舟越保武

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
舟越保武

舟越 保武(ふなこし やすたけ、1912年12月7日 - 2002年2月5日)は、日本の彫刻家佐藤忠良と共に戦後日本を代表する彫刻家新制作協会彫刻部創立会員。東京藝術大学名誉教授文化学院出身。

画家の妻道子との間に子供6人。次男の舟越桂や三男の舟越直木も彫刻家として活躍。娘の末盛千枝子末盛憲彦の妻)は、児童文学編集者で「すえもりブックス」経営者[1]

生涯[編集]

1912年岩手県二戸郡一戸町小鳥谷生まれ。父親が熱心なカトリック信者だった。県立盛岡中学校(現岩手県立盛岡第一高等学校)在学中(同期に松本俊介)に高村光太郎訳の「ロダンの言葉」に感銘を受け、彫刻家を志す。

1939年 東京美術学校(後の東京藝術大学)彫刻科を卒業[2]。このとき出会った佐藤忠良とは終生の友情を培うことになり、共に戦後の日本彫刻界を牽引していく。卒業後、独学で石彫をはじめ、数々の作品を発表して注目される。1950年、長男が生まれて間もなく急死したのを機に、自身洗礼を受けカトリックに帰依、キリスト教信仰やキリシタンの受難を題材とした制作が増える。

1967年から1980年は、東京芸術大学教授を務め、後に多摩美術大学教授を務めた。1986年に東京芸術大学名誉教授。1987年、脳梗塞で倒れ、右半身が不自由になったが、すぐにリハビリを開始。死の直前まで左手で創作を続けた。2002年2月5日多臓器不全で死去。89歳だった。

主な作品と受賞歴[編集]

ほかにも「聖クララ」、「聖セシリア」、「聖マリア・マグダレナ」、「たつ子像」(田沢湖畔に設置)、「ペトロ岐部神父の立像」などがある。

主な彫刻作品の設置場所[編集]

  • 「リンゴをもつ少年」 1965年 神戸市中央区海岸通6・「エスタシオン・デ・神戸」屋外
  • 「アンナ」 1969年 神戸市中央区海岸通6・「エスタシオン・デ・神戸」屋外
  • 「はばたき」 1973年 盛岡市内丸13番1号岩手県民会館屋外
  • 「LOLA」 1980年 神戸市中央区加納町6・神戸市庁舎1号館屋内
  • 「シオン」 1981年 神戸市中央区加納町6・県道30号線(フラワーロード)西側

著作・作品集[編集]

  • 「舟越保武 作品集」講談社、1982年。大著
  • 「巨岩と花びら 舟越保武画文集」筑摩書房、1982年/ちくま文庫、1998年
  • 佐藤忠良と対談「彫刻家の眼」講談社、1983年
  • 「素描 女の顔」講談社、1985年
  • 「ナザレの少年 新約聖書より」すえもりブックス、1986年、新版1994年
  • 「大きな時計」すえもりブックス、1992年
  • 「舟越保武 石と随想」求龍堂、2005年
  • 「舟越保武全随筆集 巨岩と花びら ほか」求龍堂、2012年。生誕100年出版
  • 「舟越保武 まなざしの向こうに」求龍堂、2014年。図録

脚注[編集]

  1. ^ 回想に『「私」を受け容れて生きる 父と母の娘』(新潮社、のち新潮文庫)。末盛千枝子 スエモリ・チエコ
  2. ^ 東京美術学校一覧 従昭和14年至昭和15年』 東京美術学校、1939年、175頁。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]