岸田劉生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
岸田劉生の自画像。

岸田 劉生(きしだ りゅうせい、男性、1891年6月23日 - 1929年12月20日)は、大正から昭和初期の洋画家。父親はジャーナリストの岸田吟香

来歴・人物[編集]

岸田劉生肖像写真・明治期

1891年(明治24年)、薬屋「楽善堂」を経営する実業家、岸田吟香の四男として東京銀座に生まれる[1]。弟はのちに浅草オペラで活躍し宝塚歌劇団の劇作家になる岸田辰彌東京高師附属中学中退後の1908年(明治41年)、東京の赤坂溜池にあった白馬会葵橋洋画研究所に入り黒田清輝に師事した。1910年(明治43年)文展に2点の作品が入選している。

1911年(明治44年)『白樺』主催の美術展がきっかけでバーナード・リーチと知り合い、柳宗悦武者小路実篤ら『白樺』周辺の文化人とも知り合うようになった。劉生自身生前は『初期肉筆浮世絵』、『図画教育論』や、没後に出された随筆『美の本体』(河出書房)、『演劇美論』(刀江書院)など、多くの文章を残し、これらは『岸田劉生全集』(全10巻、岩波書店)にまとめられた。

1912年(明治45年)、高村光太郎萬鉄五郎斎藤与里清宮彬木村荘八らとともにヒュウザン会を結成、第1回ヒュウザン会展には14点を出品した。これが画壇への本格的なデビューといえる。鏑木清方に日本画を学んで同展覧会を観覧に来ていた小林蓁(しげる)と翌年7月に結婚をする。(なお、ヒュウザン会展は2回で終了し、1913年(大正2年)の第2回展ではフュウザン会と改称していた)。劉生の初期の作品はポスト印象派、特にセザンヌの影響が強いが、この頃からヨーロッパのルネサンスやバロックの巨匠、特にデューラーの影響が顕著な写実的作風に移っていく。1914年(大正3年)に娘の麗子が誕生、1918年以降に彼女をモデルとした多くの「麗子像」を描く。

1915年(大正4年)、現代の美術社主催第1回美術展(第2回展以降の名称は「草土社展」)に出品する。草土社のメンバーは木村荘八・清宮彬・中川一政椿貞雄高須光治河野通勢らであった。草土社は1922年(大正11年)までに9回の展覧会を開き、劉生はそのすべてに出品している。1915年に描かれ、翌年の第2回草土社展に出品された『切通しの写生(道路と土手と塀)』は劉生の風景画の代表作の一つである。

1917年(大正6年)、結核を疑われ、友人武者小路実篤の住んでいた神奈川県藤沢町鵠沼の貸別荘に転地療養の目的で居住。

1918年(大正7年)、高村光太郎に促された高田博厚が自画像を見てもらいに鵠沼を訪れる。岸田は自画像を褒めたが、傍らにあった麗子像を見て実力差を感じた高田は「あいつには一生かかってもかなわない」と絵画をあきらめ彫刻の道に進むこととなった[2]

1920年(大正9年)、30歳になったことを期に日記を没するまでつけはじめ、幅広い交友関係が窺われる。後年『劉生全集』や、『劉生日記』(各・岩波書店)にまとめられている。劉生を慕い、草土社の椿貞雄や横堀角次郎も鵠沼に住むようになり、中川一政らのように岸田家の食客となる若者もいた。1923年(大正12年)、関東大震災で自宅が倒壊し、京都に転居し後に鎌倉に居住。この鵠沼時代がいわば岸田劉生の最盛期であった。劉生の京都移住に伴い、草土社は自然解散の形になったが、劉生を含めメンバーの多くは春陽会に活動の場を移した。

1929年(昭和4年)、南満州鉄道(満鉄)の松方三郎の招きで生涯ただ一度の海外旅行に出かけ、大連奉天ハルビンなどに滞在する。帰国直後、同行の画商田島一郎に伴われ、田島の郷里山口県徳山(現・周南市)、三週間滞在した。

しかし、12月14日に体調不良を訴え、2日の16日に医者から慢性腎臓炎による視力障害と診断されるも、彼は腎臓だけでなく胃・肝臓・心臓までも病に侵されていた。 18日朝、彼は「暗い、目が見えない!」と訴え、日本画壇を支配していたフランス印象画の一画家をあげて「マティスの馬鹿野郎!」と叫び続けた。それから2日後の20日に、胃潰瘍尿毒症のため、多量の吐血とともに38歳で永眠した。墓所は多磨霊園にある。徳山市民館前庭に岸田劉生記念碑が、昭和46年(1971)12月4日建てられた。現在は、文化会館前庭になっている。武者小路実篤「岸田劉生終焉之街」、川端康成「美」、梅原龍三郎「一世の偉友劉生兄」と刻まれている。

当時から潔癖症で知られており、汚物が腕に付着したことがあった時には「腕を切り落とせ」と言い張り、周囲を困惑させたことがある。病的な神経質でもあり、くしゃみをすればアスピリンを服用し、寒い時には布団を五・六枚掛けたり、トイレでは紙を一丈使っていたという[3]。また、癇癪持ちで気に入らないことがあると当り散らすなど、社交的とはいい難い人物であった。

劉生が日本画家の甲斐庄楠音の作品を「デロリとした絵」と言ったことで、日本的な湿度のある退廃的な作品を「デロリ」と呼ぶようになったという。

晩年までパリに行くことが願望であったが、「パリに行った暁には、フランスの画家に絵を教えてやる」などと豪語していた。

代表作[編集]

道路と土手と塀(切通之写生)
作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 制作年 出品展覧会 サイン 備考
B.L.の肖像(バーナード・リーチ像) 油彩・キャンバス 額1面 61.5×46.0 東京国立近代美術館 1912年 第1回生活社展
道路と土手と塀(切通之写生) 油彩・キャンバス 額1面 56.0×53.0 東京国立近代美術館 1915年 第2回草土社展 重要文化財
古屋君の肖像 (草持てる男の肖像) 油彩・キャンバス 額1面 45.5×33.5 東京国立近代美術館 1916年 第3回草土社展
壺の上に林檎が載って在る 油彩・板 額1面 40.0×29.5 東京国立近代美術館 1916年 第3回草土社展
近藤医学博士之像 油彩・キャンバス 45.8×37.7 神奈川県立近代美術館 1925年 第3回春陽会展

麗子像一覧[編集]

童女図/麗子立像(1923年,神奈川県立近代美術館)
作品名 技法 形状・員数 寸法(縦x横cm) 所有者 制作年 出品展覧会 サイン 備考
麗子像(林檎を持てる麗子) インク、水彩・紙 26.0x16.0 ウッドワン美術館 1917年4月5日
林檎を持てる麗子 インク、水彩・紙 22.2x17.5 個人 1917年4月15日
麗子肖像(麗子五歳之像) 油彩作品・キャンバス 額1面 45.3×38.0 東京国立近代美術館 1918年10月8日 第6回草土社展
麗子之像 木炭、コンテ・紙 30.6x23.4 笠間日動美術館 1918年秋
麗子六歳之像 木炭、淡彩・紙 36.5x28.0 泉屋博古館分館 1919年2月5日
麗子六歳之像 水彩・紙 41.4×32.0 東京国立近代美術館 1919年3月7日 岩波茂雄旧蔵
麗子像 コンテ・紙 37.3x27.8 個人 1919年3月19日
林檎を持てる麗子 水彩、紙 38.2x28.3 メナード美術館 1919年3月25日
麗子像 木炭、クレヨン・紙 34.0x31.5 個人 1919年4月21日
村娘之図 木炭、パステル、水彩・紙 40.6x31.6 笠間日動美術館 1919年4月21日
麗子坐像 油彩・キャンバス 72.5x60.4 ポーラ美術館 1919年8月23日 第7回草土社展
麗子坐像 水彩・紙 51.8x34.5 個人 1920年1月16日
麗子坐像(人形持つ麗子坐像) 水彩・紙 34.5x47.5 ブリヂストン美術館 1920年1月28日
麗子立像 水彩・紙 49.5x33.5 長谷川町子美術館 1920年2月24-25日
麗子之像 木炭、水彩・紙 37.6x27.6 個人 1920年2月28日
麗子之像 水彩・紙 39.5x28.5 天一美術館 1920年3月1日
麗子肖像 コンテ、水彩・紙 51.0x34.8 個人 1920年8月21日
毛糸肩掛せる麗子肖像 油彩・キャンバス 45.2x38.0 ウッドワン美術館 1920年10月15日-11月10日
麗子微笑之立像 水彩・紙 50.5x34.2 メナード美術館 1921年4月3日
麗子洋装之像 木炭、水彩・紙 49.5x33.0 個人 1921年5月22日
麗子洋装之像 コンテ、水彩・紙 46.6x31.8 下関市立美術館 1921年8月31日
麗子洋装之図(青果樹持テル) 水彩・紙 50.6x34.6 豊田市美術館 1921年9月30日
麗子微笑像 水彩・紙 41.8x34.0 上原近代美術館 1921年10月1日
麗子微笑 油彩・キャンバス 額1面 44.2×36.4 東京国立博物館 1921年10月15日 重要文化財
麗子坐像(紫色毛糸洋服着たる麗子坐像) 水彩・紙 51.3x34.3 メナード美術館 1921年11月1日
麗子立像(未完) 油彩・キャンバス 58.5x43.2 下関市立美術館 1922年1月31日
麗子像 コンテ・紙 28.8×18.7 東京国立近代美術館 1921年頃
二人麗子図(童女飾髪図) 油彩・キャンバス 90.3x72.7 泉屋博古館分館 1922年3月21日 「壬戌春三月二十一日彼岸中日劉生写」
麗子像 テンペラ・キャンバス 41.0x31.9 ブリヂストン美術館 1922年3月28日
麗子微笑 水彩・紙 33.0x25.0 ポーラ美術館 1922年3月30日
野童女 油彩・キャンバス 64.0x52.0 神奈川県立近代美術館寄託 1922年5月20日 「学顔輝筆寒山図 岸田劉生写之 壬戌春五月廿日」
麗子之像 油彩・キャンバス 45.6x37.9 天一美術館 1922年11月2日
花持ち裸の麗子 墨画、淡彩・紙 60.0x37.0 下関市立美術館 1922年
裸の麗子 墨画、淡彩・紙 69.5x33.7 下関市立美術館 年代不明
麗子弾絃図 油彩・キャンバス 額1面 40.9×31.7 京都国立近代美術館 1923年1月28日 左上に「麗子弾絃図」、右上に「癸亥正月廿八日劉生写」
童女図(麗子立像) 油彩・キャンバス 53.3x45.7 神奈川県立近代美術館 1923年4月15日 第1回春陽会 「癸亥四月十五日劉生写 於鵠小画房」 脇村義太郎旧蔵
童女図 油彩・キャンバス 33.4x31.8 個人 1923年12月22日
寒山風麗子像 墨画、淡彩・紙 62.5x39.1 笠間日動美術館 1922年-23年
童女舞姿 油彩・キャンバス 91.0x53.1 大原美術館 1924年3月7日
麗子立像(未完) 油彩・キャンバス 80.5x60.5 個人 1924年4月9日
麗子遊戯図(未完) 油彩・キャンバス 90.5x60.2 個人 1925年2月9日
麗子十六歳之像 油彩・キャンバス 45.3x23.0 笠間日動美術館 1929年5月
麗子十六歳之像 油彩・キャンバス 47.2x24.8 ふくやま美術館 1929年6月
二人麗子図(童女飾髪図)岸田劉生筆1922

脚注[編集]

  1. ^ 岸田劉生の実家は、銀座2丁目にあった薬屋「楽善堂」。父 吟香の活躍ぶり! 中央区観光協会 2018年7月9日閲覧
  2. ^ 東松山市広報広聴課 (2017). “「特集 思索の道 高田博厚没後30年特別企画」”. 広報ひがしまつやま (6月号). http://www.city.higashimatsuyama.lg.jp/ikkrwebBrowse/material/files/group/8/2017_06_0207_2.pdf. 
  3. ^ 服部敏良『事典有名人の死亡診断 近代編』(吉川弘文館、2010年)102頁

著作文献[編集]

  • 『岸田劉生全集』全10巻、岩波書店、1979-80年
    • 『劉生日記』全5巻、岩波書店、1984年。全集の新訂版
  • 『劉生絵日記 新訂版』全3巻、龍星閣、1978-79年
  • 『美の本体』 講談社学術文庫、1985年
  • 『摘録 劉生日記』 酒井忠康編/岩波文庫、1998年
  • 『岸田劉生随筆集』 酒井忠康編/岩波文庫、1996年
  • 『岸田劉生美術思想集成』前篇・後篇、書肆心水、2010年

作品紹介・伝記[編集]

関連施設[編集]

関連人物[編集]

外部リンク[編集]