オディロン・ルドン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
オディロン・ルドン
Odilon Redon
Odilon Redon.jpg
『自画像』(1880年)オルセー美術館
生誕 Bertrand-Jean Redon
(1840-04-22) 1840年4月22日
フランスの旗 フランス王国 ボルドー
死没 1916年7月6日(1916-07-06)(76歳)
フランスの旗 フランス共和国 パリ
国籍 フランスの旗 フランス
著名な実績 画家
トルコ石色の花瓶の花(1911頃)個人蔵
ビーナスの誕生(1912)

オディロン・ルドンOdilon Redon1840年4月20日〈※異説では4月22日〉 - 1916年7月6日[1])は、19世紀後期から20世紀初期にかけて活動したフランス人画家である。本名 Bertrand-Jean Redon(ベルトラン=ジャン・ルドン)。ボルドーで生まれ、出生地および近郊の町で育つ。

生涯[編集]

オディロンは、1840年4月20日、南フランスの大都市ボルドーで生まれた。本名はベルトラン=ジャン・ルドン (Bertrand-Jean Redon) といい、ファーストネームの第一構成名「ベルトラン」は、父ベルトラン・ルドン (Bertrand Redon) のファーストネームを引き継ぐ形で命名された。しかし、もっぱら用いられたのは母マリーの通称「オディーユ (Odile)」に由来する愛称「オディロン (Odilon)」で、自他ともに終生この名を用いた。裕福な家庭であったが、生後2日目にしてボルドー近郊の町ペイル=ルバード(Peyre-Lebade. シャトー・ペイル=ルバード)へ里子に出され[2]、11歳までの少年期を寂しい田舎の地で親元を離れて過ごしたとされる。病弱で内向的な子供であったという。子供の頃から絵を描き始めるが、父親の意向もあって、建築家となるべくエコール・デ・ボザールの試験を受ける。しかし合格することは叶わず、建築の道は諦めざるを得なかった。なお、弟のガストン・ルドン英語版は長じて建築家となり、世に作品を残している。

20歳の頃、植物学者アルマン・クラヴォー(Armand Clavaud. 1828-90年)と知り合い、顕微鏡下の世界に魅せられるようになる。のちにオディロンが制作した版画には植物学の影響が見られる。版画集『夢の中で』はクラヴォーに捧げたものであった。

1864年パリに出てジャン=レオン・ジェロームに入門するも、数か月でやめ、ボルドーに戻って放浪のボヘミアン画家として知られた銅版画家ロドルフ・ブレダン英語版の指導を受ける。また、1878年頃にはアンリ・ファンタン=ラトゥールから石版画(リトグラフ)の指導を受けている。

1870年普仏戦争に従軍。1872年からパリに定住する。1879年、初の石版画集『夢の中で』を刊行した。

1880年、カミーユ・ファルグ (Camille Fargue) と結婚。1882年には、ル・ゴーロワ英語版新聞社で木炭画版画による個展を開催している。また、ユイスマンスらに注目されている。エドガー・アラン・ポーの作品を意識した2番目の石版画集『エドガー・ポーに』を刊行したのも、この年であった。

1886年には待望の長男ジャンが生まれるも、わずか半年で亡くなってしまい、オディロンの画風は以前にも増して鬱々としたものになっていった。ところが、3年後の1889年に次男アリが生まれたことで、オディロンの人生模様は一変する。画業についても明くる1890年頃から作風が大きく変化し、豊かな色彩を用いるものになった。

1904年、65歳の時には、レジオンドヌール勲章の受章者になった。1913年には、米国アーモリーショー(米国におけるヨーロッパ現代美術紹介の展示で、マルセル・デュシャンも出品していた)で1室を与えられ、展示した。

最晩年になって順風満帆な人生を終えると思われていたオディロンであったが、1916年風邪(感冒)をこじらせ、パリの自宅で命を落とした。第一次世界大戦が激化する中、兵士として招集されていた次男子アリ(この年に存命であれば27歳)が消息不明になってしまい、齢76の身でありながら愛息子の手掛かりを求めて方々を探し廻るうちに体調を崩してしまったという、哀しい最期であった。

題材と作風[編集]

オディロン・ルドンは印象派の画家たちと同世代であるが、その作風やテーマは大きく異なっている。光の効果を追求し、都会生活のひとこまやフランスのありふれた風景を主な画題とした印象派の画家たちに対し、ルドンはもっぱら幻想の世界を描き続けた。象徴派の文学者らと交友をもち、象徴主義に分類されることもあるが、19世紀後半から20世紀初頭にかけてという、西洋絵画の歴史のもっとも大きな転換点にあって、独自の道を歩んだ孤高の画家というのがふさわしい。

初の石版画集『夢の中で』の頃から当時の生理学や科学が投げかけていた疑問・問題意識である不確かな夢や無意識の世界に踏み込んだ作品を多く発表した。それらは断頭や目玉など、モノクロの版画であることもあって絶望感もある作品群であるが、人間の顔を具えた植物のようなものや動物のような顔で笑う蜘蛛など、どこか愛嬌のある作品も描いた。

鮮やかな色彩を用いるようになったのは50歳を過ぎてからのことで、油彩水彩パステルのいずれも色彩表現に優れているが、なかでも花瓶に挿した花を非常に鮮烈な色彩で描いた一連のパステル画が知られる。

日本国内では岐阜県美術館がルドン作品を数多く所蔵している。

代表作[編集]

版画集[編集]

作品[編集]

関連文献[編集]

自著
単行本

脚注[編集]

関連項目[編集]

  • 象徴主義
  • 世紀末芸術
  • 美術館のなかのひとたち - 黒田いずま作の美術館を舞台とした4コマ漫画。本作でルドンの作風の変貌がネタにされている。
  • 惡の華 - 押見修造作の漫画。ルドンの初期の版画が多く用いられている。