銀河宇宙オデッセイ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

銀河宇宙オデッセイ(ぎんがうちゅう- )は、1990年NHK総合テレビの『NHKスペシャル』枠で放送された、天文現象を扱った科学番組である。第22回(1991年)星雲賞メディア部門を受賞した。

概要[編集]

地球を出発した宇宙船「ヘリオス」が観測を続けるストーリーに沿って進められ、様々な天文現象に遭遇する。当時、第一線で活躍する天文学者が登場し、最新の成果を解説した。撮影にはNHK放送技術研究所が開発中だった高感度ハイビジョンカメラ(HARP)が投入され、数々の天文現象を記録した。この種の科学番組としては異例の豪華なセットや配役、ストーリー展開であった。また、随所に取り入れられたCGは当時の最高水準のものだった。現時点[いつ?]において、この番組に匹敵する予算規模の天文番組は制作されていない。

音楽はHARU(高内春彦)が担当した。

番組構成[編集]

  • 1990年6月30日:プロローグ 大星夜
  • 1990年7月1日:第1集 旅立ち・わが太陽系
  • 1990年7月8日:第2集 遭遇・超新星爆発
  • 1990年7月15日:第3集 接近・ブラックホール
  • 1990年9月9日:スペシャル 天才・ホーキングの宇宙
  • 1990年9月15日:第4集・交信・はるかなるET
  • 1990年9月16日:第5集 飛翔・超銀河団
  • 1990年11月11日:第6集 遡及・ビッグバン
  • 1990年11月18日:最終集 帰還・母なる宇宙
  • 1990年12月27日:総集編 第1部 旅・はるかなる時空
  • 1990年12月28日:総集編 第2部 夢・母なる宇宙

NHKアーカイブスの番組公開ライブラリーにて視聴可能(第4集、総集編第1部、総集編第2部は視聴できない)である。番組放送後、VHSにて販売されたが絶版となった。DVDBlu-ray Discでは再版されておらず、NHKオンデマンドでも提供されていない。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]