宮田まゆみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

宮田まゆみ(みやた まゆみ、1954年4月1日 - )は、東京都出身の奏者。国立音楽大学客員教授

国立音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業[1]後、雅楽を学び、1979年より国立劇場の雅楽公演に出演。1983年より笙のリサイタルを行って注目を集め、1987年に芸術選奨新人賞を受賞。その後も、東洋の伝統楽器「笙」を国際的に広めるために活動している。

古典的な演奏の他に、オーケストラとの共演や、現代音楽にも取り組み、笙の音色を通じて、多彩な音楽表現を追求している。1998年の長野オリンピック開会式では「君が代」の演奏を行った。

メディア出演[編集]

受賞歴[編集]

参考資料[編集]

  • 「邦楽ジャーナル」

脚注[編集]

  1. ^ 宮田まゆみ”. 文化庁文化交流使. 2017年2月10日閲覧。
  2. ^ “ジャンルに留まらない部類の表現力”で、平幹二朗が松尾芸能賞大賞受賞”. ステージナタリー (2016年2月16日). 2016年2月16日閲覧。

外部リンク[編集]