岸田麗子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

岸田 麗子(きしだ れいこ、1914年4月10日 - 1962年7月26日)は、日本の画家

画家岸田劉生の娘で、劉生の連作集「麗子像」(「麗子微笑」重要文化財東京国立博物館所蔵他)のモデル。母は岸田蓁。15歳で父を喪う。1937年武者小路実篤の新しき村で知り合った歯科医師の瀧本貞次郎と結婚し和歌山市に住んで、1940年娘夏子を儲け、ほか男児二人を儲ける。戦後は東京に住むが、瀧本と別れ、年下の臼井幸四郎と結婚、臼井は岸田姓を名のり作家となる[1]。40代で急逝した。

岸田夏子は油絵画家で、清春白樺美術館館長。

著書[編集]

  • 『父 岸田劉生』 雪華社、1962年。中公文庫、1987年

岸田幸四郎[編集]

1925年4月8日(戸籍では15日)-1989年2月21日東京高等師範学校国漢科卒。東京都立九段高等学校定時制教諭、成蹊高等学校教諭。同人誌『イワン』『断崖』、新しき村機関誌『この道』、成蹊学園雑誌などに小説・評論を発表[2]

著書[編集]

  • 『劉生・1925年』皆美社 1981
  • 『水色の朝 創作集』皆美社 1989

岸田夏子[編集]

著書

  • 『記憶の約束 岸田夏子画文集』求龍堂 2002
  • 『麗子と麗子像 肖像画の不思議』編・著 求龍堂 2009

脚注[編集]

  1. ^ 岸田夏子『麗子と麗子像』
  2. ^ 『劉生・1925年』著者紹介