加藤祐三

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

加藤 祐三(かとう ゆうぞう、1936年 - )は、日本歴史学者横浜市立大学都留文科大学名誉教授。専門は日本近代史・近代アジア史。

横浜市立大学教授を経て、同大第14代学長(1998~2002年)[1]国際日本文化研究センター客員教授都留文科大学第12代学長(2010~2014年)[2]を歴任。

経歴[編集]

  • 1960年 東京大学文学部卒業
  • 1966年 東京大学大学院人文科学研究科東洋史学専攻博士課程中退
  • 1966年 東京大学東洋文化研究所助手
  • 1973年 横浜市立大学文理学部助教授
  • 1982年 横浜市立大学文理学部教授
  • 1995年 横浜市立大学国際文化学部教授(学部長や大学院国際文化研究科長などを歴任)
  • 1998年 横浜市立大学学長
  • 2002年 横浜市立大学名誉教授
  • 2005年 国際日本文化研究センター客員教授
  • 2010年 都留文科大学学長
  • 2014年 横浜文化賞受賞、瑞宝中綬章受章
  • 2015年 都留文科大学名誉教授

著書[編集]

単著[編集]

  • 『中国の土地改革と農村社会』(アジア経済研究所、1972年)
  • 『紀行随想 東洋の近代』朝日選書、1977年
  • 『現代中国を見る眼』講談社現代新書、1980年
  • 『イギリスとアジア 近代史の原画』岩波新書、1980年
  • 『黒船前後の世界』岩波書店、1985年/ちくま学芸文庫、1994年 
  • 『世界の歴史 17 東アジアの近代』講談社、1985年
  • 『黒船異変―ペリーの挑戦』岩波新書、1988年/単行判「岩波新書の江戸時代」、1993年
  • 『日本文明史 7 地球文明の場へ 新しい旅立ち』角川書店、1992年 
  • 『世界繁盛の三都―ロンドン・北京・江戸』日本放送出版協会〈NHKブックス〉、1993年
  • 『幕末外交と開国』ちくま新書、2004年/講談社学術文庫、2012年
  • 『開国史話』神奈川新聞社:選書判、2008年
  • 『学長ブログ 2011~2014』都留文科大学

共著・編著[編集]

  • 『広島・アウシュビッツ 平和行進青年の記録』梶村慎吾共著、弘文堂 1965年
  • 『アジアの都市と建築 29exotic asian cities』鹿島出版会、1986年
  • 『中国 地域からの世界史』 森正夫共著 (朝日新聞社 1992年)
  • 『近代日本と東アジア 国際交流再考』 筑摩書房、1995年
  • 『世界の歴史25 アジアと欧米世界』川北稔共著(中央公論社、1998年/中公文庫、2010年)

訳書[編集]

  • 『翻身 ある中国農村の革命の記録』W.ヒントン著(全2巻、共訳、平凡社 1972年)
  • 『鉄牛 中国の農業革命の記録』W.ヒントン著(赤尾修共訳、平凡社、1976年)

脚注[編集]

  1. ^ 横浜市立大学”. 2015年9月23日閲覧。
  2. ^ 都留文科大学”. 2015年9月23日閲覧。

参考[編集]

  • 『現代日本人名録』2002年
  • 『読売年鑑 2014』