小林重敬

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

小林 重敬(こばやし しげのり、1942年9月3日[1] - )は、日本の都市計画家、都市計画学者。東京都市大学都市生活学部教授。工学博士

東京都生まれ。東京大学工学部都市工学科卒業[2]。同大学大学院博士課程修了横浜国立大学大学院工学研究科教授などを経て、2008年、東京都市大学都市生活学部教授。

この間、国土交通省などの審議会に参加し、土地政策や都市政策、国土政策などの政策づくりに関わる。1971年、日本都市計画学会奨励賞受賞。

著書[編集]

  • 協議型まちづくり(編著)学芸出版社
  • 都市と法(共著)岩波書店
  • 地球環境と巨大都市(共著)岩波書店
  • 安全と再生の都市づくり 学芸出版社
  • 地方分権時代のまちづくり条例(編著)学芸出版社

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.407
  2. ^ 第1期生。同期に上野公成梅沢忠雄春田尚徳藤吉洋一郎NHK解説委員大妻女子大学文学部コミュニケーション文化学科教授)
文化
先代:
黒川洸
日本都市計画学会会長
第26代:2001年 - 2002年
次代:
浅野光行