笠原敏郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

笠原 敏郎(かさはら としろう、1882年6月16日 - 1969年6月9日)は日本の都市計画家内務官僚

経歴[編集]

新潟県南蒲原郡加茂町(現・加茂市)生まれ。1907年、東京帝国大学工科大学建築学科卒。卒業後、横河民輔率いる横河工務所に勤務後、陸軍、警視庁の各技師をつとめる。

1918年、都市計画法制の準備のために内務省に都市計画課が設置された際に、内務省に転じる。旧都市計画法、市街地建築物法の立案に参画した。1922年、内務省都市計画局第二技術課長となり、同年から早稲田大学非常勤講師。都市計画の講義を担当。

関東大震災後の帝都復興事業を実行すべく、1924年から1930年まで復興局建築部長をつとめた。

1929年、日本大学旧工学部教授に就任。

1936年から1943年までは、満州国にわたり同国営繕需品局長、のち建築局長。

1943年帰国し、ふたたび日本大学工学部で教鞭をとる。1947年、名誉教授に就任。

1955年には、日本都市計画学会会長などをつとめた。

栄典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。