別所哲也

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
べっしょ てつや
別所 哲也
生年月日 1965年8月31日(49歳)
出生地 日本の旗 日本静岡県島田市
身長 186cm
血液型 A型
職業 俳優ラジオパーソナリティ
活動期間 1980年代 -
配偶者 既婚
著名な家族 妻、娘
主な作品
舞台
レ・ミゼラブル(ミュージカル)』『ミス・サイゴン(ミュージカル)』
テレビドラマ
魔女の条件
ラジオ
J-WAVE TOKYO MORNING RADIO

別所 哲也(べっしょ てつや、1965年8月31日 - )は、日本俳優ラジオパーソナリティ。 身長186cm。

略歴[編集]

エピソード[編集]

  • 丸大食品のCMにも出演しており、同CMの中で呼ばれた「ハムの人」としても知られている。
  • 短編映画好きとして知られ、趣味が高じて「ショートショートフィルムフェスティバル」を自ら立ち上げ、実行委員会代表を務める。現在ではアジア最大級の短編映画祭に成長した。また、横浜みなとみらいでは、国内初の国際映画祭とも連動した短編映画専門映画館となる「ブリリア ショートショート シアター」を設立した。
  • アメリカ滞在経験が長く、英語が堪能なことも有名で、現地の事情にも精通している。
  • 大学時代には四大学英語劇大会という劇大会で、3年連続GrandPrize(最優秀賞)を獲得した。3年目、彼が演出家を務めた作品『One flew over the Cocoo's nest』(カッコーの巣の上で)は、今なお語り継がれる伝説的な演出で有名である。
  • 趣味はNFL観戦と明かすアメリカンフットボールファンでもあり、日本でのNFLダイジェスト紹介番組でもある「倶楽部T」の司会も務めていた。
  • 藤枝東高校ではバレーボール部に所属していた。「さんまのまんま」出演時にその話をして明石家さんまに「なんで藤枝東でサッカーやれへんの!」と怒られていた。藤枝東高校は全国高等学校サッカー選手権大会で優勝4度など、全国でも古くから知られる強豪校で、日本代表としてFIFAワールドカップに2度出場した中山雅史は別所の2学年下にあたる。
  • 2009年 - 日系米国人で会社役員の女性と結婚。第1子(女児)誕生。出産直後から長期に渡りCCUで過ごすという大きな試練があったものの、自らがパーソナリティーを務めるラジオ番組で無事の退院を報告。

出演[編集]

テレビドラマ[編集]

映画[編集]

舞台[編集]

  • ファンタスティックス(1987年) - シアター・モリエール 役
  • ガラスの仮面(1988年) - 桜小路優 役
  • 恋人たちの予感(2002年) - ハリー 役
  • レ・ミゼラブル
    • (2003年・2005年・2006年・2007年・2011年) - 主演・ジャン・バルジャン役
  • ユーリンタウン(2004年) - ボビー・ストロング役
  • ミス・サイゴン
    • (2004年・2008年) - 主演・エンジニア 役
  • 34丁目の奇跡〜Here's Love〜(2004年・2005年) - フレッド 役
  • ナイン THE MUSICAL(2005年) - 主演・グイード 役
  • ウーマン・イン・ホワイト(2007年) - ウォルター・ハートライト 役
  • オペラ・ド・マランドロ(2009年)- 主演・マックス 役
  • コースト・オブ・ユートピア(2009年)- イワン・ツルゲーネフ 役
  • ワンダフルタウン(2010年) -  ベイカー 役 
  • 朗読劇 私の頭の中の消しゴム(2010年)
  • ユーリンタウン(2011年) - 主演・ロックストック 役
  • 朗読活劇 レチタ・カルダ「義経」(2012年)
  • ラストダンス -The Musical 越路吹雪- (2012年) - 真木小太郎 役
  • ホテル マジェスティック(2013年) - 大河内竜司 役
  • 激動-GEKIDO-(2013年) - 川島浪速 役
  • On The Stage クランク☆イン(2013年) - 若村オリオ 役
  • カルメン(2014年) - 市長 役
  • シャーロック ホームズ2 〜ブラッディ・ゲーム〜(2015年) - クライブ 役
  • 南太平洋(2015年) - エミール・ド・ベック 役

テレビアニメ[編集]

ラジオ[編集]

バラエティ[編集]

CM[編集]

書籍[編集]

  • 2004年4月 『「PIATTO」別所哲也のまいにちかんたん88レシピ』(ぴあ
  • 2005年3月 『「PIATTO」別所哲也のまいにちかんたん100レシピ2』(ぴあ)
  • 2009年6月 『夢をカタチにする仕事力』(光文社

外部リンク[編集]