大江巳之助 (4代目)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

大江 巳之助(おおえ みのすけ、本名:大江 武雄、1907年明治40年)5月4日 - 1997年平成9年)1月24日)は、徳島県鳴門市出身の人形製作者。撫養中学(現徳島県立鳴門高等学校)中退。

2009年現在、文楽で用いられている人形の首(かしら)の大部分は彼が製作したものである。

経歴[編集]

板野郡大津村大代(現鳴門市大津町大代)の人形師の二男として生まれる。1930年(昭和5年)に人形師見習いとして大阪文楽座に入る。同年8月に美之助(のちに巳之助)四代目大江巳之助を襲名。

1969年に学術功労者として徳島県知事表彰、1971年紫綬褒章1974年に第十回キワニス文化賞、1976年吉川英治文化賞徳島県文化賞1982年勲四等瑞宝章1988年に文楽協会功労者表彰、1990年に国際ソロプチミスト千嘉代子賞、第三回文化庁長官賞、鳴門市市民栄誉賞など、数々の賞を受賞している。

親族[編集]

出典[編集]

  1. ^ おおえまさのり『木偶の舞う夢―最後の文楽人形師大江巳之助の世界』共同プレス、1998年

関連項目[編集]

外部リンク[編集]