都留短期大学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
都留短期大学
大学設置 1955年
創立 1953年
学校種別 公立
設置者 都留市
本部所在地 山梨県都留市上谷264[1]
学部 初等教育科
商業科
ウェブサイト 都留短期大学公式サイト
テンプレートを表示

都留短期大学(つるたんきだいがく)は、山梨県都留市上谷264[1]に本部を置いていた日本公立大学である。1955年に設置された。大学の略称は都留短。学生募集は1959年度まで。1960年度より都留文科大学の設置により短期大学は学生募集を停止し、1961年7月8日廃止[2]

概要[編集]

大学全体[編集]

教育および研究[編集]

  • 起源となっている教員養成所を改組転換して誕生したことから、とりわけ教員養成には力を入れていた様子がうかがえる。

学風および特色[編集]

  • 大月短期大学とともに、同年に山梨県内で設置された公立短大となっている。
  • 当時、入学者の出身地は奈良県を除いて日本全国の各都道府県におよんでいた[3]

沿革[編集]

  • 1953年 山梨県立臨時教員養成所が創設される。
  • 1955年 山梨県立臨時教員養成所を発展改組して都留短期大学を設置。経営母体を山梨県から都留市へ転換。
    • 初等教育科
    • 商業科
  • 1959年度をもって学生募集を終了。
  • 1961年7月8日廃止[2]

基礎データ[編集]

所在地[編集]

  • 山梨県都留市上谷264[1]

教育および研究[編集]

組織[編集]

学科[編集]

  • 初等教育科
  • 商業科

専攻科[編集]

  • なし

別科[編集]

  • なし

取得資格について[編集]

教職課程

年度別学生数[編集]

  • 1958年度以降はその該当年度の5月1日時点でのデータである。
- 初等教育科 商業科[4] 出典
入学定員 50 50 -
総定員 100 100 -
1955年 男45
女48
男14
女7
[3]
1956年 - 1957年 不明 不明 [5]
1958年 男115
女109
男58
女4
[6]
1959年 男129
女148
男45
女7
[7]
1960年 男65
女81
男21
女4
[8]
1961年 - - [9]

学生生活[編集]

学園祭[編集]

  • 都留短期大学の学園祭は、設置の翌年である1956年に初めて催された[3]

大学関係者と組織[編集]

大学関係者一覧[編集]

都留文科大学の人物一覧

大学関係者[編集]

歴代学長

施設[編集]

キャンパス[編集]

参考文献[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 後身である都留文科大学は現在、山梨県都留市田原3丁目8-1に本部を置いている。
  2. ^ a b 平成23年度『全国短期大学高等専門学校一覧』248頁より。
  3. ^ a b c d e f 都留文科大学創立三十周年記念事業実行委員会編 『都留文科大学記念誌』(1989年10月発行)より。
  4. ^ 各年度版『全国学校総覧』(以下『総覧』と略する。)では、「商経科」と表記されている。
  5. ^ この年度における『総覧』が存在しないため。
  6. ^ 昭和34年度版『総覧』16頁
  7. ^ 昭和35年度版『総覧』14頁
  8. ^ 昭和36年度版『総覧』18頁
  9. ^ 昭和37年度版『総覧』18頁

関連項目[編集]

関連サイト[編集]