ウルトラマン倶楽部 (ゲーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ウルトラマン倶楽部』(ウルトラマンくらぶ)とは、ウルトラマンシリーズデフォルメキャラクターを題材としたゲームソフト、またはそのシリーズを指す。ファミリーコンピュータを中心に、6本のタイトルが発売された。

概要[編集]

「デフォルメキャラクターによる、ウルトラ兄弟と怪獣軍団との戦い」が、シリーズに共通する内容となっている。当初はRPGとしてシリーズ展開されていたが、後に別ジャンルのゲームも発売された。

関連作品一覧[編集]

ウルトラマン倶楽部 地球奪還作戦[編集]

1988年10月22日バンダイからファミリーコンピュータ ディスクシステムのソフトとして発売。怪獣軍団に捕らわれたウルトラ兄弟を救出し、怪獣軍団の親玉を倒すという内容のRPG。敵怪獣ごとに弱点が設定されており(耳や角など)、戦闘時にその部分に照準を合わせて攻撃すると大きなダメージを与えられるというシステムが特徴的だった。

ウルトラマン倶楽部2 帰ってきたウルトラマン倶楽部[編集]

1990年4月7日、開発元はユタカで、バンダイよりファミリーコンピュータのソフトとして発売。このゲームから、メディアはカートリッジとなった。内容は、前作に引き続いてのRPG。所持金や装備の概念が無く、いわゆる町で武器や防具を購入することではキャラクターを強化できず、全体的に地道な経験値上げが基本になる。また、戦闘画面が『ファイナルファンタジー』(スクウェア・エニックス)タイプのサイドビューになり、迫力なアニメーションを盛り上げるようになっており、コンティニューがパスワードとなった。聞く場合はウルトラ基地に行く必要がある。ちなみに、ウルトラマンが戦闘不能になるか、ウルトラ戦士達が全滅すると最後にウルトラサインを聞いたウルトラ基地に戻されるが、実際はゲームオーバーとなり、全てがやり直しになる。エンディングは『ブレイウッド』(データイースト)のデモサウンドのアレンジ曲である。尚、このゲームは後にDの食卓で一世を風靡する飯野賢治のデビュー作でもある。

登場人物[編集]

ウルトラマン
この作品の主人公。能力はほぼ平均的。他のメンバーが生存していても彼が戦闘不能になるとゲームオーバーとなる。なお、ゲーム内ではマンと表記される。カプセル怪獣を使えない唯一のメンバー。必殺技はスペシウム光線、八つ裂き光輪、スプリング光線、電磁バリア。
ウルトラセブン
途中で仲間になる兄弟。メンバーの中で途中離脱がない。能力は仲間の中では最も低く、戦闘不能になりやすいが、後半からはタロウのリライブ光線で復活できる。必殺技はエメリウム光線、アイスラッガー、ワイドショット、かなしばり光線。
帰ってきたウルトラマン
途中で仲間になる兄弟。攻撃力はやや低め。途中で離脱し、それ以降は仲間にならなくなる。必殺技はウルトラマンと同じものと、フォッグビーム、流星キック。なお、ゲーム内では新マンと表記される。
ウルトラマンA
最初に仲間になる兄弟。能力はセブンより上。ストーリーでは最初に離脱する。必殺技はメタリウム光線、レッドビーム、エースバリア、吸収(解毒効果)。唯一ダンジョンで仲間になる。
ウルトラマンタロウ
最後に仲間になる兄弟。能力は最も高い。必殺技はストリウム光線、ホーンスマッシュ、ウルトラダイナマイト、リライブ光線(蘇生効果)。
ゾフィー
ウルトラ兄弟の長兄。ウルトラサイン(パスワード)を教えてくれたり、体力を回復させてくれる。
ウルトラマンジョーニアス
ゾフィーの次に登場する隊長。
エレク
ジョーニアスの次に登場する隊長。
ウルトラの父
最後に登場するウルトラの国の大隊長。
ウルトラの母
ウルトラマンキング
ウルトラマン80
アストラ
バルタン星人
ゲームのラストボス。ミサイル攻撃を放ってくる。また、オープニングでウルトラマンとバルタン星人Jrの戦闘がある。

ウルトラマン倶楽部3 またまた出撃! ウルトラ兄弟[編集]

1991年12月29日ユタカからファミリーコンピュータのソフトとして発売。内容は、前作に引き続いての『ファイナルファンタジー』タイプのRPG。ウルトラマン達が使うカプセル怪獣(ボス以外)としてジェットビートル等の防衛チームのメカが使用できる。また、コンティニューがバッテリーバックアップになった。今回のゲームオーバー条件が味方の全滅のみとなったが、ゲームオーバーになるとタイトル画面に戻される仕様となった。前作のフォントは一部漢字で表示されたが、今作のフォントには漢字はない。

登場ウルトラマン[編集]

ウルトラマン 一番最初に使うウルトラマン。ステータスは平均、地球だけの活躍でゼットンに拘束される。必殺技はスペシウム光線、八つ裂き光輪、スプリング光線。 表記は「マン」

帰ってきたウルトラマン もう一人の主人公。ステータスはマンと変わらない、必殺技はスペシウム光線、八つ裂き光輪、流星キック。 表記は「しんマン」

ウルトラマンタロウ ゴルゴダ星だけの活躍でベムスターに拘束される。ステータスは守りが高い、必殺技はストリウム光線、ウルトラフリーザー、リライブ光線、ヒーロー光線。 表記は「タロウ」

ウルトラの母 ステータスは素早さは高く、使用したり離脱したり、後半では活躍する。 必殺技はマミー光線、マザー破壊光線、銀河光線。 表記は「はは」

ウルトラマンレオ 本作で初登場。他のウルトラマンとは違う星で誕生している、使用度、登場が少なくステータスはちからが高い。必殺技はレオヌンチャク、クロスビーム。 表記は「レオ」

ウルトラマンキング 戦闘では初登場。他のウルトラマンと比べると目や身体の構造が違う。ステータスはひっさつが高いが登場回数は多いが使用度が少ない。必殺技は洗礼光線、ゴッド光線。 表記は「キング」

ウルトラセブン ステータスではメンバーの中で一番ちからが高い。必殺技はエメリウム光線、ワイドショット、アイスラッガー。 表記は「セブン」

ゾフィー 戦闘では初登場。フィールドと戦闘で構造が異なる。ステータスでは力、守りが低く、素早さは少し高く、ひっさつがメンバーの中で一番高い。必殺技はM87光線、ウルトラフロスト。 表記は文字数の関係で「ゾフィ」になっている。

ウルトラマンA 一番最後になる仲間。メンバーの中で唯一ダンジョンで仲間になる、ステータスは素早さはメンバーの中で一番高いがそれ以外が低く、敵にダメージをくらう数値も高い。必殺技はメタリウム光線、ウルトラギロチン、パンチレーザー。

ウルトラの父 ステージで使うことがなく、ヤプールに石にされている。ウルトラの母のマザーシャワーでウルトラマンとタロウと共に復活する。

アストラ レオの双子の弟。マグマ星人に捕まったがレオとキングによって救出する。

登場怪獣[編集]

(表記に★がついているのはボス怪獣) 地球(フィールド) コガバドン、ウー、ナース、ベロクロン、バキシム、テロチルス、ブラックキング、★ゴルドン、★ゼットン 洞窟 ザラガス、シーモンス、シーゴラス、ぺスター、★ブルトン 山 ファイヤーモンス、ビーコン、ドラコ、メフィラス星人。 村長の家 ニセウルトラセブン(表記はにせセブン)

ゼットンがマンを何処かに連れ去る。

ゴルゴダ星(フィールド) ジャミラ、ジェロニモン、ガンダー、レッドキング、★バルタン星人。

キケンの二次元世界 ★ガマス

宇宙船 バハルウ星人、ガボラ、ムルチ、サドラー、★ベムスター、★グモンガ、★ベル星人。 ベムスターにタロウが拘束される。

十字架 グロスト、タイラント、ブロッケン、バードン、★バルタン星人jr. (表記はバルタンジュニア) マンとタロウも石にされていることがわかる。

ある惑星(フィールド) サウンドギラー、ガラキング、キングザウルス お城 ★レッドギラス、★ブラックギラス、★マグマ星人。 お城にアストラが捕まっている。

M78星雲(フィールド) ガバドン、カメレキング、ゴモラ、ベムラー、★ペガッサ星人、★エースロボット

ペガッサ宇宙都市 ペガッサ星人(ザコ)、★ペガッサ星人。

母の体内 ★ダリー。

秘密基地 マグラー(表記はマグラ)、ガッツ星人、キーラ、ササヒラー。

ウルトラタワー ボーグ星人、ケムラー、ダダ(表記はダダせいじん)、ギエロン星獣、★エースキラー。

居住地区(フィールド) キングジョー、スノーゴン、レッドギラー、★ヤプール。

巨大宇宙船 エレキング、ゴドラ星人、アーストロン、バラバ、グドン、ツインテール、ルナチクス、レッドジャック、★ゴルドン、★ブルトン、★ゼットン、★バルタン星人、★ベムスター、★グモンガ、★ベル星人、★レッドギラス、★ブラックギラス、★マグマ星人、★ガマス、★バルタン星人Jr.、★ペガッサ星人、★ダリー、★にせウルトラセブン、★エースロボット、★エースキラー、★ヤプール(表記はヤプールせいじん)、★テンペラー(表記はテンペラーせいじん)、★巨大ヤプール(表記はがったいヤプール) 巨大ヤプールの戦闘時は最初は単体9体で登場するが、ダメージを受ける(またはかわす)と5体、そして合体し巨大ヤプールになる、他の怪獣と比べるとやられ方や登場が異なる。

ウルトラマン倶楽部 怪獣大決戦!![編集]

1992年12月25日エンジェルからファミリーコンピュータのソフトとして発売。アクションゲームである。難易度はやや高め。

ウルトラマン倶楽部 敵怪獣ヲ発見セヨ![編集]

1990年5月2日、バンダイからゲームボーイのソフトとして発売。シミュレーションゲームである。

DATACH ウルトラマン倶楽部 スポ根ファイト![編集]

1993年4月23日、バンダイからファミリーコンピュータのソフトとして発売。データック専用ソフトである。