西丸與一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

西丸 與一(にしまる よいち、1927年 - )とは、日本の医師法医学者作家横浜市立大学名誉教授。「ぱしふぃっくびいなす船医監察医

人物[編集]

東京都出身。横浜医科大学卒業。1954年から1992年まで横浜市立大学医学部に勤務し、法医学を担当。3期、6年間同医学部長を務めた[1]。 1950年から神奈川県監察医の任にもあたり[1]、数多くの事故、事件の検死解剖、鑑定にも携わった。その体験を書いた『法医学教室の午後』正(1982年、朝日新聞社出版局、のち朝日文庫)・続(1984年、朝日新聞社出版局、のち朝日文庫)は、1985年、1986年と日本テレビ系列でTVドラマになった。同シリーズの続編として『法医学教室との別れ』(1992年、朝日新聞社)がある。2014年12月より、神奈川新聞で「わが人生」[2]を連載。

略歴[編集]

主な経歴は以下のとおり[1]

  • 1950年5月 - 神奈川県監察医
  • 1961年3月 - 横浜市立大学 医学博士 論文の題は「モルヒネの排泄に関する研究 」
  • 1973年3月 - 横浜市立大学医学部法医学講座教授
  • 1977年6月 - 横浜市予防接種事故対策調査委員
  • 1981年4月 - 横浜市立大学医学部長・大学院医学研究科長
  • 1992年4月 - 横浜市総合保健医療センター長、横浜市総合保健医療財団常務理事
  • 1984年4月 - 文部省「医学教育の改善に関する調査研究協力者会議」委員
  • 1984年2月 - 文部省学術審議会専門委員
  • 1992年 - テレビ神奈川TVグラフィックおしゃべりトマトコメンテーター

監察医として係わった事件[編集]

大学退官後[編集]

大学退官後、自ら横浜市に働きかけて横浜市総合保健医療センターの立ち上げに係わり、その施設長を1998年5月まで務めた。その後、日本クルーズ客船のクルーズ客船「ぱしふぃっくびいなす」の船医となった(2014年3月引退[3])。

受賞・栄誉[編集]

主な受賞等は以下のとおり[1]

出演番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d e f g 医療:法医学の向上と啓蒙:西丸與一”. 横浜市 (1997年). 2009年12月28日閲覧。
  2. ^ 神奈川県に縁が深い著名人が自ら半生を振り返る連載。
  3. ^ 87歳の“名誉船医”が引退 人生はヨットに似て”. 神奈川新聞 (2014年). 2015年2月3日閲覧。

外部リンク[編集]