鈴木漠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

鈴木 漠(すずき ばく、本名:鈴木 鉄治郎、1936年昭和11年)10月12日 - )は、徳島県徳島市出身の詩人

経歴[編集]

徳島県徳島市に生まれ、戦時疎開により剣山の麓、かずら橋と落人伝説で知られる祖谷郷に幼少年時を過ごす。1957年(昭和32年)に神戸市に移り海運会社に奉職した。1959年(昭和34年)に岡田兆功、平岡史郎、藤村壮と共に詩誌「海」を創刊。1980年(昭和55年)に詩集『投影風雅』で第14回日本詩人クラブ賞を受賞し、1989年平成元年)に連句集『海市帖』で第2回連句協会推薦図書表彰、1994年(平成6年)に第18回井植文化賞受賞、2002年(平成14年)に第28回徳島県文化賞を受賞。

作品[編集]

詩集[編集]

連句集[編集]

受賞[編集]

  • 第14回日本詩人クラブ賞(1980年
  • 第2回連句協会推薦図書表彰(1989年
  • 第18回井植文化賞文化芸術部門(1994年
  • 第28回徳島県文化賞(2002年

関連項目[編集]