多田小餘綾

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

多田小餘綾(ただ こゆるぎ、1907年4月27日 - 2008年4月6日)は、阿波踊りのおはやし「阿波よしこの」の歌い手である。また、お鯉さんの名で伝統文化の継承と「よしこの」の普及に貢献し続けた。徳島県徳島市富田町出身。徳島市名誉市民。とくしま市民遺産選定。

人物・生涯[編集]

日本コロムビア大阪支社ポリドール・レコードに所属していた。2006年に『お鯉〜唄声は時代を超えて〜』のCDが発売され、2007年には徳島県民栄誉賞を受賞し、自身が目標としていた「100歳での現役よしこの歌手」を実現する。

2008年4月6日6時40分、老衰のため死去。享年102(100歳没)。晩年は公演時に車椅子で移動する姿が多くみられていた。死の前日には家族で花見を行い、夕飯ののち日課の体操を終え、就寝後そのまま文字通り眠るように死去したとみられている[1]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ お鯉さん死去 100歳、「よしこの」普及に尽力”. 徳島新聞WEBニュース (2008年4月6日). 2008年4月23日閲覧。

外部リンク[編集]