知らなくていいコト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
知らなくていいコト
Shiranakute Iikoto
ジャンル 連続ドラマ
脚本 大石静
演出 狩山俊輔
塚本連平
久保田充
内田秀実
出演者 吉高由里子
柄本佑
重岡大毅
秋吉久美子
佐々木蔵之介
小林薫
音楽 平野義久
エンディング flumpool
「素晴らしき嘘」
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
時代設定 2019年 - 2020年
2023年4月
製作
チーフ・
プロデューサー
西憲彦
プロデューサー 小田玲奈
久保田充
大塚英治(ケイファクトリー)
制作 ケイファクトリー
(制作協力)
製作 日本テレビ
放送
放送チャンネル 日本テレビ系
映像形式 文字多重放送
番組連動データ放送
音声形式 ステレオ2音声
副音声による解説放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2020年1月8日 - 3月11日
放送時間 水曜 22:00 - 23:00
放送枠 水曜ドラマ
放送分 60分
回数 10
公式サイト
テンプレートを表示

知らなくていいコト』(しらなくていいコト)は、2020年1月8日から3月11日まで日本テレビ系「水曜ドラマ」で放送されたテレビドラマ[1]。主演は吉高由里子[1]。脚本を担当する大石静のオリジナル作品[1]。週刊誌記者として働く女性が母親から言われた父親に関する事実を知り、人生最大のスクープにぶち当たる過程を描く[1]

あらすじ[編集]

週刊誌『週刊イースト』の女性記者・真壁ケイトは、仕事も恋も順調な日々を送っていた。そんなある日、女一つ手で自分を育ててくれた母親が急死してしまう。母は最期に、今まで一度も話したことのなかったケイトの父にして、有名なハリウッドスター・キアヌ・リーブスを告げて他界してしまう。ケイトは自身の出生の謎と父の秘密に迫る。

キャスト[編集]

真壁ケイト(まかべ けいと)〈32〉
演 - 吉高由里子
本作の主人公。週刊誌「週刊イースト」編集部記者、特集班・黒川班に所属。1987年8月生まれ。自信家だが人懐っこい。口癖は「どもっ!」。
通称「イーストのエース」。頭の回転は早い方で、見出しを考えるのも得意。黒川のデスク代理を務める。
亡くなる前の母・杏南から父親に関する衝撃の事実を知ることになり、人生最大のスクープにぶつかる。
最終話終盤では特集班の班長に就任した。
尾高由一郎(おだか ゆういちろう)〈35〉
演 - 柄本佑[2]
動物カメラマン。ケイトの元彼。既婚者。1984年12月16日生まれ。
元報道カメラマンだったが、とあるスクープ後に動物カメラマンに転向した。
野中春樹(のなか はるき)〈28〉
演 - 重岡大毅[2]
ケイトの彼氏。結婚の約束までしていたが、ケイトの父親に関する事実を聞き、第1話で別れを告げた(別れてからは敬語を使っている)。
「週刊イースト」編集部の記者(連載班・東山班所属)。
ケイトと別れてからは愛花と付き合っているが、次第に相手にされなくなっていく。
麻布高校卒業。部活は将棋部だった。一人称は「僕」。
最終話で「週刊イースト」を退職。最終話終盤では、小説家・作家に転身している。
小野寺明人
演 - 今井隆文
特集班 黒川班記者。既婚。髪型がアフロで黒川から「取材時に悪目立ちする」と思われている。
倉橋朋美
演 - 小林きな子
特集班 倉橋班・デスク。
小泉愛花
演 - 関水渚
連載班 東山班記者。
ケイトと野中が別れてから野中と付き合う。仕事はできる方らしく、要領も良いため、倉橋からスカウトされる。
鮫島裕二
演 - 和田聰宏
特集班 鮫島班・デスク。
柴崎・ウッディ・健太
演 - 渡辺邦斗
WEB班 内山班記者。
田淵隆太
演 - 粟島瑞丸
グラビア班 田淵班・デスク。
佐藤幸彦
演 - 森田甘路
特集班 黒川班記者。「ケイトチルドレン」を自称。
福西彰
演 - 渕野右登
特集班 黒川班記者。小泉とは同期。ゆとりらしい発言や呑気な行動が多く、黒川から叱責されている。
最終話終盤では、ケイトの下で働いている。
木嶋涼太
演 - 永野宗典
特集班 鮫島班記者。
小林英明
演 - 岡部尚
特集班 倉橋班記者。
市川武
演 - 渋谷謙人
グラビア班 田淵班カメラマン。
内山英嗣
演 - 今里真
WEB班 内山班・デスク。
東山秀則
演 - 本多力
連載班 東山班・デスク。
黒川正彦
演 - 山内圭哉
特集班 黒川班・デスク。関西弁で話す。
最終話終盤では「週刊イースト」の編集長に就任。
里見花乃
演 - 宮寺智子
編集部 庶務係。尾高にも優しく声をかけてくれる。
尾高みほ(おだか みほ)
演 - 原史奈
尾高の妻。1984年4月22日生まれ。
最終話では尾高と離婚。子供を置いて行方を晦ました。
真壁杏南(まかべ あんな)〈62〉
演 - 秋吉久美子
ケイトの母。慶英大学文学部英米文学科卒業。
著名な映画評論家であり字幕翻訳家。マスコミにも積極的に出演していた。
収録直後に突然倒れてしまい、意味不明な言葉を残し、くも膜下出血で息を引き取る。
卒業論文エデンの東
生前、尾高にはケイトの父親に関する秘密を伝えていた。
岩谷進(いわたに すすむ)〈52〉
演 - 佐々木蔵之介
「週刊イースト」の編集長。妻は同業者で「週刊世界」編集長。
最終話終盤では「週刊イースト」の編成局長に就任した。
乃十阿徹(のとあ とおる)
演 - 小林薫
ケイトの父親。実は30年前に世間を震撼とさせた殺人事件を起こしたとされる男。
出所後は自転車屋を営んでいる。

ゲスト[編集]

第1話
第2話
第3話
第4話
第5話
第6話
  • 高村(たかむら)弁護士 - 平田満(第9話)
  • 桜庭洋介(さくらば ようすけ)〈35〉 - 田村健太郎
  • 桜庭和美(さくらば かずみ) - 三倉茉奈(第7話)
  • 吉澤文香(よしざわ ふみか)〈26〉 - 佐津川愛美
第7話
第8話
第9話
  • 荒牧 - 三船海斗
  • 小滝かおる(こたき ‐ ) - 小林きな子(二役)
  • 平岩(ひらいわ)社長 - 篠塚勝
最終話
  • 戸倉聡(とくら さとし) - 橋本淳

スタッフ[編集]

放送日程[編集]

各話 放送日 サブタイトル[4] ラテ欄[5] 演出 視聴率[6]
第1話 1月08日 ケイトがぶち当たる人生最大の
「知らなくていいコト」とは!?
吉高由里子主演
週刊誌が舞台の
お仕事系ヒューマンドラマ
狩山俊輔 09.4%
第2話 1月15日 まさか私があの殺人犯の
娘だったなんて…!?
私が殺人者の娘?
週刊誌記者が逆境に立ち向かう!
08.9%
第3話 1月22日 「殺人犯の父と対面!」
ケイトは自分の真実に立ち向かう!
ついに殺人犯の父と対面!
ケイトめぐり男達が戦う
塚本連平 10.3%
第4話 1月29日 尾高が衝撃告白!
父の殺人事件の意外な事実とは―?
これが週刊誌の裏側!
編集部一丸で狙う大スクープ
久保田充 09.1%
第5話 2月05日 父の犯した殺人事件の動機が知りたい…!
抑えられないケイトは父の元へ…
急展開! ついに殺人犯の父を直撃!
真の動機を暴け
狩山俊輔 08.7%
第6話 2月12日 仕事で不倫を暴いている私が
まさかの不倫…!?
週刊誌の不倫報道裏側公開!
タレコミ尾行を直撃
塚本連平 08.4%
第7話 2月19日 週刊イースト襲撃事件発生!
ケイト絶体絶命大ピンチ!
週刊誌襲撃事件で絶体絶命!
不倫の恋の天罰?
内田秀実 09.5%
第8話 2月26日 さらなる逆境!
ついに“殺人犯の娘”が公に!
号泣! 殺人犯の娘が公に!
父の事件と不倫愛の行方
09.8%
第9話 3月04日 謎に包まれた30年前の
事件の真相が明らかに!
動揺! 父の殺人事件の真相…
誰かを庇っていた!?
塚本連平 10.1%
最終話 3月11日 ケイトが選ぶ人生&
不倫愛の行方とは?
ケイトの選択!
運命の愛の結末は!?
事件真相に涙
狩山俊輔 10.6%
平均視聴率 9.5%(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯・リアルタイム)

脚注[編集]

外部リンク[編集]

日本テレビ 水曜ドラマ
前番組 番組名 次番組
同期のサクラ
(2019年10月9日 - 12月18日)
知らなくていいコト
(2020年1月8日 - 3月11日)
ハケンの品格
(第2シリーズ)
(2020年6月17日 - 8月5日)