中村拓 (医学者)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

中村 拓(なかむら ひろし、1890年明治23年) - 1974年昭和49年))は、日本の医学者古地図学者

経歴[編集]

  • 1890年(明治23)、福島県伊達郡梁川町に生まれる(現在の伊達市)。
  • 1916年(大正5)、第一高等学校を卒業。
  • 1920年(大正9)、東京帝国大学医学部を卒業。
  • 1921年(大正10)、伝染病研究所長与又郎研究室)を経て、パリパスツール研究所に留学。
  • 1924年(大正13)、ベルトラン教授[1]に師事し、ソルボンヌ大学から理学博士号を授与される。
  • 1925年(大正14)、東京帝国大学から医学博士号を授与される。論文の題は「鉄饑餓の眞意義に就て (仏文)」[2]
  • 1929年(昭和4)、フランスから帰朝、朝鮮の京城帝国大学講師として赴任。
  • 1931年(昭和6)、京城帝国大学教授に就任、医化学教室を主宰。
  • 1933–34年(昭和8–9)、文部省在外研究員として滞仏。
  • 1946年(昭和21)1月、太平洋戦争敗戦、郷里の福島に引揚げ帰国。
  • 1947年(昭和22)、論文 “Old Chinese world maps preserved by Koreans”により、Imago Mundi(イマゴ・ムンジ)賞[3]を受賞。
  • 1949年(昭和24)、横浜市立大学医学部教授に就任、生化学教室を主宰。
  • 1952年(昭和27)、古地図の研究により、第1回横浜文化賞を受賞[4]
  • 1961年(昭和36)、東京大学より文学博士号を授与される。論文の題は「鎖国前の南蛮人作日本地図」[5]。 同年、横浜市立大学を定年退官。
  • 1964年(昭和39)、論文 “The Japanese portolanos of Portuguese origin”により、2度目のImago Mundi賞[6]を受賞。
  • 1974年(昭和49)2月7日、死去、享年83[7]
  • 1988年(昭和63)、小惑星9574 Taku(拓)として命名・登録される[8] [9]
  • 2011年(平成23)、明治大学に古地図の「中村拓文庫」が設立される[10]

人物[編集]

  • 当時のフランスを代表する生物化学者だったガブリエル・ベルトラン英語版教授のもとで、微量重金属元素が人体に及ぼす生理学的研究を行なった。ニッケルが人体にとって必須元素であることを示したこの先駆的研究(1936年)は、近年もなお引用されている[11] [12]。 また、パスツール研究所のホームページにおけるベルトラン教授の頁には、彼の主要な共同研究者の1人として、H. Nakamuraの名が挙げられている[13]。なお、帰国してからの専門分野は、血液の溶血現象と赤血球の物理化学的特性で、最小溶血濃度の概念を確立した[14]
  • 徳島文理大学学長を務めた黒田嘉一郎氏は、京城帝国大学時代の血液学研究における最初のお弟子さんである。
  • パリ留学中は、絵画への興味と、医師という職業柄から、「パリ日本人会」の中心的存在だった石黒敬七藤田嗣治をはじめ、日本から画業修行に来ていた多くの画家さんたちと親交を結んだ[15][16]。肺と精神を病んだ佐伯祐三の主治医を務め[17]、肺結核になった芹沢光治良にはスイスへの転地療養を勧めて、これが後に芹沢が小説家として立つ転機になったという[18]。パリ留学中に、古地図に興味を抱いて研究を始めた。
  • 1947年にイマゴ・ムンジ賞の賞金小切手が送られてきた。しかし、敗戦後の混乱期だったため、同音名の東京大学の先生に誤って送付された。この先生は1年間探し回って中村拓の勤務先をつきとめ、小切手を手渡した。そのため、同姓異人の学者美談として、東京日日新聞に取り上げられた[19]

著書[編集]

主要論文[編集]

  • Les Cartes du Japon qui servaient de modèle aux cartographies européeans au debut des relations de l’Occident avec le Japan, Monumenta Nipponica, vol. 2, No. 1, 100–123, 1939年
  • 東亜地図の歴史的変遷、『続大陸文化研究』、147–182、岩波書店、1943年。
  • Old Chinese world maps preserved by the Koreans, Imago Mundi, vol.4, 3–22, 1947年。
  • 本邦に伝わるブラウー世界図について、『地理学研究』第一集、23–65、柳原書店、1957年。
  • 戦国時代の日本図、『横浜市立大学紀要』、vol. 88, 1–194, 1958年。
  • 南蛮屏風世界図の研究、『キリシタン研究』、vol. 9, 1–273, 1964年。
  • The Japanese Portolanos of Portuguese origin of the XVIth and XVIIth Century, Imago Mundi, vol. 18, 24–44, 1964年。
  • 朝鮮に伝わる古きシナ世界地図、『朝鮮学報』、vol. 39, 1–73, 1966年。
  • 赤水図の欧州における評価、『地理』、vol. 13, 85–91, 1968年。
  • 欧州人に知られたる江戸時代の実測日本図、『地学雑誌』[20]、vol. 78, No. 1, 10-18, 1969年。
  • なお、医学関係では、中村拓グループの論文目録として、『中村拓教授還暦記念、研究業績目録』(同門会編、1953年、25頁)があり、1924年から1953年の期間に304篇の論文タイトルが収録されている。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ http://www.pasteur.fr/infosci/archives/ber0.html
  2. ^ http://dbr.nii.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000016GAKUI1
  3. ^ http://en.wikipedia.org/wiki/Imago_Mundi
  4. ^ http://www.city.yokohama.lg.jp/bunka/bunshin/torikumi/bunka/bunka-past.html#1
  5. ^ http://dbr.nii.ac.jp/infolib/meta_pub/G0000016GAKUI1
  6. ^ http://en.wikipedia.org/wiki/Imago_Mundi
  7. ^ http://www.lib.meiji.ac.jp/nakamura/docs/obituary_e.html
  8. ^ http://en.wikipedia.org/wiki/9574_Taku
  9. ^ http://ssd.jpl.nasa.gov/sbdb.cgi?sstr=9574+Taku
  10. ^ http://www.lib.meiji.ac.jp/nakamura/index.html
  11. ^ http://pubs.rsc.org/en/content/articlelanding/1940/an/an9406500603/unauth
  12. ^ http://naldc.nal.usda.gov/download/46675/PDF
  13. ^ http://www.pasteur.fr/infosci/archives/ber0.html
  14. ^ 泉孝英編、『日本近現代医学人名事典』、447頁、医学書院、2012年、ISBN978-4-260-00589-0
  15. ^ 硲伊之助、『ゴッホの手紙(下)』、あとがき 285頁、291頁、1970年、岩波文庫
  16. ^ 和田博文監修、石黒敬七著、石黒敬章ほか(編)、『ライブラリー・日本人のフランス体験』、第1巻、第2巻、パリの日本語新聞 ―― 『巴里週報 I、II』復刻、柏書房、2009年
  17. ^ 山田新一、『素顔の佐伯祐三』、第二次滞仏時代の章、中央公論美術出版、1980年。
  18. ^ 朝日晃、『そして佐伯祐三のパリ』、106–114頁、212-213頁、221–225頁、大日本絵画、2001年
  19. ^ 東京日日新聞、昭和24年7月2日(土)夕刊3面、「貰って吃驚、イマゴ・ムンジ賞、同姓異人の学者美談」、1949年。
  20. ^ http://www.geog.or.jp/journal/ja/

参考文献[編集]

  • 勝沼精蔵、『桂堂夜話 - 邂逅と郷愁』、映画「ルイ・パスツール」をめぐりて、の章(135-143頁)、黎明書房(名古屋)、1955年。
  • 黒田嘉一郎、『研究と教育』、京城帝国大学医化学教室の思い出、の章(256-265頁)、(株)出版、1975年。
  • 海野一隆、「イマゴ・ムンディ」誌半世紀の歩みとわが国、『地図』(日本国際地図学会)、第26号、第3号、1–6頁、1988年。
  • 和田博文監修、石黒敬七著、石黒敬章・杉山悦子(編)、『ライブラリー・日本人のフランス体験 石黒敬七 - 日本人社会の靱帯』、復刻 第6巻、柏書房、2010年、ISBN 978-4-7601-3631-5
  • 明治大学図書館、図録『中村拓文庫設立記念展』、31頁、2011年11月、ISBN 4-9902148-2-X