踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル』(おどるだいそうさせん あきのはんざいぼくめつスペシャル)は、1998年10月6日フジテレビで放送されたスペシャルドラマ。ハイビジョン制作。1998年12月22日には「完璧版」が放送された(未ソフト化。一部編集・音楽のほか、冒頭のダイジェスト挿入など、「完全版」とは異なる)。TVシリーズから演出を担当した、澤田鎌作が「踊る」シリーズに参加した最後の作品である。

キャッチコピーは「マズいっス!」と「え、また事件っスか。」

ストーリー[編集]

1998年10月、会社内連続婦女暴行事件の内偵捜査を終え、青島は約1ヶ月ぶりに湾岸警察署に戻る。その矢先、管内で放火殺人未遂事件が発生し、青島も捜査に駆り出されることに。湾岸警察署に特別捜査本部が設置され第1回捜査会議が始まるが、その最中に被疑者が逮捕されて青島は意気消沈。さらに青島は本部を指揮する新城管理官から目の敵にされた上、苦手な裏付捜査をさせられる羽目に。その後、被疑者の供述から、被害者の恋人である相良純子という女性が犯行を依頼していたことが判明。程なく純子は成田空港で逮捕され、身柄を引き取りに行く捜査一課の南刑事に、青島、すみれ、真下の3人が同行することになる。ところが護送中立ち寄った店で強盗事件が発生し、そのどさくさに紛れて純子が逃走してしまう。

さらに、すみれに逃走幇助の疑いがかかり、警察庁首席監察官となっていた室井がその調査を命じられる。湾岸署を訪れすみれを聴取するが、なぜかすみれは釈然としない。純子がすみれに接触を図ることが考慮され、室井は青島と和久にすみれを監視させるが、なかなか純子は姿を見せず依然として行方がつかめない。すみれに監視を気づかれたことで和久が降りてしまい、青島は一人で監視を続けるものの捜査妨害を疑われ、今度は真下と雪乃が青島を監視する事態に。そんな中、純子がすみれに連絡してくる…。

キャスト[編集]

踊る大捜査線シリーズの登場人物一覧も参照のこと。

スタッフ[編集]

ソフトウエア[編集]

書籍[編集]

  • シナリオ集
    秋の犯罪撲滅スペシャルのシナリオを収録
    • 踊る大捜査線THE MOVIE シナリオガイドブック(キネマ旬報社キネ旬ムック 1999年4月17日)ISBN 4873765129
    秋の犯罪撲滅スペシャル(完璧版)のシナリオを収録
  • ノベライズ本
    • 踊る大捜査線スペシャル(フジテレビ出版、1998年10月) ISBN 4594025951
    • 踊る大捜査線スペシャル(扶桑社文庫 フジテレビ出版、2003年5月30日) ISBN 459403991X

VHS[編集]

DVD[編集]

  • 踊る大捜査線 秋の犯罪撲滅スペシャル完全版(ポニーキャニオン、2001年1月17日)

備考[編集]

  • 踊る大捜査線 THE MOVIEでは、袴田が『この間の放火殺人未遂事件で捜査本部を立てたから予算がない』と、今作に触れる発言をしていた。

関連項目[編集]