田尻常雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
田尻常雄

田尻 常雄(たじり つねお、1877年 - 1957年[1]4月18日[2])は、日本商学者。大正から第二次世界大戦中まで、第4代長崎高等商業学校(現長崎大学)校長、初代横浜高等商業学校(現横浜国立大学)校長を務め、戦後は東京経済大学理事長、学長などを歴任した[1][2]

経歴[編集]

熊本県出身。

1901年東京高等商業学校(現一橋大学)専攻科を卒業。1901年から1908年まで大倉商業学校で教鞭を執る[1]

1908年長崎高等商業学校(現長崎大学)教授となり、1920年に第4代校長となった。1923年に新設された横浜高等商業学校(現横浜国立大学)の初代校長に転じ、1943年までその座にあった[1]

田尻は大柄で、長崎高商の一教授に過ぎなかった頃から校長と間違われることがあり、学生からは「見かけ倒しの田尻さん」と称されていたといい、また、財界人との社交にも巧みで学生の就職の面倒見もよく「就職の神様」とも呼ばれていた[3]

1948年、新制大学への昇格を目指して運動していた大倉経済専門学校に理事長として招かれ、1949年東京経済大学への昇格を経て1957年3月まで理事長の座に留まり、1953年12月以降の最後の3年余りには、学長も兼務した[1][4]

1957年には第5回(昭和31年度)横浜文化賞を受賞した[5]

横浜国立大学の常盤台キャンパスには、田尻の胸像が設置されている[6]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e 東京経済大学100年史編纂委員会 『東京経済大学の100年』 東京経済大学、2005年5月19日、81頁。2014年5月30日閲覧。
  2. ^ a b “田尻常雄氏(訃報)”. 朝日新聞・東京朝刊: p. 7. (1957年4月19日)  - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧
  3. ^ 橘木,2012,p.163.
  4. ^ 橘木(2012,p.163)には、田尻について「戦後には東京経済大学の初代学長になるのである」と記されているが、「初代学長」とあるのは「初代理事長」ないし「第2代学長」の誤りである。またこの記述がある節の見出しでは生没年がまったく異なっている。
  5. ^ 横浜文化賞過去の受賞者一覧”. 横浜市. 2014年5月23日閲覧。
  6. ^ お散歩マップ (PDF)”. 横浜国立大学. 2014年5月23日閲覧。

参考文献[編集]

外部リンク[編集]

学職
先代:
田中祐之
(学長事務取扱)
東京経済大学学長
第2代:1953 - 1957
次代:
北沢新次郎
先代:
(初代)
学校法人東京経済大学
理事長

初代:1948 - 1957
次代:
堀久作