長野里美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ながの さとみ
長野 里美
本名 上杉 里美[1]
生年月日 (1961-08-15) 1961年8月15日(61歳)
出生地 日本の旗 日本 神奈川県の旗 神奈川県
身長 156.8 cm
血液型 A型
職業 女優
ジャンル 舞台テレビドラマ映画
活動期間 1981年 -
配偶者 上杉祥三1996年 - )
所属劇団 第三舞台1982年 - 2012年
トレランス(2002年 - )
事務所 aggregate TOKYO
公式サイト 長野里美
主な作品
テレビドラマ
真田丸
ちむどんどん
舞台
第三舞台各作品
テンプレートを表示

長野 里美(ながの さとみ、1961年8月15日 - )は、日本女優神奈川県出身、神奈川県立多摩高等学校[2]早稲田大学第一文学部[3]卒業。2021年3月15日、融合事務所退所。同年4月1日よりaggregate TOKYO所属。夫は俳優、劇作家演出家上杉祥三

2012年に解散した劇団第三舞台の元・看板女優で、“小劇場の女王”と称された[4]。夫の上杉とともに演劇ユニットトレランスを旗揚げした。

来歴・人物[編集]

大学在学中の1981年、早稲田大学演劇研究会[3]に加入。

のちに鴻上尚史率いる第三舞台に参加。1981年に上演された『宇宙で眠るための方法について』での家出少女役として出演して以降、悲しみを秘めた明るい女性役を持ち味にして劇団の看板的な存在となる。舞台公演での着ぐるみ姿も名物となった(85年の『リレイヤー』では演出の鴻上に稽古で追い詰められ、最後の舞台挨拶で泣き出してしまったという逸話もある)。

90年代以降は外部公演やシェイクスピア作品に多数出演。

小劇場ブーム末期には「西の高田聖子、東の長野里美」と評され、人気を博した。

1996年より文化庁の海外研修員として一年間ロンドンに留学(留学中は『演劇ぶっく』にて、ロンドンの様子をエッセイにて連載していた)。留学先で上杉と結婚。

2002年、夫とともに演劇ユニット『トレランス』を旗揚げ。

ロスト・イン・ヨンカーズ』(2013年)『君となら』(2014年)と、三谷幸喜演出の舞台作品に出演した縁から、2016年に『真田丸』でNHK大河ドラマに初出演を果たした(三谷からは「長野さんにしかできない」と指名され、真田信幸の病弱な正室・こう役をユーモラスに演じて話題を集めた[4][5])。

出演[編集]

舞台[編集]

第三舞台(鴻上作品含む)公演[編集]

  • 宇宙で眠るための方法について(1981年)
  • プラスチックの白夜に踊れば(1982年)
  • 電気羊はカーニバルの口笛を吹く(1982年)
  • リレイヤー(1983年)
  • デジャ・ヴュ(1983年)
  • モダン・ホラー(1984年)
  • 春にして君とわかれ(1985年)
  • リレイヤー(1985年)
  • もうひとつの地球にある水平線のあるピアノ(1985年)
  • デジャ・ヴュ'86(1986年)
  • スワンソングが聴こえる場所(1986年)
  • ハッシャ・バイ(1986年)
  • 朝日のような夕日をつれて 87(1987年)
  • モダン・ホラー特別編(1987年)
  • 天使は瞳を閉じて(1988年)
  • 宇宙で眠るための方法について・序章(1989年)
  • ピルグリム(1989年)
  • ビー・ヒア・ナウ(1990年)
  • ハッシャ・バイ<90年代版>(1991年)
  • 天使は瞳を閉じて〜THE ANGELS WITH CLOSED EYES〜 海外公演(イギリス・スコットランド・アイルランド)(1991年)
  • スナフキンの手紙(1994年)
  • リレイヤーIII(1996年)
  • ファントム・ペイン(2001年、第三舞台20周年記念&10年間封印公演)
  • 深呼吸する惑星(2012年、第三舞台封印解除&解散公演)
  • サバイバーズ・ギルト&シェイム(2016年)

トレランス公演[編集]

  • 神経衰弱(2002年、トレランス旗揚げ公演)
  • ルネッサンス(2003年、トレランス第2回公演)
  • クレオパトラの鼻(2004年、トレランス第3回公演)
  • 嘘と真実(まこと)(2004年、トレランス二人芝居vol.1)
  • BROKENマクベス(2005年、トレランス第4回公演)
  • BROKEN西遊記(2005年、トレランス番外公演vol.4)
  • アセンション2012 〜来たるべき2012年12月22日・3次元から5次元へ〜(2009年、2010年)
  • アセンション・ミロク(2010年)
  • 公の園(2011年、アマ.トレランス公演)
  • アセンション日本(2011年)

外部公演[編集]

テレビドラマ[編集]

NHK[編集]

日本テレビ[編集]

TBS[編集]

フジテレビ[編集]

テレビ朝日[編集]

テレビ東京[編集]

WOWOW[編集]

ウェブドラマ[編集]

映画[編集]

CM[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 長野、長野へ行く。” (日本語). ameblo (2016年8月7日). 2022年8月5日閲覧。
  2. ^ NHK連続テレビ小説「ちむどんどん」に【22期生】女優の長野里美さんレギュラー出演(2022.5.17~)” (日本語). 神奈川県立多摩高校同窓会 (2022年5月16日). 2022年8月5日閲覧。
  3. ^ a b 女優・長野里美さん、コロナ禍で「なすがままに」という気持ちに 小劇場の女王が今、見据える“後”” (日本語). telling,. 2022年8月5日閲覧。
  4. ^ a b “『真田丸』大泉洋の病弱妻は小劇場の女王 “夫婦の掛け合い”が三谷節の要に”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年5月22日). https://www.oricon.co.jp/news/2072039/full/ 2016年5月22日閲覧。 
  5. ^ “【真田丸】大泉洋の病弱妻・長野里美「私が出るパートは箸休め」”. ORICON STYLE (オリコン). (2016年5月21日). https://www.oricon.co.jp/news/2072042/full/ 2016年5月22日閲覧。 
  6. ^ “中山優馬×小川絵梨子でジェレミー・O・ハリスの「ダディ」日本初演”. ステージナタリー (ナターシャ). (2022年3月20日). https://natalie.mu/stage/news/470355 2022年3月25日閲覧。 
  7. ^ 坂本昌行・長野里美・鈴木杏がヒューマンサスペンスに挑む、栗山民也演出「凍える」”. ステージナタリー. ナターシャ (2022年6月23日). 2022年6月23日閲覧。
  8. ^ "長野里美、来年前期朝ドラ『ちむどんどん』出演 ヒロインの"東京のおっかさん"に". ORICON NEWS. oricon ME. 15 June 2021. 2021年6月15日閲覧
  9. ^ 三谷氏新作「風雲児たち」女性陣も「真田丸」一色!長野里美&岸井ゆきの&中島亜梨沙”. Sponichi Annex (2017年10月5日). 2017年10月6日閲覧。
  10. ^ “佐藤二朗が香取慎吾をのぞき見 三谷幸喜シットコム追加出演者を発表”. ORICON NEWS. (2020年6月12日). https://www.oricon.co.jp/news/2164279/full/ 2020年6月21日閲覧。 

外部リンク[編集]