ななおさかき

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

ななお さかき(ナナオ サカキ、本名・榊七夫、男性、1923年 - 2008年12月24日)は、日本の放浪者、詩人鹿児島県出身だが、晩年は伊豆半島や長野県で、ヒッピー的な生活を送っていた。

来歴[ソースを編集]

1923年鹿児島県生まれ。第2次世界大戦での海軍体験(レーダー基地勤務)を経て、様々な職業(出版社社長秘書、旋盤工など)を遍歴後、放浪者として日本、世界を放浪する。1960年代後半に新宿で、山尾三省長沢哲夫らとともに、コミューン「部族」をはじめる。地球を家とする放浪を通して、アレン・ギンズバーグゲーリー・スナイダービートニクの代表的詩人、おおえまさのりらと知り合う。自然保護活動にも早くから関わり、独自の方法で現代社会に警鐘を鳴らしたヒッピー詩人である。2008年12月24日長野県下伊那郡大鹿村にて死去。

主な出版作品[ソースを編集]

著書[ソースを編集]

  • 犬も歩けば(野草社、1983)
  • 地球B[1](スタジオリーフ、1989)
阪神淡路大震災のボランティア活動家を通して[2]有名になった詩「いつも泥足」の原作[3]を所収
NHKテレビ「プロジェクトX」シリーズの「ナホトカ号重油流出、日本海30万人の闘い」(1996年1月[4]
内田ボブ作曲の「Go With Muddy Feet」の楽譜を所載。
  • ココペリ(スタジオリーフ、1999)
  • ココペリの足あと(スタジオリーフ、2010)

訳書[ソースを編集]

英語→日本語

日本語→英語

  • 一茶俳句 INCH by INCH(Tooth of Times、N.Mexico、1985)

英語の本[ソースを編集]

  • BELLYFULLS(Toad Press、1966)
  • REAL PLAY(Tooth of Time Books、1981)
  • Break the Mirror(North Point Press、1987)
  • Let's Eat Stars(Blackberry Books、1997)
  • Inch By Inch: 45 Haiku By Issa(LA ALAMEDA PR、1999)
  • NANAO or NEVER(Blackberry Books、2000)
  • Selected Poems & One Play of Nanao Sakaki(University Essex、1999)

フランス語の本[ソースを編集]

  • Casse Le Miroir(Patrice Repusseau 訳、Mai Hors Saison、1990)

チェコ語の本[ソースを編集]

  • Z'eme B(Jirka Wein 訳、Odeon、1991)

スペイン語の本[ソースを編集]

  • 地球B(スペイン語のタイトルは不明)(Daniel Moyano訳、Vanguard、Madrid、1992)

中国語の本[ソースを編集]

  • 地球B(羅靑訳、台北、1992)

エピソード[ソースを編集]

  • アレン・ギンズバーグは、ななおさかきを讃える詩を残した[5]
  • 雑誌 PAPER SKY No.28[6]に、ななおさかきの詩は世界17カ国で翻訳されているとあるが、確認がとれているのは、日本語、英語、フランス語、チェコ語、スペイン語、中国語[7]の6ヶ国語。また、ココペリ[8]の巻末には、イタリア、スロベニア、ギリシャ、ネパール、インドの各国語翻訳が進行中と書かれているが、正確な情報は不明。

脚注[ソースを編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 誤って「地球β」としている文献もある。
  2. ^ 全国的に有名になったのは、壁に貼ってあったこの詩(若干語句が異なる)の写真が全国紙に掲載されてからである。
  3. ^ 1983・10北海道忠別川
  4. ^ Studio REAF 2003年のニュース・トピックス 「いつも泥足」on 「プロジェクトX」
  5. ^ 都丸修一「風を食べて、歩け、歩け」『朝日新聞 』、2002年3月31日
  6. ^ 角野淳「森を歩いてますか、君は?」『PAPER SKY No.28』ニーハイメディア・ジャパン、2009年
  7. ^ ナナオサカキ『地球B』スタジオリーフ、1989
  8. ^ ナナオサカキ『ココペリ』スタジオリーフ、1999

参考文献[ソースを編集]

  • 都丸修一「風を食べて、歩け、歩け」『朝日新聞 』、2002年3月31日
  • 角野淳「森を歩いてますか、君は?」『PAPER SKY No.28』ニーハイメディア・ジャパン、2009年、(2015年1月18日閲覧)
  • 角野淳「大正生まれのビートニクは今も歩き続け、森を想う」『planted #9』毎日新聞社、2009年1月20日
  • 「特集・ななおさかきの地球B」『現代詩手帖思潮社 2010年10月、100-122頁

関連項目[ソースを編集]

外部リンク[ソースを編集]