トーキョー国盗り物語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

トーキョー国盗り物語』(トーキョーくにとりものがたり)は、林真理子の小説。また、それを原作とするNHKドラマ新銀河』枠で放送されたテレビドラマ。

あらすじ[編集]

大都会東京で夢と希望と野心を抱いて暮らす3人のワーキング・ウーマンを主人公に、彼女達が繰り広げる友情と恋愛と仕事の青春模様を描き、現代女性の本音を浮き彫りにしていく。

テレビドラマ[編集]

放送期間は1993年4月5日 - 5月6日。全20話。NHKドラマ新銀河』の第1作であり、以降この作品を含め54作品が制作された。また、総集編の「前編」「後編」が、それぞれ1993年9月18日9月19日に放送された[1][2]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]

NHK総合テレビジョン ドラマ新銀河
前番組 番組名 次番組
-
トーキョー国盗り物語