別所哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
べっしょ てつや
別所 哲也
別所 哲也
別所哲也
生年月日 (1965-08-31) 1965年8月31日(58歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県島田市
身長 186 cm
血液型 A型
職業
活動期間 1987年 -
主な作品
舞台
テレビドラマ
魔女の条件
映画
ラジオ
J-WAVE TOKYO MORNING RADIO
 
受賞
日本アカデミー賞
新人俳優賞
1991年波の数だけ抱きしめて
その他の賞
渡辺晋賞
2019年
テンプレートを表示

別所 哲也べっしょ てつや[1]1965年8月31日 - )は、日本俳優ラジオパーソナリティコメンテータータレント静岡県島田市出身。身長186cm

人物・来歴[編集]

エピソード[編集]

  • 丸大食品CMに出演しており、同CMの中で呼ばれた「ハムの人」としても知られている。
  • 40年間で5000食を食べるほどのナポリタン好きで、「芸能界のナポリタン王」と呼ばれている。
  • 短編映画好きとして知られ、趣味が高じて「ショートショートフィルムフェスティバル」を自ら立ち上げ、実行委員会代表を務める。現在ではアジア最大級の短編映画祭に成長した[要出典]。また、横浜みなとみらいでは、国内初の国際映画祭とも連動した短編映画専門映画館となる「ブリリア ショートショート シアター」を設立した。
  • アメリカ滞在経験が長く、英語が堪能なことも有名で、現地の事情にも精通している。
  • 大学時代には四大学英語劇大会という劇大会で、3年連続GrandPrize(最優秀賞)を獲得した。3年目、彼が演出家を務めた作品『One flew over the Cocoo's nest』(カッコーの巣の上で)は、今なお語り継がれる伝説的な演出で有名である[要出典]
  • 趣味はNFL観戦と明かすアメリカンフットボールファンでもあり、日本でのNFLダイジェスト紹介番組でもある「倶楽部T」の司会も務めていた。
  • 藤枝東高校ではバレーボール部に所属していた。
  • 高校の2学年下に日本代表としてFIFAワールドカップに2度出場した中山雅史がいる。
  • 2009年に日系米国人で会社役員の女性と結婚。第1子(女児)誕生。
  • 自身がナビゲーターを務める『J-WAVE TOKYO MORNING RADIO』において、番組中音楽がかかっているときに独特な動きで踊ることがあり、随時番組公式Twitterアカウントに動画としてアップされている。この「別所ダンス」が2017年6月1日の『ダウンタウンDX』でも取り上げられ、普段の俳優としての別所とのギャップが話題となった[6]
  • 愛称はてっちん、ハムの人(約9年丸大ハムのCMに出演したため)、アントニオ別所、スイーツ男子。
  • 映画『ゴジラvsモスラ』の監督を務めた大河原孝夫は、別所についてやりすぎるタイプと評しており、別所自身もそのことを自覚しているため「いらないところは言ってください」と述べていたという[7]
  • 2023年2月、東京都の東京観光大使に任命された[8]

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

テレビアニメ[編集]

劇場アニメ[編集]

吹き替え[編集]

ラジオ[編集]

報道・情報番組[編集]

ドキュメンタリー[編集]

  • 銀河宇宙オデッセイ(NHK総合、1990年)パイロット ジョー・オノダ役
  • BSスペシャル「アジア楽園の住紀行 マレーシア 風の家」(NHKBS、2001年)
  • 新説 歴史法廷「本能寺の変に異議あり!」(BS日テレ、2011年12月)
  • tvk開局40周年記念 40時間特別番組「あすの地球と子どもたち〜PRAY FOR HAPPINESS」テレビ神奈川(tvk)、2012年9月8日 - 9日)第3部 メインパーソナリティー
  • SSFF & ASIA 2012 モエ スター アワード〜モエの伝統と哲学 未来のスターに贈られた成功への鍵〜(BSフジ、2012年10月28日)ナビゲーター
  • 文豪の味手帳〜池波正太郎が愛した食の世界〜(2013年2月17日、BS朝日
  • ナポレオン紀行 世界遺産を訪ねて〜パリ・シャンパーニュの旅〜(2019年11月24日、BS朝日) - ナレーター

バラエティ[編集]

その他[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

  • 2004年4月 『「PIATTO」別所哲也のまいにちかんたん88レシピ』(ぴあ
  • 2005年3月 『「PIATTO」別所哲也のまいにちかんたん100レシピ2』(ぴあ)
  • 2009年6月 『夢をカタチにする仕事力』(光文社

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ Episode 1のみ、2016年7月24日に日本テレビにて地上波テレビ放送された。

出典[編集]

  1. ^ a b ゴジラ大百科 1993, p. 128, 構成・文 岩田雅幸「決定保存版 怪獣映画の名優名鑑」
  2. ^ Kyodo News - The Chicago Shimpo News、2015年7月27日
  3. ^ ジャパン・ハウス(仮称)有識者諮問会議メンバーリスト 平成27年7月27日現在
  4. ^ “『ベストドレッサー賞』に菅田将暉、松下奈緒、『ジョジョ』荒木氏ら”. ORICON STYLE. (2016年12月1日). https://www.oricon.co.jp/news/2082236/full/ 2016年12月1日閲覧。 
  5. ^ フェイス、別所哲也氏を社外取締役に~コーポレート・ガバナンスの一層の強化を図り、企業価値の向上へ~,株式会社フェイス,2017年5月23日
  6. ^ 別所哲也「“別所ダンス”が面白すぎる!」とSNSで大反響,女性自身,2017年6月2日
  7. ^ 「インタビュー 大河原孝夫」『ゴジラVSモスラ』東宝出版・商品事業室〈東宝SF特撮映画シリーズVOL.7〉、1993年1月15日、76頁。ISBN 4-924609-43-9 
  8. ^ 東京観光大使を任命|東京都
  9. ^ ディーン・フジオカの目に狂気が宿る!「Pure Japanese」本予告&本ビジュアル完成”. 映画.com. 株式会社エイガ・ドット・コム (2021年10月8日). 2021年10月8日閲覧。
  10. ^ “別所哲也&高岡早紀、パルコ劇場一時休館後の「ラヴ・レターズ」に出演”. ステージナタリー. (2016年9月21日). https://natalie.mu/stage/news/202557 2016年9月21日閲覧。 
  11. ^ “「デスノート THE MUSICAL」2017年9月に再演、浦井健治と柿澤勇人が続投”. ステージナタリー. (2016年9月30日). https://natalie.mu/stage/news/203698 2016年9月30日閲覧。 
  12. ^ Inc, Natasha. “A.B.C-Z橋本良亮「スワンキング」でミュージカル初主演、“狂王”ルートヴィヒ二世に(コメントあり)”. 音楽ナタリー. 2021年12月8日閲覧。
  13. ^ A.B.C-Z橋本良亮がミュージカル初主演「スワンキング」関西ジャニーズJr.今江大地も出演”. TV LIFE web. 2021年12月8日閲覧。
  14. ^ “ミュージカル「ジョジョの奇妙な冒険」ジョジョ役は松下優也・有澤樟太郎、ディオ役に宮野真守”. ステージナタリー (ナターシャ). (2023年8月29日). https://natalie.mu/stage/news/538697 2023年8月29日閲覧。 
  15. ^ “「ストールンプリンセス」吹替版に岡本信彦、多田野曜平、森久保祥太郎ら参加”. 映画ナタリー. (2023年7月6日). https://natalie.mu/eiga/news/531713 2023年7月6日閲覧。 
  16. ^ まゆゆ&宮脇咲良が『ソウ2』監督のホラーにW主演!ハリウッド進出に意欲” (2016年5月19日). 2022年5月25日閲覧。
  17. ^ Huluオリジナルドラマ「CROW'S BLOOD」公式サイト”. Hulu. HJホールディングス (2016年). 2022年5月25日閲覧。

参考文献[編集]

  • 『ENCYCLOPEDIA OF GODZILLA ゴジラ大百科 [メカゴジラ編]』監修 田中友幸、責任編集 川北紘一Gakken〈Gakken MOOK〉、1993年12月10日。 

外部リンク[編集]