黒上泰治

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
黒上 泰治
生誕 黒上 泰治(くろかみ たいじ)
(1887-10-20) 1887年10月20日
日本の旗 徳島県松茂町
死没 (1974-12-02) 1974年12月2日(87歳没)
居住 日本の旗 日本
研究分野 園芸学
研究機関 京城帝国大学
千葉高等園芸学校
宇都宮高等農林学校
香川県立農科大学
香川大学
徳島文理大学
出身校 東京帝国大学卒業
主な受賞歴 徳島県文化賞
プロジェクト:人物伝
テンプレートを表示

黒上 泰治(くろかみ たいじ、旧姓:三木、1887年明治20年)10月20日 - 1974年昭和49年)12月2日)は、日本農学者徳島県松茂町出身。東京帝国大学(現東京大学)卒業。

経歴[編集]

大阪府神奈川県の農事試験場長などを歴任し、1929年千葉高等園芸学校(現在の千葉大学)教授に就任。

第二次世界大戦後の1945年宇都宮高等農林学校校長に就任。1948年に旧制香川県立農業専門学校の校長に就任。その後、香川大学農学部の初代学部長となる。1953年に香川園芸研究協議会の初代会長に就任。また1961年から1971年まで徳島文理大学で学長を務めた。

著書[編集]

  • 『果樹園芸新講』(1948年朝倉書店
  • 『果樹園芸各論〈上巻〉』(1956年養賢堂
  • 『傾斜地果樹園芸―栽培・経営』(1962年、養賢堂)
  • 『果樹園芸各論〈中巻〉』(1962年、養賢堂)
  • 『果樹園芸各論〈下巻〉』(1965年、養賢堂)
  • 『スダチの研究―第1-3報』(1966年、谷中登希男)
  • 『クダモノ・四季―随筆』(1970年徳島県教育会出版部)
  • 『すだち』(1970年、徳島県教育会出版部)

関連項目[編集]