黒田嘉一郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
黒田 嘉一郎
生誕 黒田 嘉一郎(くろだ かいちろう)
(1905-08-13) 1905年8月13日
日本の旗
死没 1988年
居住 日本の旗 日本
研究分野 血液化学
研究機関 京城帝国大学
徳島医科大学(現徳島大学)、
徳島女子短期大学(現徳島文理大学
出身校 京城帝国大学卒業
主な受賞歴 徳島県文化賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

黒田 嘉一郎(くろだ かいちろう、1905年明治38年)8月13日 - 1988年昭和63年))は、日本医学者京城帝国大学卒業。息子は徳島大学医学部教授の黒田泰弘

経歴[編集]

京城帝国大学を卒業。1959年に徳島医科大学(現徳島大学)、徳島女子短期大学(現徳島文理大学短期大学部)で学長を歴任。

1975年坂口あさと共に第1回徳島県文化賞を受賞。徳島ペンクラブや四国文芸協議会では理事や会長を務めた。

著書[編集]

  • 『潜在性栄養失調症の研究―血液水分からみた国民栄養』(1952年医学書院
  • 『臨床家のための最新生理化学』(1957年、医学書院)
  • 『血液化学』(1963年朝倉書店
  • 『沖縄紀行』(1964年、真珠書院)
  • 『阿波踊り―随筆』(1966年、真珠書院)
  • 『電光板―随筆』(1968年、真珠書院)
  • 『血液水分の研究』(1969年、医学書院)
  • 『渭庵雑記』(1974年、出版)
  • 『健康管理と栄養』(1974年、出版)
  • 『研究と教育』(1975年、出版)
  • 『木彫師平賀石泉―その人と作品』(1976年、出版)
  • 『阿波文化―随筆』(1978年徳島出版

関連項目[編集]