おおえまさのり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

おおえ まさのり1942年 - )は、日本作家翻訳者映像作家

来歴[編集]

徳島県鳴門市に人形製作者大江巳之助の長男として生まれる[1]京都学芸大学(現・京都教育大学)特修美術学科卒業。

1965年より1969年まで、ニューヨークで映画を制作する。1971年インドを旅しチベット仏教を知り、「チベットの死者の書」を翻訳し出版する[2]。以後、精神世界ニューエイジに関わる様々な企画・出版・学塾に従事する。

1988年8月に八ヶ岳で開催された「いのちの祭り」[3]2000年8月に長野県大町市で開催された「いのちの祭り2000」の実行委員長を務めた[4]。いちえんそう主宰。

主な作品[編集]

著書[編集]

  • 空なるものの愛に捧げる詩(講談社、1974)
  • 存在の楽書(西北社、1983)
  • カントリー ダイアリー(西北社、1985)
  • 宇宙卵の割れる時(講談社、1985)
  • 超死考(地湧社、1987)
  • ガイア(現代書館、1991)
  • スピリットの森から(柏樹社、1992)
  • チベットの死者の書99の謎 (二見文庫、1994)
  • 木偶の舞う夢(共同プレス、1998)
  • 宇宙の見る夢(雲母書房、1999)
  • 魂の源境へ(出帆新社、2002)
  • 夢見る力(作品社、2006)
  • 未来への舟(いちえんそう、2012)
  • 魂のアヴァンギャルド(街から舎、2013)

訳書[編集]

  • チベットの死者の書(講談社、1974)
  • チベットの偉大なヨギーミラレパ(めるくまーる、1980)
  • ミラレパの十万歌(いちえんそう、1983)
  • 南インドの瞑想 - ラマナ・マハリシとの対話(大陸書房、1983)
  • クリシュナムルティの神秘体験 (めるくまーる、1985年)

絵本[編集]

  • じゃんぴんぐまうす(いちえんそう、1880)

映像[編集]

  • NO GAME - Pentagon Confrontation(1967年10月21日の記録映画16ミリドキュメンタリー・B/W 17分)
  • HEAD GAME(1967年4月のBE-INの記録映画16ミリドキュメンタリー・カラー10分)
  • GREAT SOCIETY(16ミリドキュメンタリー・フィルム6本によるマルチスクリーン上映・カラー17分、1967)
  • Salome's Child(16ミリ・カラー10分、1967)
  • Between the Frame(16ミリ・カラー10分、1967)
  • 天路遍歴の神話(16ミリ・カラー・10分、1970)
  • 空なるものの愛に捧げる詩(16ミリ・カラー・60分、1971)
  • リンガラジャ(1971)

エピソード[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 山梨日日新聞』1999年7月28日、9面
  2. ^ 日外アソシエーツ『現代日本人名録'98』1998
  3. ^ ONE LOVE Jamming『NO NUKES ONE LOVE』プラサード書店(発売星雲社)、1990
  4. ^ 雑誌『気の森』18号、BABジャパン、1998
  5. ^ おおえまさのり『魂の源境へ』出帆新社、2002
  6. ^ 『山梨日日新聞』1999年7月28日、9面
  7. ^ サイケデリックとチベットと自然農(RICE PAPER 88)”. 2015年2月8日閲覧。

参考文献[編集]

関連事項[編集]

外部リンク[編集]