バトルスピリッツ 龍虎の拳

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
龍虎の拳 > バトルスピリッツ 龍虎の拳

バトルスピリッツ 龍虎の拳(バトルスピリッツ りゅうこのけん)』は、1993年12月23日にフジテレビ系で放送されたテレビアニメSNKネオジオ対戦型格闘ゲーム龍虎の拳』を原作としているが、ストーリーはゲームとは異なるアニメオリジナル。

バトルファイターズ 餓狼伝説』シリーズや、後の『サムライスピリッツ 〜破天降魔の章〜』と同様に、新作ゲームである『龍虎の拳2』の発売に合わせてプロモーションを行うと同時に新作のCMを集中的に打つことを目的に製作された。

ストーリー[編集]

経営している空手道場が全く流行らないため、何でも屋稼業で日々の生活費と妹ユリの学費を稼ぐ極限流空手の継承者・リョウと、ガルシア財団の後継者ながら財団を嫌って日々気ままに暮らすリョウの親友ロバート。物語は依頼を受けた迷い猫を捕まえるため、二人があるアパートの一室へと忍び込んだことから始まる。猫が見つかった直後、部屋の主・レイが帰ってきた。そしてその後を追って来た男達。男達は抵抗するレイを殺すと、居合わせたリョウとロバートをレイの仲間と決め付けて“ブツ”をよこせと銃を手に迫ってくる。関わりのない二人は部屋の窓から外へ飛び出て、ロバートの愛車フェラーリでさっさと逃げ出すのだった。

直後、サウスタウンの裏社会を牛耳るMr.ビッグのアジトにビッグとその組織の幹部達が集まっていた。彼らはレイが隠した“ブツ”を、部屋にいた二人組・リョウとロバートが持っていると考えていた。幹部の一人キングがリョウとロバートに関するデータを探し出し、レイを襲った男達を率いていたジャックは早速リョウの家へと向かう。しかしキングはさらにデータを検索してユリの存在を知り、彼女を使った“ブツ”をより確実に奪い返せる手段を思い付く。その頃リョウはやっとの思いで連れ帰った猫が探していた猫とは違っていたため、仕事料も貰えず帰宅する羽目に陥っていた。一緒に戻ったロバートが点けたテレビでは“シリウスの瞳”と呼ばれる宝石が盗難に合ったことを報じており、サウスタウン警察の藤堂警部がカメラに向かって「見つからなければ腹を切る」と物騒な発言を行っていた。直後、ジャック率いる一団がリョウの家へとなだれ込む。隠れてやり過ごそうとするも失敗し、結局リョウとロバートは男達と戦うことに。雑魚はロバートに任せ、ジャックと対峙するリョウ。ジャックの力任せの猛攻にてこずるが、怒り心頭に発したリョウは空手技を繰り出してジャックを倒す。しかしこの騒動は警察の知るところとなり、二人は駆けつけた藤堂に連行されてしまう。

藤堂はジャックの襲撃がシリウスの瞳の行方に関係していると考えてリョウとロバートを激しく問い詰めるが、結局二人はすぐに釈放される。リョウとロバートは再びリョウの家へと戻るが、そこへ今度は暴走トレーラーが襲い掛かった。トレーラーはロバートのフェラーリを跳ね飛ばし、突き当りの建物に突っ込んで停止する。その運転席にはユリの荷物と、「子猫は預かった。返してほしければシリウスの瞳を持って来い」と書かれた手紙が置かれていた。その夜、指定された表向きはレストランだが実態は秘密カジノのラ・モールにロバートが単身乗り込んだ。出迎えたキングに案内された隠し部屋にはビッグと幹部のジョン、そして囚われのユリがいた。ビルの外からロバートをフォローしていたリョウの強襲でユリを救い出せるかに思えたが、時を同じくして違法賭博の罪でビッグの逮捕を目論んだ藤堂が率いる警察の乱入騒ぎが起こる。その騒動の中またもユリは捕らえられ、ビッグの隠れ家へと連れ去られてしまった。

ユリを救うにはシリウスの瞳を探し出すしかない。全ての始まりとなったレイの部屋のある不自然さに気づいたロバートは、その不自然さが生じていた場所にこそシリウスの瞳が隠されていると推測する。再び部屋へと忍び込む二人だったが、シリウスの瞳は見つからない。タイムリミットが刻一刻と近づく中、この部屋で起こった小さなアクシデントを思い起こすロバート。そして朝日が街を照らす中、思わぬ場所からシリウスの瞳は見つかった。

今度こそユリを取り返すべく、ビッグの隠れ家=別荘へと乗り込むリョウとロバート。しかしビッグはユリを捕らえておけばガルシア財団の力も利用できると考え、シリウスの瞳を受け取るもユリを返さずに立ち去ろうとする。リョウはビッグ達が乗ったヘリに飛びつき、操縦していたジョンを引きずり下ろしてユリを奪回。そのまま眼下にあった別荘のプールへと飛び降りた。そして操縦者を失ったヘリもプールへと墜落する。リョウとユリは無事だったが、キングとビッグもまたヘリから脱出していた。ムエタイを駆使するキングにロバートが、そして棒術で襲い来るビッグにリョウが立ち向かう。

スタッフ[編集]

  • 監督:福冨博
  • 脚本:岸間信明
  • 音楽監督:小西亮
  • 作曲:新世界楽曲雑技団(SNKサウンドチーム)
  • 編曲:三宅一徳
  • 主題歌「野性の風」歌:J☆POP 作詞:野口きよみ 作曲:ROKUJI 編曲:J☆POP
  • キャラクターデザイン/総作画監督:岩倉和憲

映像ソフト[編集]

VHS、LDが放送直後にキングレコードスターチャイルドレーベルから、その後DVDがマーベラスエンターテイメントから発売された。 本放送およびVHS、LD版ではゲーム版CMにも出演したタレント:浜崎くるみ(後の浜崎あゆみ)が、ユリ・サカザキ役であったが、DVD版ではレーベルの版権上、声優の堀江かおりに変更されている。なおDVDのエンディングクレジットはTV放送版から、浜崎ならびに堀江は記載されていない。

TV放映版より若干の作画修正が行われており、一部シーンの作画クオリティが向上している。

映像特典は、VHS/LD版が前述の『龍虎の拳2』実写CMの全バージョンとそのメイキング。DVD版は『龍虎の拳』および『龍虎の拳2』攻略ビデオのダイジェスト。

音楽ソフト[編集]

SNKサウンドチーム・新世界楽曲雑技団の作曲による本編使用のBGMと主題歌『野生の風』、本編未使用のBGM(一部楽曲の別テイクバージョン)と『野生の風』のカラオケも収録したサウンドトラック『バトルスピリッツ龍虎の拳 SOUND ACTION』がキングレコード・スターチャイルドレーベルからリリースされた。

キャスト[編集]