硲伊之助

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

硲 伊之助(はざま いのすけ、1895年11月14日-1977年8月16日)は、日本の画家、陶芸家。

1914年、第1回二科展に「女の習作」出品、二科賞を受ける。1918年、二科展に作品6点を特別陳列、二科賞を受ける。

戦前からフランスの画家の画集の解説を書き、多数の美術エッセイを著した。

戦後は、日本美術会の委員長としても活動する傍ら、『美術手帖』、『アトリエ』、『みづゑ』、『三彩』、『美術批評』、『芸術新潮』といった美術系雑誌ばかりでなく、文芸誌の『群像』や総合誌の『中央公論』、『文藝春秋』、『世界』などに名画解説やエッセイを発表。誌上座談会の出席者としても活躍した。

晩年、石川県加賀市に移り住み、九谷焼の創作に没頭した。

経歴[編集]

著書[編集]

画集・図録[編集]

エッセイ[編集]

解説を描いた名画集[編集]

訳書[編集]

挿絵・装画を描いた出版物[編集]

出典[編集]

外部リンク[編集]