メナード美術館

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Japanese Map symbol (Museum) w.svg メナード美術館
MENARD ART MUSEUM
Menard Art Museum.JPG
メナード美術館の位置(愛知県内)
メナード美術館
愛知県内の位置
施設情報
収蔵作品数 約1,400点
館長 相羽規充
管理運営 日本メナード化粧品株式会社
建物設計 東急建設株式会社
延床面積 1,499.77m2
開館 1987年昭和62年)10月28日
所在地 485-0041
愛知県小牧市小牧5丁目250番地
位置 北緯35度17分19.98秒 東経136度55分11.52秒 / 北緯35.2888833度 東経136.9198667度 / 35.2888833; 136.9198667座標: 北緯35度17分19.98秒 東経136度55分11.52秒 / 北緯35.2888833度 東経136.9198667度 / 35.2888833; 136.9198667
外部リンク museum.menard.co.jp
プロジェクト:GLAM
テンプレートを表示

メナード美術館(メナードびじゅつかん、英語表記:MENARD ART MUSEUM)は、愛知県小牧市にある美術館日本メナード化粧品創業者の野々川大介と夫人の野々川美寿子[1]が中心となって収集した美術コレクションをもとに建設された。印象派以降の西洋絵画、明治以降の日本人作家による日本画洋画を主体とする他、版画彫刻工芸などの近現代美術及び古美術等の約1,400点を収蔵する。建物の設計・施工は東急建設株式会社[2]2008年平成20年)5月から改修工事のため休館していたが、2009年平成21年)4月25日にリニューアルオープンした。

年表[編集]

主な収蔵作品[編集]

マネ『黒い帽子のマルタン夫人』 1881年
ゴッホ『一日の終わり(ミレーによる)』1889 - 1890年

西洋絵画[編集]

恋文 恋文〔1770~93頃〕

デズデモーナの殺害〔1866〕

サロメの舞踏〔1876頃〕

肖像〔1869〕

黒い帽子のマルタン夫人〔1881〕 杖を持つ男(ベラスケスによる)〔1865頃〕

踊り子たち〔1893~98頃〕

麦藁帽子をかぶった子供 〔1896~1902頃〕

夢想 〔1900~05頃〕

チャリング・クロス橋 〔1899〕

読書する女 〔1895〕

工場のある風景 〔1896~1906頃〕

石膏トルソ(女)〔1887~88〕 一日の終り(ミレーによる)〔1889~90〕

木陰のある浜辺〔1902〕

婦人像 〔1905頃〕

働く農夫〔1882~83〕 アンサンブル(サーカスの客寄せ) 〔1887〕

仮面の中の自画像 〔1899〕 オルガンに向かうアンソール 〔1933〕

ムーラン・ルージュの英国人 〔1892〕 マルセル・ランデール嬢〔1895〕

切片〔1929〕

青いジレを着たブロンドの女 〔1922〕 静物=りんごと水差し〔1931頃〕

森の小道〔1909〕

縫う女〔1925〕

コリウール風景〔1905~06頃〕 ヴェールをかぶった女 〔1942〕 ジャズ 〔1947刊〕 椅子の女〔1939〕

ダンス 〔1905頃〕

女曲馬師 〔1927〕 聖書風景〔1943~46〕 ミセレーレ〔1922~27/1948刊〕 サーカス(シュアレス版)〔1930〕 流れ星のサーカス〔1930~36/1938刊〕 パッション(受難)〔1930~36/1939刊〕 悪の華1936~38〔1936~38〕

プロポーズ〔1907〕

小船=オンダイユ〔1926〕

草刈機の馬〔1949〕

スタンディング・ボーイ スタンディング・ボーイ〔1913頃〕

花瓶の花 〔1905~06頃〕 雪景〔1945~50頃〕

二人の裸婦と風船 〔1905頃〕 道化師 〔1905~06頃〕

シシリー島風景〔1922〕

イエロー・ガール(帽子をかぶった婦人)〔1919〕 植物のシンボル 〔1938〕

ビリヤード〔1913~14〕

4人の自転車のり 〔1945〕

オルガ・ピカソの像 〔1918〕 静物=ローソク・パレットと牡牛の頭 〔1938〕 恋人たち〔1903~04〕 毛皮の襟をつけたオルガ〔1923/1930刷り〕 コップと酒壺〔1944〕 絵と横顔〔1964〕

青いテーブルクロス 〔1938〕 自転車 〔1952〕

教会 〔1913〕

ばら色のリボンの少女 〔1926〕

厩番の若者 厩番の若者〔1924〕

すみれ色の花 〔1943〕 夏=収穫と落穂拾い〔1975〕 アラビアン・ナイト(『アラビアン・ナイト』からの4つの物語)〔1946/1948刊〕 ダフニスとクロエ〔1957-60/1961刊〕 神々の大地で〔1967刊〕 サーカス〔1967刊〕

緑の袖の子ども(アントン・ペシュカ・ジュニア) 緑の袖の子ども(アントン・ペシュカ・ジュニア)〔1916〕

静物〔1953〕

花束 〔1918〕

カディエール・ダジュールのれんが〔1928〕

猫と紐 〔1925〕 絵画〔1930〕 女、星〔1942〕 女と鳥 〔1972〕

1948.5.19(屋上=セント・アイヴス)〔1948〕 1945(ペインティング)〔1945〕

裸婦〔1965〕

捧げもの〔1963〕

地平線〔1938〕 星座 〔1942〕 宴 〔1957〕

数の忘却〔1944〕

オペラ・グラフィカ(版画作品)〔1959~71/1972刊〕

曲芸師〔1954〕 王様(赤)〔1958~60頃〕

黄色い背景の静物 〔1953〕 黄色い瓶の中の花〔1954〕

ケネットの集会所〔1980〕

花 〔1964〕

石油ランプ 〔1951〕 コンフラン・サントノリーヌ〔1976〕

アブストラクト・ペインティングアブストラクト・ペインティング〔1992〕

日本画・日本洋画[編集]

工芸[編集]

彫刻[編集]

「接吻接吻」〔1886〕 「バルザック像(最終習作)」

「弓を引くヘラクレス弓を引くヘラクレス」〔1909〕 「スカーフを巻いたベートーヴェン」〔1891〕 「ぶどうを持つ女」〔1912〕

「イール・ド・フランスイール・ド・フランス」〔1925〕

「肘かけ椅子の裸婦」〔1924〕

「立像」〔1922〕

「青と赤の上に黒い円盤と黄と渦巻き」〔1960〕

「馬と騎手(街の守護神)」〔1949〕 「ウルリッヒ・ガッセルの肖像」〔1945〕 「手品師」〔1953〕

「小像(男)/小像(女)」〔1946頃〕

「霊亀随」〔1949〕 「蕉翁像」〔1951〕 「釣隠」〔1953〕

「栄螺」〔1930〕 「鯰」〔1931〕

「母と子(直立)」〔1978〕

「美しきエミーI」〔1962〕

「N嬢」〔1975〕 「道東の四季・春(エスキース)」〔1976〕 「S嬢」〔1986〕

「帽子・冬帽子・冬」〔1979〕 「ふざけっこ」〔1964〕 「マント」〔1968〕

「長い休止符」〔1993〕 「月の降る森」〔2012〕

利用者数[編集]

1年間で約8万人の利用者があった(2006年(平成18年)度)。[3]

所在地[編集]

愛知県小牧市小牧5丁目250番地

交通手段[編集]

関連資料[編集]

  • 『メナード美術館』メナード美術館編(1987年昭和62年))
  • 『Masterpieces from the Cllection of Menard Art Museum:1990 メナード美術館名作展』ブリヂストン美術館学芸部編(1990年平成2年))
  • 『メナード美術館所蔵名作選』メナード美術館編(1993年(平成5年))
  • 『美との語らい:メナード美術館コレクション』NHKエデュケーナル企画・制作、メナード美術館監修・発行(1995年(平成7年)) - 映像資料
  • 『MENARD ART MUSEUM』メナード美術館編(1997年(平成9年))
  • 『メナード美術館コレクション500』メナード美術館編集・発行(2009年(平成21年))

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 開館直前に急逝。
  2. ^ a b c 施設案内(メナード美術館) Archived 2008年10月14日, at the Wayback Machine.
  3. ^ 小牧市発行『ポケット統計 平成19年度』参照
[脚注の使い方]

外部リンク[編集]