高木逸磨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
たかぎ いつま
高木 逸磨
生誕 1884年1月24日
死没 1960年12月5日
出身校 東京帝国大学医学部
職業 東京帝国大学医学部教授、横浜医科大学学長、滝乃川学園第5代学園長

高木 逸磨(たかぎ いつま、1884年1月24日 - 1960年12月5日 )は、日本の医師細菌学者、社会事業家、医学博士

来歴[編集]

長崎県出身。東京帝国大学医学部卒業後、母校の伝染病研究所(現・東京大学医科学研究所)研究員、医学部助手、講師、助教授を経て教授に就任。さらに、駒込病院長、滝乃川学園医務室長、同仁会華北防疫所長などを歴任した。1929年には、鼠咬症の研究(共同研究)で学士院賞を受賞した。戦後は、横浜医科大学(現・横浜市立大学医学部)学長、滝乃川学園第5代学園長をつとめた。

滝乃川学園の創立者石井亮一の妻で、第2代学園長をつとめた石井筆子の実家渡辺男爵家とは縁戚にあたる。

参考文献[編集]