下泉重吉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

下泉重吉(しもいずみ じゅうきち、1901年1月25日 - 1975年12月21日)は、日本の動物学者東京教育大学教授、都留文科大学学長を務めた。理学博士。

人物[編集]

主として動物の冬眠について研究をおこなった。またヤマネの生態について明らかにし飼育に成功する。日本生物教育学会を創設し、理科教育や環境教育、自然保護思想についての振興につとめた。後に同会名誉会長。

著書[編集]

  • 『学生の生物実験』
  • 下泉重吉、種村ひろし『池と小川の動物』誠文堂新光社、1952年。NCID BB11564100
  • 下泉重吉、丸本喜一『教師のための自然観察』河出書房、1956年。NCID BN14849939
  • 下泉重吉『動物の解剖 2版』紀元社出版、1965年。NCID BN08111703

論文[編集]

関連項目[編集]

  • 湊秋作 - ヤマネ研究の第一人者。関西学院大学教授。下泉が学長時の都留文科大学卒業生であり,在学中研究の指導を行う。