横浜文化賞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

横浜文化賞(よこはまぶんかしょう)は、横浜市が、文化の向上及び発展に寄与することを目的とし、横浜市の芸術学術教育社会福祉医療産業、スポーツ振興等の文化の発展に尽力し、その功績が顕著な個人・団体に贈る賞[1]。。1952年に最初の受賞者4名に授与されて以来、毎年数組が受賞している。1991年の第40回以降には、各分野の若手を対象とする奨励賞が設けられるようになった。このほか、特別賞が贈られたことがある。

受賞者[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「横浜文化賞実施要綱」第1条。
  2. ^ 佐藤太郎 (2013年10月25日). “(青春スクロール 母校群像記)横浜平沼高校:7 「かをり」創業者も”. 朝日新聞・朝刊・神奈川南: p. 32. "地元で横浜の観光に力を入れているのは、横浜シティガイド協会副会長の嶋田昌子...2012年には横浜文化賞を受賞した"  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ “3氏と1組1団体、横浜文化賞決まる バイオリン・小林さんら”. 朝日新聞・朝刊・横浜: p. 29. (2013年9月26日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  4. ^ 第62回(平成25年度)横浜文化賞 受賞者決定!! 贈呈式・記念コンサートに市民の皆さま(250名)をご招待!!”. 横浜市. 2014年5月26日閲覧。
  5. ^ 14年度横浜文化賞決まる 横浜市大元学長・加藤さん、俳優・別所哲也さんら
  6. ^ 第64回(平成27年度)横浜文化賞 受賞者決定
  7. ^ 第65回(平成28年度)横浜文化賞 受賞者決定
  8. ^ 第66回(平成29年度)横浜文化賞 受賞者決定
  9. ^ 第67回(平成30年度)横浜文化賞 受賞者決定

関連項目[編集]

外部リンク[編集]