの大予言
    • 大ナメクジ
    • 軟体人間
  • 1975年 『メカゴジラの逆襲
  • 1978年 『UFO大戦争 戦え! レッドタイガー
    • ランボルジャイアント
    • ランボルファイター
    • スリッパーX1
    • スリッパーX2
    • スペースマリン1号
    • ジャンケンUFO
  • 1979年 - 1980年 『ザ☆ウルトラマン
  • 1979年 『メガロマン
  • 1998年 『ウルトラセブン誕生30周年記念3部作
    • 洗脳宇宙人 ヴァリエル星人(第1話「失われた記憶」)
    • 硫黄怪獣 サルファス(第2話「地球より永遠に」)
    • 太陽獣 バンデラス(第3話「太陽の背信」)
  • 1999年 『ウルトラセブン1999最終章6部作
    • 寄生生命体 ヴァルキューレ星人(第1話「栄光と伝説」)
    • 鉄鋼ロボット 大鉄塊(第2話「空飛ぶ大鉄塊」)
    • 宇宙昆虫 ガロ星人(第2話「空飛ぶ大鉄塊」)
    • 帰化宇宙人 キュルウ星人(第2話「空飛ぶ大鉄塊」)
    • 植物人 ボラジョ(第3話「果実が熟す日」)
    • 犯罪宇宙人 レモジョ星系人(第3話「果実が熟す日」)
    • 時空怪獣 大龍海(第4話「約束の果て」)
    • 守護神獣 ザバンギ(第6話「わたしは地球人」)
  • 2000年 『ウルトラマンネオス
    • 群体怪獣 シーゴリアン(第3話「海からのSOS」)
    • 北極怪獣 ノゼラ(第4話「赤い巨人!セブン21」)
    • 南極怪獣 サゾラ(第4話「赤い巨人!セブン21」)
    • 凶暴竜 ロックイーター(第7話「生態系の王」)
    • 変貌怪獣 キングバモス(第7話「生態系の王」)
    • 幻聖魔獣 ラフレシオン(第8話「蘇る地球 HEART南へ!」)
    • 合体恐竜 キングダイナス(第9話「僕らの恐竜コースター」)
    • 隕石怪獣 ギガドレッド(第10話「決断せよ! SX救出作戦」)
    • 暗殺怪獣 グラール(第11話「宇宙からの暗殺獣」)
    • 究極進化帝王メンシュハイト(第11話「宇宙からの暗殺獣」より)
  • 2002年 『ウルトラセブン誕生35周年“EVOLUTION”5部作
    • メタル宇宙人 ガルト星人(EPISODE:3「ネバーランド」)
    • 妖邪剛獣 ガイモス(EPISODE:5「アカシックレコード」)

出演[編集]

補足事項[編集]

  • 帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック)のデザインは、井口の手によるものとされているが、本人は否定している[4]
  • ゴジラシリーズに登場するガイガンメガロジェットジャガーのデザインは、長い間、井口の手によるものだと言われ、東宝による公式書籍[要文献特定詳細情報]などにも井口によるデザインだと記されていたが、近年のインタビューで本人の口から否定された[5]
  • 『マイティジャック』では、井口の弟も美術の深田達郎の助手として参加していた[6]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 最初のデザイン画を描いたのは井口だが、造形段階で細部にかなりの変更が加えられている。
  2. ^ デザイン画では、名称はレイブンであった[3]
  3. ^ 「アンドロイダー」というデザイン原案(双葉社『ミラーマン大全』16頁に掲載)を担当。決定デザインは米谷佳晃によって、ほぼ原型をとどめないほどに大幅に改変されている。『ミラーマン the complete DVD-BOX』解説書に米谷による決定デザインが掲載されている。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i 宇宙船157 2017.
  2. ^ 「[インタビュー]高橋創」、『宇宙船』VOL.150(2015 autumn)、ホビージャパン2015年10月1日、 pp.104-105、 ISBN 978-4-7986-1099-3
  3. ^ a b c d e f g h SFドラマ大図鑑 2013, p. 71, Staff Interview 井口昭彦
  4. ^ 『帰ってきたウルトラマン大全』(双葉社)315頁。
  5. ^ フィギュア王』No.128(ワールドフォトプレス[要ページ番号]
  6. ^ SFドラマ大図鑑 2013, p. 66, Staff Interview 深田達郎.

参考文献[編集]

  • 『別冊映画秘宝 円谷プロSFドラマ大図鑑』 洋泉社〈洋泉社MOOK〉、2013年10月2日ISBN 978-4-8003-0209-0
  • 「70's円谷怪獣リスペクト検証 栄光の怪獣王国、狂乱のデザイン史 [第5回] 「超獣」生みの親・井口昭彦、その怪獣デザインと特撮美術の相乗効果」、『宇宙船』vol.157(SUMMER 2017.夏)、ホビージャパン2017年6月30日、 pp.100-103、 ISBN 978-4-7986-1482-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]