山梨県立臨時教員養成所

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

山梨県立臨時教員養成所(やまなしけんりつりんじきょういんようせいじょ)は、山梨県都留市上谷264に設置された教員養成所である。略称は「谷村臨教」。1955年4月1日に改組転換し都留短期大学となる。現在は、都留文科大学となっている。

概要[編集]

養成所全体

同名の教員養成所は1919年に山梨県旧広里村の旧制都留中学校内に設置された。1945年に一時廃止となったが,僻地での深刻な教員不足に対応すべく新たに1953年,山梨県旧谷村町上谷に臨時教員養成所が設置された。養成所は1955年3月に71名の卒業生を輩出し閉所された。同年4月、市町村合併により誕生した都留市に山梨県から移管され都留短期大学として養成所を改組転換され開学した。養成所は,郡内地域の教員不足に貢献し、その役割は都留短期大学へと受け継がれることとなった。

校風および特色

入学資格は高等学校卒業以上で,修業年限1カ年・定員50名以内。授業料は無償で一切徴収しなかった。

沿革[編集]

  • 1919年 都留中学校内に山梨県立臨時教員養成所が創設される。
  • 1945年 教員養成所閉鎖。
  • 1953年 谷村高等学校の旧谷村高等女学校旧校舎において山梨県立臨時教員養成所が設置される。
  • 1955年 山梨県立臨時教員養成所を発展改組して都留短期大学を設置。経営母体を山梨県から都留市へ転換。

基礎データ[編集]

所在地[編集]

閉所後も都留短期大学の部が同地におかれた。

  • 山梨県都留市上谷264

取得資格について[編集]

教職課程

関係者[編集]

  • 田中哲雄-養成所所長,山梨県教育長と兼任。
  • 山口幸之助-次長,実質上の所長職を担っていた。
  • 小田和金貞-教務課長。都留短期大学教授,都留文科大学副学長,文学部長を歴任。自身も山梨県立臨時教員養成所の卒業生。

他に専任教員が2名と非常勤講師24名で教職員は構成された。

施設[編集]

キャンパス[編集]

山梨県立谷村高等学校の木造校舎を間借りして開所され、都留文科大学が現在地に移転するまで使用された。

参考文献[編集]

  • 『山梨県政百年史』
  • 『山梨県教育百年史』
  • 『都留文科大学記念誌』(1989年発行)
  • 『都留文科大学記念誌』(2003年発行)

関連項目[編集]