久保木哲夫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

久保木 哲夫(くぼき てつお、1931年2月27日 - )は、日本国文学者(中古文学)、都留文科大学名誉教授。

略歴[編集]

東京生まれ。1954年東京教育大学文学部国語国文学科卒業。都留文科大学助教授、教授、95年定年退官、名誉教授、東京家政学院大学教授、1996年都留文科大学学長、2002年退任。同じく国文学者で日本大学教授の久保木秀夫は子息。

著書[編集]

  • 『平安時代私家集の研究』笠間書院 1985
  • 『折の文学 平安和歌文学論』笠間書院 2007
  • 『うたと文献学』笠間書院 2013

共編著・校注[編集]

  • 四条宮下野集 本文及び総索引』編 笠間書院 笠間索引叢刊 1970
  • 『完訳日本の古典 第27巻 堤中納言物語 無名草子稲賀敬二共校注・訳 小学館 1987
  • 伊勢大輔集注釈』校注・訳 貴重本刊行会 私家集注釈叢刊 1992
  • 和泉式部集全集 本文と総索引』伊藤博共編 貴重本刊行会 1994
  • 康資王母集注釈』花上和広共校注・訳 貴重本刊行会 私家集注釈叢刊 1997
  • 『新編日本古典文学全集 40 松浦宮物語 無名草子』樋口芳麻呂共校注・訳 小学館 1999
  • 『古筆手鑑 宮内庁書陵部蔵』編集委員 貴重本刊行会 古筆手鑑叢刊 1999
  • 『国文学解釈と鑑賞別冊 源氏物語の鑑賞と基礎知識 行幸・藤袴』編 至文堂 2003
  • 『肥後集全注釈』編著 平安私家集研究会著 新典社 和歌文学注釈叢書 2006
  • 『古筆と和歌』編 笠間書院 笠間叢書 2008
  • 出羽弁集新注』青簡舎 新注和歌文学叢書 2010
  • 伏見院御集「広沢切」伝本・断簡集成』石澤一志久保木秀夫別府節子共編 笠間書院 2011

参考[編集]