古沢太穂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

古沢 太穂(ふるさわ たいほ、1913年大正2年)8月1日 - 2000年平成12年)3月2日)は俳人。本名は古沢 太保(ふるさわ たもつ)。

略歴[編集]

富山県上新川郡大久保町(現・富山市)生まれ。生家は料理屋兼芸妓置屋。幼くして父を失い、一家は東京から横浜へ。法政大学商業学校(現在の法政大学中学校・高等学校)を経て、1938年東京外国語学校(現在の東京外国語大学)専修科ロシヤ語学科卒業[1]。その後結核のため療養生活に入る。療養所で俳句を勧められ、1940年、「馬酔木」を購読。のち加藤楸邨の「寒雷」創刊とともに参加。

戦後1947年赤城さかえらと同人誌「沙羅」を創刊。新俳句人連盟に参加し、同連盟の中央委員長(後会長と改称)を長く務める。その後、顧問。1951年、職場の俳句サークルを母体として同人誌「道標」を創刊。1972年、「沙羅」と「道標」を合併して「道標」を太穂主宰誌とする。そのほか、1956年に秋元不死男小林康治らとともに横浜俳話会を発足した。

1980年、句集『捲かるる鴎』で第12回多喜二・百合子賞を受賞、1983年、第32回横浜文化賞受賞[2]

その作風は変革の抒情ともいうべきものであるが、太穂自身は「自然流」としている。またスローガン的な俳句とは異なる、社会の矛盾を突きつつも人間味のある句を作った[3]根岸森林公園(横浜市中区)には、1983年作の「少年どち若葉染みに来くつわ展」の句碑(古澤太穂句碑建立委員会、1986年)がある[4]

門下に、板垣好樹[5]望月たけし[6]松田ひろむ[7]らがいる。

句集、著作[編集]

  • 『三十代』神奈川県職場俳句協議会、1950年
  • 『古沢太穂句集』現代書房、1955年
  • 『火雲』現代俳句協会、1982年
  • 『捲かるる鴎』竹頭社、1979年
  • 『捲かるる鴎』新日本文庫、1983年(解説:松田ひろむ
  • 『古沢太穂-花神コレクション〈俳句〉』花神社、1993年
  • 『うしろ手』新俳句人連盟、1995年
  • 『古沢太穂全集』新俳句人連盟、2013年
  • 『古沢太穂全集 補遺 戦後俳句の社会史』新俳句人連盟、2015年

脚注・出典[編集]

  1. ^ 『古沢太穂全集』(新俳句人連盟)「古沢太穂年表」953頁
  2. ^ 第62回神奈川文化賞・スポーツ賞贈呈式」『神奈川県』
  3. ^ 武田伸一 「古沢太穂」 金子兜太編 『現代の俳人101』 新書館、2004年、116-117頁。
  4. ^ 安藤今朝吉「古澤太穂句碑」『市民グラフヨコハマ』第116号、2001年6月、14頁。
  5. ^ 月刊『俳句人』1993年11月号「特集・板垣好樹追悼」より
  6. ^ 『俳句人叢書26 望月たけし 氷平線』(新俳句人連盟)著者略歴より
  7. ^ 「近現代俳人系統図」[『新版・俳句歳時記(第三版)』(雄山閣)の別刷り]ほかによる

外部リンク[編集]