長尾弘子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

長尾 弘子(ながお ひろこ、1930年5月6日 - )は、日本画家徳島県徳島市出身。徳島市立高等女学校(現徳島市立高等学校)卒業。

経歴[編集]

1939年に和田青華のもとで日本画を学び、1946年には徳島市立高等女学校にて高岡何有に師事。その後、第1回徳島県展初出品で特選となって以降、特選を重ね、現在は特別出品となる。

1993年そごう徳島店美術画廊にて個展を開く。2010年徳島県郷土文化会館にて画業70年を記念した個展「日本画展-この道七十年のあしあと」を開く。

2001年徳島新聞文化賞、徳島県文化賞、地域文化功労者文部科学大臣表彰を受賞。

作品[編集]

  • 『秋』(第1回徳島県展特選、行方不明)
  • 『茄子』(第2回徳島県展特選)
  • 『四国霊場立江寺観音堂天井画』(1976年昭和51年)、立江寺
  • 『四国霊場立江寺方丈襖絵』(1997年平成9年)、立江寺)