同窓会 (テレビドラマ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
同窓会
ジャンル テレビドラマ
放送時間 水曜22:00 - 22:54(54分)
放送期間 1993年10月20日 - 1993年12月22日(10回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
演出 細野英延五木田竜一
脚本 井沢満
出演者 斉藤由貴
西村和彦
高嶋政宏
田中美奈子
荻野目慶子
松村達雄
山口達也
国分太一
吉行和子
高田敏江
オープニング Mr.ChildrenCROSS ROAD
テンプレートを表示

同窓会』(どうそうかい)は、1993年10月20日 - 12月22日日本テレビ系列で放送されたテレビドラマ

概要[編集]

恩師の上京をきっかけに、27歳になった同窓会に集まったメンバーの人間模様を描く。男性同性愛バイセクシュアルを主なテーマとしており、過激で大胆なシーンや台詞が多用されている。またプライムタイムにおける連続ドラマとしては、初の同性愛を本格的に扱った作品でもある。全10回の平均視聴率は17.0%、最高視聴率は20.4%。

因みに番組に出てくる「スプラッシュ」というゲイバーの店名はニューヨークのゲイのショットバーから取っている。また、そこのセットは新宿2丁目に実在したゲイクラブ「ZIP」(現:ANNEX)がモデルだった[1]

キャスト[編集]

風馬の妻。高校時代は康介と交際していた。
七月の夫。康介とは高校時代からの友人。
風馬の親友。
嵐の姉。
七月、風馬、康介らの高校時代の恩師。
唯子の弟。バイセクシャルで、新宿2丁目に頻繁に出入りしている高校生。年齢の割に性経験は豊富らしく、男性経験の無い風馬をリードしたり、七月とも関係を持った。かつて近所の中年女性から性的虐待を受けた過去があったことを明かした。
嵐の友人。康介がゲイのチーマーに暴行を受けている現場に遭遇した際には彼らの暴行を止めようとして康介を救出・介抱するなど心優しい性格。テレビドラマ鑑賞が趣味で、色々なドラマを録画している。[2]
ゲイのチーマー。仲間のニューハーフに無礼な対応をした康介に暴行を加えた。

あらすじ[編集]

高校の同級生だった折原七月と、同性愛者であることを隠している安藤風馬

風馬は、自分がゲイであることを受け入れられず、高校時代からの親友で密かに想いを寄せていた中康介への気持ちを隠したまま、七月に結婚を申し込む。しかしその前に康介への恋心を断ち切るためと、同性愛の世界を覗いてみたいという気の迷いから、新宿二丁目で声をかけてきたバイセクシャルの少年・と関係を持ってしまう。風馬自身は面識がなかったため知らなかったが、実は、嵐は七月や風馬たちの高校の後輩・丹野唯子の弟だった。一方、結婚後間もなく風馬が同性愛者であることに気付き自暴自棄になった七月は、深夜の新宿二丁目を彷徨い、売春目的の嵐に声を掛けられてビルの建設現場で肉体関係を持ち、SEX代金を要求されて払ってしまい、女のプライドをボロボロにされてしまうのだった。

高校時代から長年交際していた七月と康介、夫婦となった七月と風馬、七月と風馬の夫婦二人と関係を持った嵐、究極の友情の証として一線を越えてしまう風馬と康介、康介と交際するも彼が同性と関係を持ったことが許せない唯子らの心の襞が描かれる。七月は風馬から女として愛されないことに苦悩し、嵐に嫉妬しながらも、これまで一人傷つき悩んできた風馬を懸命に受け入れようとし、男と男と女の愛憎が複雑に絡み合う。

やがて、七月が嵐との一度きりの関係で妊娠してしまったことが発覚。「産まない。私、お金まで払ったのよ」と一度は中絶を考えた七月だったが、女性を抱くことは出来ないが七月のことは人として愛しており大切に想っているという風馬の言葉と、幼いころ無理心中をさせられそうになった母との確執が解消したことがきっかけで、風馬と嵐と自分の三人の子として産むことを決心する。そして…。

エピソード[編集]

  • ドラマの制作現場には、「スキャンダラスに取られるだろうが、これは愛の物語。そこを踏まえて、ストイックなまでに生真面目に創って欲しい。」という異例の檄が脚本家井沢満から飛ばされた。
  • 風馬と嵐が全裸で抱き付き合うシーンが多い。また風馬と男のキスシーンは多く、かつ本当にキスをしている。一方、女性である七月との唯一のキスシーンでは、カメラワークによってキスをしているように見せているだけで、実際にはしていない。
  • ゴールデンタイムに放送される作品としては前例が無い題材であったため、井沢も当初は「おっかなびっくり」で慎重に筆を進めていた。しかし、撮り上がる都度、バイク便で届けられる未編集のビデオで風馬と嵐のキスシーンを確認した際、二人がカメラアングルでごまかさず、本当にキスしているのを見てスタッフも役者も本気で取り組んでいることを知り「ふっきれた」といい、それからの執筆に迷いはなくなったという。
  • 第7話での、康介の部屋で嵐がもたらした修羅場のシーンは、井沢から「このシーン数十分をカットなしで演じるよう」指示されていたと語っている。その際NGは1回だけ出すにとどまったという。
  • 第5話と第8話に登場するニューハーフを演じたのは女優だが、正体を現した時の男声は吹き替えによるもの。

ストーリー外でのエピソード[編集]

  • 男優の全裸シーンが多いドラマであることから、撮影を円滑に進めるために「前張り」は必須アイテムであった。控え室の衣装の棚には、それぞれの役名が書かれた「前張り」が置かれていた。
  • 男優を美しく撮ることが必須という井沢の要望を受け、ライティング、カメラアングルに工夫が凝らされた。
  • 最終話での康介と潮の結婚式を発案したのは、康介役の高嶋政宏である。
  • 西村、高嶋は、「同窓会」のメンバーが回を重ねる毎に出番を切られていくこと(克成を演じた別所や、唯子を演じた田中、そして祥子役の長与など)に驚きながら毎回収録をしていたこと、脚本家の井沢満から、風馬と康介が河口湖の別荘地で3日間を過ごしたシーン(ボート、自転車、山小屋でのセックスシーンなど)を、全て製作スタッフや役者のアドリブで撮影するようにとの指示があったことを、DVD-BOXのインタビューで語っている。
  • 国分太一がナビゲーターを務める番組『国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉』に高嶋政宏がゲストで出演した際、美輪明宏が、「当時としては、素晴らしく斬新で刺激的なドラマだった。毎週見ていた」とコメントし、江原も同様に頷いていた。それを聞き、高嶋も国分も照れくさそうな表情を浮かべていた[3]
  • 当時新人だった山口達也、国分太一は井沢自身のキャスティングであった。当初は、ストーリーに大きく影響を与える役として考えていなかったのだが、彼らのキャラクターに惚れた井沢が、どんどん役柄を膨らませていった[4]
  • 斉藤由貴と井沢は、『とっておきの青春』(NHK)以来のコンビ。
  • 西村は一種の賛美として、「台本を渡されるたびに、台本を放り投げた」と語っている。これは、展開の予想もつかない急展開への反応だったという。
  • 脚本は奇をてらった意図からではなく、一般視聴者をメインターゲットに書かれたものだったが、同性愛者バイセクシュアルといったセクシュアルマイノリティと呼ばれる人からも多くの支持を集めた。特に、男性同性愛者からの反響は大きく、放送日には新宿二丁目の人影がまばらになったと言われている。そのため、井沢はその手の店の人たちに「恨まれた」という。また、井沢はブログで日本のゲイシーンにおいて、「同窓会以前・以後」という言葉も使われたと語っている1990年代前半頃は『同窓会』の他にも、売り専模様を描いた比留間久夫の小説『YES YES YES』(1989年)、2人のゲイとアル中女性の関係を描いた映画『きらきらひかる』(92年)、日本初の本格的な一般向けゲイ映画『二十才の微熱』(1993年9月)など、多くのゲイ作品が公開されていたが、本作はゴールデンタイムの連続ドラマであり、有名俳優や男性アイドルがゲイやバイセクシャルを演じ大胆なベッドシーンが描かれたことや、加えて、老教師と元教え子との物語も描かれており、性別も年齢も超越した「愛」というものを徹底的に追求している。一方で「現実とは違う部分がある」と批判も寄せられたが、これに対して、「ゲイの風俗を忠実に再現するのが目的ではなく、男同士という一種の極限の関係に託して愛の物語を書くのが意図だった」と、井沢は語っている[5]
  • ドラマを視聴した年配の男性から、「昔、可愛がっていた後輩が自分の結婚式前夜に自殺。長いことその死の意味が不明だったが、ドラマを見て、ああそういうことだったのか、と納得した。これからその後輩と旅したところを一人で回る。」という投書が寄せられた[6]
  • 劇中、フランスの作家マルセル・プルースト(Marcel Proust)作の『失われた時を求めて』が登場した。
  • 2010年の『24時間テレビ 愛は地球を救う33』の深夜企画「朝までしゃべくり007」に、メインパーソナリティーのTOKIOが出演した際、山口と国分の本作の映像が流れた。
  • 2013年には、作者井沢満自身のブログで本作について、「10年か20年早すぎた作品だった。思いをまっすぐに受け止めてもらうまでに時を要した」と語っている。また、当時、演技の面で斉藤由貴を泣かせてしまったことや、山口達也から「演技というものがわかりました」と電話が来たことも明かした。そして、それぞれの役者を、しばき上げるようなサディスティックな思いで書き継ぎ、しかし、それは彼らへの愛でもあったと振り返っている。
  • 井沢は、「同窓会で嵐をボーガンで殺して、私は非難を浴びたけれど、あの当時、そういう殺人があり、それへの実はアンチテーゼだった。しかし、今思うとファンの心情を多大に裏切ってまで殺すのはよくなかった」さらに、「監督からも嵐を殺さないでくれ」と言われ、嵐はあちこちで愛されていたことを明かした。

スタッフ[編集]

主題歌・劇中歌[編集]

関連商品[編集]

CD

  • 同窓会
発売日: 1993/12/21、販売元: バップ
ASIN: B00005H0HC
サントラ盤。全22曲収録

ビデオ

  • 『同窓会』(1)- 発売日: 1993/12/21、ASIN: B00005H1PD、時間:90分
  • 『同窓会』(2)- 発売日: 1993/12/21、ASIN: B00005H1PE、時間:90分
  • 『同窓会』(3)- 発売日: 1994/02/01、ASIN: B00005H1PF、時間:135分
  • 『同窓会』(4)- 発売日: 1994/02/01、ASIN: B00005H1PG、時間:135分
全4巻、販売元: バップ
形式: Color、規格: VHS(ビデオテープ方式)

DVD

  • 『同窓会 DVD-BOX』
発売日: 2003/10/22、販売元: バップ
ASIN: B0000A8V6D
形式: Color, Dolby、画面サイズ: 1.33:1
ディスク枚数: 4枚、時間: 450分

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 視聴率
01 1993年10月20日 -
02 1993年10月27日 -
03 1993年11月3日 -
04 1993年11月10日 切なすぎる情事
05 1993年11月17日 男と男、そして純情
06 1993年11月24日 男と男、女と女
07 1993年12月1日 素裸の絆
08 1993年12月8日 君よ 優しく我を抱け
09 1993年12月15日 愛しているから凄く欲しい
10 1993年12月22日 終章・月光を浴びた恋人たち
平均視聴率17.0%(視聴率は関東地区ビデオリサーチ社調べ)

脚注[編集]

  1. ^ 1994年2月マルコポーロ「普段着のゲイ〜ゲイの楽園新宿2丁目ボクたちの愉しみ方〜」(文藝春秋)。
  2. ^ 劇中のセリフの中で「誰にもいえない」、「渡る世間は鬼ばかり」、「悪魔のKiss」などの本作の本放送時に他局で放映されていたドラマ名を話している
  3. ^ 「国分太一・美輪明宏・江原啓之のオーラの泉」2005年5月23日放送(ゲスト・高嶋政宏)、番組内トークにおいて発言
  4. ^ 井沢満ブログ「「同窓会」の成立」2013年5月11日付
  5. ^ 井沢満ブログ「書き漏らしたこと」2013年5月12日付
  6. ^ 井沢満ブログ「テレビドラマの寿命」2013年5月14日付
日本テレビ系列 水曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
引っ越せますか
(1993年7月7日 - 9月22日)
【この作品まで22:52終了】
同窓会
(1993年10月20日 - 12月22日)
【この作品から22:54終了】
横浜心中
(1994年1月12日 - 3月23日)
日本テレビ系列 水曜22:52 - 22:54枠
スポーツアイランド
※22:52 - 23:00
【2分縮小して継続】
同窓会
(1993年10月20日 - 12月22日)
横浜心中
※22:00 - 22:54