清音院殿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

清音院殿(せいいんいんでん[1][2]、? - 元和5年9月25日1619年11月1日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての女性。父は真田信綱、母は於キタ。真田信之の室で、信之とはいとこ同士(いとこ婚)である。実名は不明。

天正3年(1575年)5月21日に長篠の戦いで父・信綱が戦死した後、武田勝頼により真田信幸(信之)との結婚が指示される[3]。これは、真田昌幸真田氏の家督を継承させるに当たり、養子に出て家伝文書を所持していなかった昌幸と、その嫡男の信幸の系統に正当性を持たせるため、当主・信綱の流れも組むようにと配慮された結婚だろうとされている[4]

文禄4年(1595年)に真田信吉を生むが、それ以外の彼女の事績は伝わらない。なお、成立の早い史料では清音院殿が信吉の生母と記されているが、時代が下る真田氏の系図では信吉の生母が「家女」と記されるようになり、彼女の立場は側室待遇になったとみられる[5]。その後には小松姫が信吉の生母とされるようになるなど、次第に彼女の存在も消されていっており、真田家の家記『真田家御事蹟稿』でも彼女の伝記はない。元和5年(1619年)9月25日に死去、戒名は清音院殿徳誉円寿大姉。墓所は不明[6]

関連作品[編集]

テレビドラマ

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 平山 2016, p. 25.
  2. ^ 丸島 2015, p. 262.
  3. ^ 『加沢記』「眞田一徳齋入道御逝去、源太左衞門殿、兵部殿御討死 附富澤働昌幸公御家督之事」。ただしこの史料では信綱の娘は「早世」したとあり、伝えられる没年と合致しない。
  4. ^ 平山 2016, p. 26-27.
  5. ^ 丸島 2015, p. 264.
  6. ^ 平山 2016, p. 27.

参考文献[編集]

  • 丸島和洋 『真田四代と信繁』〈平凡社新書〉、2015年 
  • 平山優 『真田信之 父の知略に勝った決断力』〈PHP新書〉、2016年 
  • 寺島隆史「真田信之の三人の妻-最初からの妻清音院を中心に-」、『千曲』162号、2017年