盛里村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
もりさとむら
盛里村
廃止日 1954年4月29日
廃止理由 新設合併
谷村町宝村盛里村禾生村東桂村都留市
現在の自治体 都留市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 中部地方甲信越地方
甲信静地方関東地方
都道府県 山梨県
南都留郡
総人口 2,281
国勢調査1950年
隣接自治体 南都留郡谷村町、禾生村、秋山村道志村
北都留郡猿橋町
盛里村役場
所在地 山梨県南都留郡盛里村
 表示 ウィキプロジェクト

盛里村(もりさとむら)は山梨県南都留郡にあった。現在の都留市東部にあたる。「盛里村」という地名は、1875年(明治8年)の朝日曽雌村・朝日馬場村・与縄村の3村合併に際して村勢の繁栄を願ってつけられたという説[1]と、護良親王ゆかりの地故に「護里」としたらどうかとの案が出たが、其れは余りにも恐れ多いため「盛」に落ち着いたという説[2]など、諸説ある。

地理[編集]

  • 山 : 高畑山、赤鞍ヶ岳、菜畑山 
  • 川 : 朝日川、大平川

歴史[編集]

1681年延宝9年)諸国と同様郡内は凶作におそわれた[3]。特に風水害は酷く、領主秋山喬朝の措置を不十分とする郡内19村惣百姓代表7名が越訴という手段で江戸町奉行に訴えた。代表者7名は町奉行から秋元氏に引き渡され、2月25日処刑された[4][3]。金井用津院や盛里村にはこのときの処刑者を弔う六地蔵が現存している[3][5]

朝日曽雌村[編集]

  • 1669年寛文9年) - 朝日七郷と称し、朝日馬場・朝日小沢・与縄・井倉・玉川・戸沢とともに一村であったが、検地を契機にして分村[6]

朝日馬場村[編集]

合併前の朝日馬場村は、桂川の支流朝日川の上流を挟む山間に位置する。1669年寛文9年)の検地までは朝日小沢・朝日曽雌・戸沢・玉川・井倉・与縄とともに朝日村の一部であったが、検地に際して分離し朝日馬場村と称した。1875年(明治8年)近村合併により盛里村の一部となった[7]。朝日馬場の地名の由来として、護良親王の家臣である、馬場三郎兵衛が雛鶴姫を警護してこの地に安住するようになり、人名を地名として呼ぶようになった説と修験・山伏の留まる場としての「番場」が転じて馬場となった説など、諸説ある[8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

参考文献[編集]

  • 角川日本地名大辞典 19 山梨県
  • 都留市郷土研究会 『都留市地名事典』、2012年3月 
  • 清水正賢 (2004-03). “「盛里地域の地名」”. 郡内研究 (都留市郷土研究会) (14).  
  • 『目で見る都留市の歴史』 都留市教育委員会、レオンプリント社、1990年
  • 内藤恭義、羽田富士男 『都留市歴史資料集(一)』 佐野印刷、1975年
  • 『都留市史 通史編』 都留市史編纂委員会、株式会社きょうせい、1996年
  • 『都留市史(資料編)都留郡村絵図・村明細帳・集』 都留市史編纂委員会、1988年3月31日

関連項目[編集]