小松姫

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
こまつひめ
小松姫
小松姫.jpg
小松姫の肖像画(大英寺蔵)
生誕 天正元年(1573年
死没 元和6年2月24日1620年3月27日
武蔵国鴻巣宿
墓地 勝願寺正覚寺芳泉寺
別名 於子亥、稲姫、小松殿、大蓮院
配偶者 真田信之
子供 まん(高力忠房室)、まさ(佐久間勝宗室)、真田信政真田信重
本多忠勝、松平玄鉄の娘、養父:徳川家康(または徳川秀忠

小松姫(こまつひめ、天正元年(1573年) - 元和6年2月24日1620年3月27日))は、安土桃山時代から江戸時代初期にかけての女性。上田藩および松代藩の初代藩主・真田信之(信幸)の正室。徳川氏譜代家臣の本多忠勝の娘[1][2]。幼名は於子亥(おねい)[2][3]小松殿(こまつどの)、稲姫(いなひめ)とも称される[3][4][注 1]徳川家康または徳川秀忠の養女として真田信之に嫁ぎ[4]信政信重、まん(高力忠房室)、まさ(佐久間勝宗室)らを生んだ[6]

生涯[編集]

出自[編集]

本多忠勝と松平玄鉄の娘[7][8]との間に長女(第1子)として生まれる[9]。幼名は於子亥(おねい)、稲姫(いなひめ)[5]。兄弟にはもり姫(奥平家昌室)、本多忠政本多忠朝らがいる[9]。父の忠勝は松平氏および徳川氏の家臣として永禄3年(1560年)の大高城の戦いにおける初陣以来、姉川の戦い長篠の戦い小牧・長久手の戦いなどで武功を挙げ、酒井忠次榊原康政井伊直政と共に徳川四天王と称された人物である[10]。また本多氏は、忠勝の父・忠高、叔父の忠真、祖父の忠豊がいずれも合戦の最中に討死するなど武門の家系でもあった[10]

真田氏との婚姻[編集]

真田氏の家紋「六連銭」(左)と、徳川氏の家紋「三つ葉葵」(右)。

小松姫と真田信之との婚姻については、天正10年(1582年)10月末の徳川・北条同盟の成立による天正壬午の乱終結後の沼田領(吾妻・利根郡)の引き渡し問題や[11][12]、天正13年(1585年)閏8月の第一次上田合戦[13]、天正14年(1586年)7月の真田征伐[14]などで対立抗争を続けていた徳川家康真田昌幸が、豊臣秀吉の命により昌幸を家康の与力大名とすることで決着した[15]ことを契機に、両家の関係を緊密にする狙いがあったと見られている[16][17]。また、この婚姻自体が秀吉の意向によるものとの所伝も残されており、時期的な状況からその可能性も考えられる[17]。婚姻の時期については、本多氏の系図『参考御系伝』や『幕府祚胤伝』では秀吉の仲介により、天正14年(1586年)に成されたと記されているが[4]、『甲陽軍鑑』では天正11年(1583年)、『沼田日記』では天正16年(1588年)と記されるなど、様々な説がある[5][18]

歴史学者の黒田基樹は二人の婚姻は真田氏の当主である昌幸が秀吉に出仕し家康の与力大名となった天正15年(1587年)以降と見て間違いないだろうとした上で、『沼田日記』の「天正16年(1588年)12月に婚約が成立し、翌天正17年(1589年)9月に入輿」との記述が、時期的に最も可能性が高いとしている[5]。歴史学者の丸島和洋は時期は明らかにできないとした上で、本多氏側が真田氏との和解後に婚姻が成立したと認識している点から、婚姻は天正15年(1587年)頃とみるべきだろうか、としている[4]。歴史学者の平山優は、婚姻が結ばれる可能性がある最も早い時期として天正15年(1587年)[19]、次に信之が家康の与力大名となることが確定した天正17年(1589年)を挙げているが[20]、最も可能性が高いのは天正18年(1590年)としている[21]

また、一般的に小松姫は家康の養女として真田氏に嫁いだものとされており[3][4]、本多氏の系図『参考御系伝』にも同様の内容が記されているが[4]、信之の孫にあたる松代藩3代藩主・真田幸道が幕府に提出した書状や小松姫の菩提寺である大英寺の書上には「台徳院(秀忠)」の養女と記されているなど[4]、実際に小松姫が家康の養女となったのか否かは確定されていない[17]。ただし、家康の養女とする複数の所伝が残されていることや[17]、信濃国の国衆の中では小笠原貞慶の長男・秀政も、松平信康の娘(登久姫)を家康の養女として正室に迎えていることから、養女の体裁が採られた可能性はある[17]

豊臣政権下での動静[編集]

天正17年(1589年)より、豊臣政権では諸大名の妻子を聚楽第伏見城大坂城の城下に建設された武家屋敷に居住させたが、小松姫もそれに従い信之の屋敷に居住したものと考えられる[22]。小松姫が嫁いだ当時、信之はすでに真田信綱の娘(清音院殿)を正室に迎えていたが[23]、その後の記録において清音院殿は「家女」と記され、側室待遇となっている[4]。このことから信之と小松姫の婚姻以降に、城主とその家族の生活の場である「奥」を取り仕切る権利全般が小松姫に移されたと見られている[4]。一方、歴史学者の黒田は、そうした序列で表現するのは妥当か否かは再考の余地があるとした上で、政権本拠地に居住する小松姫が対外的な妻、信之の領国である上野国沼田城に居住する清音院殿が領国における妻としての役割を担ったのではないかと推測している[22]

信之には二女・三男の子供がいたが、長男・信吉文禄2年生まれ[6])以外の長女・まん(天正19年生まれ[6]高力忠房室、光岳院殿)、次女・まさ(文禄2年生まれ[6]、別名:於千世、佐久間勝宗室、見樹院殿)、次男・信政慶長2年生まれ[6])、3男・信重(慶長4年生まれ[6])は小松姫の所生といわれている[6][24]。なお、長男・信吉については清音院殿の実子とする説と、小松姫の実子とする説がある[24][25]

慶長5年(1600年)、秀吉の没後に五奉行の石田三成が挙兵すると、夫の信之は家康の率いる東軍に付き、父・昌幸と弟・信繁は三成の率いる西軍に付いた[26]。袂を分かった昌幸・信繁親子が居城の上田城に戻る際、沼田城に立ち寄り城に入ろうとしたところ、留守を預かる小松姫が昌幸の計略を見抜いて開門を拒み、女丈夫と謳われたとの逸話が残されているが[27]、歴史学者の間では意見が分かれている[28][29][30](後述)。

徳川政権下での動静[編集]

夫の真田信之。

慶長5年(1600年)9月の関ヶ原の戦い終結後の戦後処理の際、信之は家康の率いる東軍に属して戦功を挙げたことから従来の上野国沼田領(岩櫃領を含む[31])に加え、父・昌幸が治めていた信濃国上田領、弟・信繁の知行を安堵された[32]。これにより信之は八万四千石[32]または上田領(約六万五千石)と沼田領(約三万石)を合わせ九万五千石の大名として存続することとなった[33][34]。西軍に属した昌幸と信繁は、信之と小松姫の父・本多忠勝や本多正信らの嘆願もあり紀伊国高野山への流罪となったが[35]、その後も信之は昌幸・信繁一行の援助[36]、病気を患った昌幸の助命嘆願を繰り返した[37]。また、昌幸から信之の家臣に宛てた書状の中で御料人(小松姫)からの音信に礼を述べる内容が記されていることから、夫と同様に小松姫も昌幸を気遣っていたことが推測される[38]

この後、家康は慶長8年(1603年)に征夷大将軍に就任して政務を執り行い、豊臣政権と同様に諸大名の妻子を政権本拠地に集住させたが、小松姫も江戸の大名屋敷に居住したものと考えられる[22]。ただし、当初は信之の母・山手殿が江戸屋敷に、沼田城には小松姫が居住し、慶長18年(1613年)6月に山手殿が亡くなったことを受けて、小松姫が江戸の屋敷に移り住んだとも推測される[39]

小松姫の父・本多忠勝は天正18年(1590年)の家康の関東移封後、上総国大多喜藩の藩主となったが、関ヶ原の戦いの功績により伊勢国桑名藩に移封されると、大多喜藩は小松姫の弟の忠朝が継いだ[10][40]。この時期、忠勝からは信之の家臣・湯本三郎右衛門尉宛てに小松姫を気遣う書状が送られ、信之と忠勝一族との間で親密な関係が築かれるなど、小松姫との縁戚を通じて交流が図られた[40]

慶長19年(1614年)から慶長20年(1615年)の大坂の陣では、病気療養中の信之に代わり、長男・信吉と次男・信政が本多忠朝の軍勢の指揮下に入り出陣したが[41]、小松姫からは冬の陣の際に信之の重臣・木村綱成とその妻に宛て、信之は病気の養生のため出陣が叶わぬこと、信吉と信政が沼田城から急遽出陣したこと、信繁が大坂方に加わり大坂城に入場したことを知らせる内容の書状が[42]、夏の陣の際には信吉の家臣・安中作左衛門に宛て「河内殿(信吉)については若いので、伊豆殿(信之)のようにはできないでしょう(中略)、伊豆殿に免じて陣中精を致し、奉公をお願いします」と合戦の経験が不足している信吉を気遣い、その補佐を依頼する内容の書状が残されている[43]

晩年と死[編集]

養父の家康は江戸幕府の開設以来、浄土宗を保護する政策を行ったが、武蔵国鴻巣にある勝願寺の二世住職・円誉不残に帰依した[44][45]。円誉は仏教学に通じた学僧であったことから[46]、家康の御前で教義の解釈を行うなど重用された[45]。小松姫も家康の勧めもあり円誉に帰依したが、同時に薬師如来像を拝領し生涯にわたって信仰を続けたという[44]

元和6年(1620年)春、小松姫は病気を患い草津温泉での湯治のため[44]、江戸から草津へ向かう最中[47]2月24日3月27日)に武蔵国鴻巣で亡くなった[44][48]。48歳没[44]。戒名は大蓮院殿英誉皓月大禅定尼[48]。小松姫の死に際して夫・信之は「わが家の燈火が消えたり」と嘆いたという[47][49]

墓は武蔵国鴻巣(後の埼玉県鴻巣市)にある勝願寺、上野国沼田(後の群馬県沼田市)にある正覚寺、信濃国上田(後の長野県上田市)にある芳泉寺の三か寺に分骨された[2][27][49]。このうち、信濃国上田の芳泉寺の墓は一周忌の際に信之によって建立された[50]。また、武蔵国の勝願寺の墓は、小松姫が生前に同寺の二世住職・円誉不残に深く帰依していたことから[51]、次女の見樹院によって墓石が建立されたと伝えられており[52]、三男の信重夫妻の墓も並んで建てられている[51]

夫の信之は、小松姫の菩提を弔うため上田城下に大英寺を建立すると、松代藩への移封に伴い、寛永元年(1624年)に同寺も松代城の城下(後の長野県長野市松代町松代)に移築した[53]。この寺の本堂は創建当時は小松姫の御霊屋として使用されていたもので、昭和41年(1966年)に長野県の文化財に指定されている[53][54]

人物・逸話[編集]

小松姫は、江戸幕府初代将軍の徳川家康や2代将軍の徳川秀忠に対して直に意見をする程はきはきとした女性[55][56]、弟の本多忠政本多忠朝が戦地から帰還した際には高らかに忠節を讃えるなど勇気のある女性[55]、才色兼備の女性だったと伝えられているが[49]、この他にも逸話が残されている。

婚姻の経緯
『本多家武功聞書』などによれば、家康が真田昌幸を従わせるため、嫡男の信之に家康の重臣・本多忠勝の娘を嫁がせようとしたが、昌幸は承諾しなかったため、家康は忠勝の娘を自分の養女とした上で嫁がせるのではどうかと提案したところ、昌幸はようやく承諾した[20]。その後、小松姫は高力摂津守を従えて江戸城西の丸から沼田へと向かったという[20]。この逸話について歴史学者の平山優は天正11年(1583年)から天正16年(1588年)のものなら明らかにおかしいが、家康が関東に移封された天正18年(1590年)以後であれば問題ないと指摘している[20]。また、家康が若い武将を列座させて小松姫の相手を選ばせたところ、家康を前にして委縮する者が多い中で、最も落ちついた態度の信之を見て小松姫自身が進んで信之を選んだといった伝承もある[49]
沼田城における昌幸との逸話
慶長5年(1600年)に石田三成が挙兵した際、舅の昌幸は石田方に付き徳川方に付いた信之と袂を分けたが、『改正三河後風土記』には、その後の動向について次のような内容が記されている[57]
舅の真田昌幸。

昌幸は居城である上田城に向かう途中、旅の疲れを癒すため小松姫が留守を守る沼田城に立ち寄った。その際、小松姫は昌幸から「今生の暇乞のため対面し、孫共を一見せばやと存候」との申し出を受けるが、これを断ると侍女を遣わして昌幸らを城下の旅宿に案内し丁重にもてなした。その一方で、城中の家臣には弓や鉄砲を狭間に配置させ相手方の襲撃に備えるように命じて[57]、家臣内の動揺を抑えるとともに城内の結束を図った[2]。これを見た昌幸は家臣に向かって「あれを見候へ。日本一の本多忠勝が女程あるぞ。弓取の妻は誰もかくこそ有べけれ。我は空しく戦死する共あの新婦あるからは、真田が家は盤石なり」と、その手並みを褒め称えたという[57]

また、『滋野世記』によれば、小松姫は甲冑を身にまとい旗を取って腰掛に座り、留守を守る城中の家臣やその妻女に至るまで甲冑を身に付け武装させると、「殿(信之)が内府(家康)の御伴のため出陣した留守をうかがい、父君(昌幸)の名を騙る曲者なり、皆打ち向かって彼らを討ち取るべし」と下知したと記されている[58]。このほかにも『御家書留書』『真田御武功記』『沼田記』『出浦助昌家記』などに沼田城の留守を守った逸話が記されている[59]
歴史学者の丸島和洋は、豊臣政権下において諸大名の妻子は伏見、次いで大坂屋敷に移り住んでおり、何故小松姫だけが帰国を許されたのかという点や[29]、同年7月30日付の大谷吉継から昌幸に宛てられた書状には「信幸の妻子を保護した」と記されてあり、これが側室であった清音院殿のことであれば問題ないが、普通に考えれば正室を指すはずという点から創作の可能性を指摘している[29]。丸島と同様に、歴史学者の黒田基樹も「大坂で吉継に保護されて不在であったので事実ではない」としている[28]。一方、歴史学者の平山はこの書状について昌幸、信繁親子の妻子については吉継が預かっているが、信之の妻女については「伊豆殿女中改候間、去年くだり候」と記されていることから、三成挙兵の前年にあたる慶長14年(1599年)の時点で小松姫は「女中改」という理由により、沼田に引き上げていたと指摘している[30]

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ この他にも慶長19年(1614年)10月に夫・信之の重臣・木村綱成夫妻に宛てた書状の中で「久」と署名があり、小松姫が「久」と名乗っていた可能性もある[5]

出典[編集]

  1. ^ 大石学 編 『徳川歴代将軍事典』 吉川弘文館2013年、72頁。ISBN 978-4642014717
  2. ^ a b c d 近現代日本女性人名事典編集委員会 編 『近現代日本女性人名事典』 ドメス出版、2001年、267頁。ISBN 4-8107-0538-2
  3. ^ a b c 信濃史料刊行会 1977、105頁
  4. ^ a b c d e f g h i 丸島 2015、263-265頁
  5. ^ a b c d 黒田 2016、22頁
  6. ^ a b c d e f g 黒田 2016、34頁
  7. ^ 寛政重修諸家譜』第1輯、國民圖書、1922年、172-173頁。NDLJP:1082717
  8. ^ 信濃史料刊行会 1977、110頁
  9. ^ a b 『寛政重修諸家譜』第4輯、國民圖書、1923年、632-634頁。NDLJP:1082713
  10. ^ a b c 郡義武 『シリーズ藩物語 桑名藩』 現代書館2009年、12-16頁。ISBN 978-4768471173
  11. ^ 丸島 2015、141頁
  12. ^ 黒田基樹 『小田原合戦と北条氏』 吉川弘文館2012年、64-65頁。ISBN 978-4642064569
  13. ^ 丸島 2015、145-148頁
  14. ^ 柴辻 1996、179-180頁
  15. ^ 丸島 2015、156頁
  16. ^ 平山 2015、278頁
  17. ^ a b c d e 黒田 2016、23頁
  18. ^ 平山 2015、276頁
  19. ^ 平山 2015、277頁
  20. ^ a b c d 平山 2015、278頁
  21. ^ 平山 2015、279頁
  22. ^ a b c 黒田 2016、24頁
  23. ^ 黒田 2016、21頁
  24. ^ a b 黒田 2016、25頁
  25. ^ 平山 2015、329頁
  26. ^ 柴辻 1996、206-209頁
  27. ^ a b 大蓮院殿の墓”. 沼田市公式ホームページ (2016年3月24日). 2016年4月21日閲覧。
  28. ^ a b 黒田 2016、37頁
  29. ^ a b c 丸島 2015、269頁
  30. ^ a b 平山 2015、247-248頁
  31. ^ 丸島 2015、269頁
  32. ^ a b 平山 2015、291頁
  33. ^ 黒田 2016、41-42頁
  34. ^ 柴辻 1996、213頁
  35. ^ 平山 2015、256頁
  36. ^ 黒田 2016、118頁
  37. ^ 平山 2015、259頁
  38. ^ 黒田 2016、119頁
  39. ^ 黒田 2016、74-75頁
  40. ^ a b 黒田 2016、56-57頁
  41. ^ 黒田 2016、58頁
  42. ^ 黒田 2016、168-169頁
  43. ^ 黒田 2016、177-180頁
  44. ^ a b c d e 信濃史料刊行会 1977、115頁
  45. ^ a b 鴻巣市市史編さん調査会 編 『鴻巣市史 通史編 2 近世』 鴻巣市、2004年、647-650頁。
  46. ^ 埼玉県 編 『新編埼玉県史 通史編 3 近世1』 埼玉県、1988年、751頁。
  47. ^ a b 『決定版 図説 戦国女性と暮らし』 学習研究社2011年、126頁。ISBN 978-4056062137
  48. ^ a b 丸島 2015、265頁
  49. ^ a b c d 小松姫の墓(芳泉寺)”. 上田市文化財マップ. 上田市立マルチメディア情報センター (2016年3月24日). 2016年4月21日閲覧。
  50. ^ 信濃史料刊行会 1977、122頁
  51. ^ a b 水村孝行 『さきたま文庫11 勝願寺 鴻巣』 さきたま出版会1989年、31頁。ISBN 978-4878912092
  52. ^ 信濃史料刊行会 1977、123頁
  53. ^ a b 大英寺本堂および表門、附板絵著色三十六歌仙図36枚”. 長野市文化財データベース. 長野市. 2016年4月21日閲覧。
  54. ^ 小松姫の御霊屋・天井板に人物画 長野市松代の大英寺”. 信毎web. 信濃毎日新聞 (2016年4月21日). 2016年4月21日閲覧。
  55. ^ a b 信濃史料刊行会 1977、106頁
  56. ^ 信濃史料刊行会 1977、112頁
  57. ^ a b c 宇田川武久 校注、桑田忠親 監修 『改正三河後風土記 下』 秋田書店1977年、214-215頁。
  58. ^ 信濃史料刊行会 1977、128頁
  59. ^ 信濃史料刊行会 1977、129-136頁

参考文献[編集]