久保木哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

久保木 哲夫(くぼき てつお、1931年2月27日 - )は、日本国文学者中古文学)、都留文科大学名誉教授。

略歴[編集]

東京生まれ。1954年東京教育大学文学部国語国文学科卒業。都留文科大学助教授教授、1995年定年退官、名誉教授東京家政学院大学教授、1996年都留文科大学学長、2002年退任。同じく国文学者日本大学教授の久保木秀夫は子息。

著書[編集]

  • 『平安時代私家集の研究』笠間書院 1985
  • 『折の文学 平安和歌文学論』笠間書院 2007
  • 『うたと文献学』笠間書院 2013

共編著・校注[編集]

脚注[編集]


参考文献[編集]